21件中 11 - 20件表示
  • 温室効果ガス

    温室効果ガスから見たIPCC第4次評価報告書

    最新のIPCC第4次評価報告書では、人為的に排出されている温室効果ガスの中では二酸化炭素の影響量が最も大きいと見積もられている(地球温暖化の原因を参照)。従って、その場合に温暖化防止に向けての適切な対応が電力消費を抑えることであるのは明白なのである。これに対する懐疑論も見られるが、多くは反論されている。温室効果ガス フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果ガス

    温室効果ガスから見た気体

    温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。温室効果ガス フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果ガス

    温室効果ガスから見た赤外線

    温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。温室効果ガス フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果ガス

    温室効果ガスから見た放射

    温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。温室効果ガス フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果ガス

    温室効果ガスから見た温室効果

    温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。温室効果ガス フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果ガス

    温室効果ガスから見た大気

    温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。温室効果ガス フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果ガス

    温室効果ガスから見た対流圏

    温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。温室効果ガス フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果ガス

    温室効果ガスから見た二酸化炭素

    温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。温室効果ガス フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果ガス

    温室効果ガスから見た亜酸化窒素

    京都議定書における排出量削減対象となっていて、環境省において年間排出量などが把握されている物質としては、二酸化炭素 (CO2)、メタン (CH4)、亜酸化窒素(N2O、=一酸化二窒素)、ハイドロフルオロカーボン類 (HFCs)、パーフルオロカーボン類 (PFCs)、六フッ化硫黄 (SF6) の6種類がある。温室効果ガス フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果ガス

    温室効果ガスから見た六フッ化硫黄

    京都議定書における排出量削減対象となっていて、環境省において年間排出量などが把握されている物質としては、二酸化炭素 (CO2)、メタン (CH4)、亜酸化窒素(N2O、=一酸化二窒素)、ハイドロフルオロカーボン類 (HFCs)、パーフルオロカーボン類 (PFCs)、六フッ化硫黄 (SF6) の6種類がある。温室効果ガス フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示

「温室効果ガス」のニューストピックワード