237件中 81 - 90件表示
  • 香港天文台

    香港天文台から見た温室効果ガス温室効果ガス

    尖沙咀の天文台道(Observatory Road)の名前は香港天文台にちなんで名づけられたものである。現在、香港天文台は急速な都市化により摩天楼に囲まれているが、天文台は移転せずに残っている。温室効果ガスの排出量が多いことや、周辺のビルからの太陽光の反射、アスファルトの路面、そして植生の減少などにより、天文台の場所はヒートアイランド現象に悩まされている。その結果として、天文台で記録した平均気温は1980年から2005年にかけて急激な上昇を見せている。香港天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 軌道上炭素観測衛星

    軌道上炭素観測衛星から見た温室効果ガス温室効果ガス

    計画当初、OCO衛星による計測は二酸化炭素の発生源と吸収源の地理的な分布を地域的スケールでみるために充分な程の正確さになるであろうと考えられた。データは全地球規模での炭素循環、そして、温室効果ガスの存在度と分布状態に影響を与える自然のプロセスと人類の活動がどう関係するのかという疑問への理解を深めるために役立てられるだろうと考えられた。地球温暖化を研究していた科学者たちは、当時、2つの疑問を考えていた。大気中での二酸化炭素の発生量と分配量は将来においてどのように変化するのだろうか? また、発生量と分配量の変化による地球の天候に与える影響がどのようなものなのだろうか? OCOのデータによってもたらされるであろう改善された研究はこの2つの疑問を解く手掛かりを見出す助けとなり、もっと信頼できる形で予測することを可能にするだろうと期待された。軌道上炭素観測衛星 フレッシュアイペディアより)

  • グリーゼ667

    グリーゼ667から見た温室効果ガス温室効果ガス

    ドップラー分光法による観測結果では、グリーゼ667Cdとなりうるもう一つのスーパーアースの存在が示唆されている。もし存在すればその軌道はハビタブルゾーンの外側だが、大量のCO2や温室効果ガスを持つのであればこちらも液体の水を持つ可能性がある(2007年に発見されたグリーゼ581dの条件と類似)。 研究者はドップラー分光法のデータから更なる惑星が見つかる可能性も言及しているが、それらは存在したとしても安定しない極端な軌道を持つものだとみられている。グリーゼ667 フレッシュアイペディアより)

  • エアダスター

    エアダスターから見た温室効果ガス温室効果ガス

    エアダスターには高圧ガスとして二酸化炭素の百倍以上の温室効果がある代替フロンを用いているものがある。2004年ごろから徐々に代替フロンより地球温暖化係数が低いDMEと代替フロンを混合した製品、DMEのみ使用した製品や二酸化炭素を使用した製品も出回っている。なお、2008年現在エアダスターに使用されている代替フロンはそのほとんどがHFC-152a(1,1-ジフルオロエタン)で、地球温暖化係数は140である。エアダスター フレッシュアイペディアより)

  • マウナロア観測所

    マウナロア観測所から見た温室効果ガス温室効果ガス

    マウナロア観測所(マウナロアかんそくじょ、Mauna Loa Observatory、MLO)とは、ハワイ島、マウナ・ロア山に位置するアメリカ合衆国の気象観測所。局所的な大気変動の影響を受けにくい高い標高を生かして、温室効果ガスなどの変化を長期的に観測している。マウナロア観測所 フレッシュアイペディアより)

  • 持続可能な農業

    持続可能な農業から見た温室効果ガス温室効果ガス

    遠い海外で生産された農産物よりも近い所で生産された農産物を選ぶことで、エネルギー消費や温室効果ガスを減らすことにつながる考え方。持続可能な農業 フレッシュアイペディアより)

  • タイ国家イノベーション庁

    タイ国家イノベーション庁から見た温室効果ガス温室効果ガス

    地球温暖化や温室効果ガスといった気候変動問題への関心の高まりに伴い、 タイ王国では官民ともにこの危機的状況に対応するために多くの新たなスキームを導入している。イノベーション庁ではこの問題に取り組むためにエコインダストリー創出の実行戦略を立ち上げた。代替エネルギー源開発、エネルギー多様化、再生可能エネルギー源開発を戦略の主眼にすえており、また近年の環境問題の悪化から、エコテクノロジー、エコ製品および廃棄物エネルギー化技術、省エネルギー加工技術、生物由来原料の開発も行っている。さらに地方の再生可能エネルギー開発と関連産業セクターの推奨と支援も行っている。イノベーション庁では以下のプラットフォームを戦略領域と定めて事業を行っている。タイ国家イノベーション庁 フレッシュアイペディアより)

  • マテリアルフローコスト会計

    マテリアルフローコスト会計から見た温室効果ガス温室効果ガス

    今までの環境会計では、環境対策に使われた費用にばかり目が行き、それが本当に環境対策になっているのか、また企業にとって環境会計がプラスになるのか、根本のところで疑問の生じる企業が多かった。しかし最近では世界的に環境への注目度が高まり、温室効果ガスの排出制限や有害廃棄物削減などの環境負荷低減が国際的に義務化されてきた。企業経営者にはこれまでにも増して環境経営への意識向上が迫られるようになってきた。従来、環境対策は利益を生まない経営コストとして過小評価されてきたが、CSRにおいて環境保全への取組み姿勢を社内外に示す説明責任はもはや不可避となってきたのである。マテリアルフローコスト会計 フレッシュアイペディアより)

  • 全量炭素カラム観測ネットワーク

    全量炭素カラム観測ネットワークから見た温室効果ガス温室効果ガス

    は、大気、陸域、海洋間の炭素の流れ(流量、いわゆる、炭素循環における炭素収支)を研究することを目的としている。これは、炭素の大気中質量(大気中割合)を測定することにより行われる。 の測定は、炭素循環と都市域の温室効果ガス発生に対して、科学コミュニティの理解を向上させた。 は、 観測地点上空の大気の衛星観測と比較する(検証する)ための独立した測定により、衛星観測ミッションを支えている。 は軌道上炭素観測衛星-2 () ミッションのために主要な検証データセットを提供する予定である。全量炭素カラム観測ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た温室効果ガス温室効果ガス

    クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書の第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

237件中 81 - 90件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード