温家宝 ニュース&Wiki etc.

温 家宝(おん かほう、ウェン・チアパオ、1942年9月15日 ‐ )は、中華人民共和国の政治家。第6代国務院総理(首相)、第16期・第17期中国共産党中央政治局常務委員を務めた。中国共産党の第4世代では最高指導者の胡錦濤党総書記とともに重要な位置を占め、胡錦濤体制における党内序列は胡錦濤、呉邦国に次ぐ第3位であった。 (出典:Wikipedia)

「温家宝」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「温家宝」のつながり調べ

  • 2008年中華民国総統選挙

    2008年中華民国総統選挙から見た温家宝

    中華人民共和国は特に新規加盟案を「台湾独立につながるもの」と警戒し、アメリカやロシアなどを含む多くの国が反対を唱えた。新規加盟案を支持したのは、中華民国と国交のある国々にとどまった。日本の対応としては、2007年12月28日に中国を訪問した福田康夫首相が温家宝首相との会談の中で、「台湾の公民投票をめぐって両岸に緊張が高まるようなことは望んでおらず、また、これが一方的な現状変更につながっていくのであれば、支持できない」と述べ、明確な反対を避けている。(2008年中華民国総統選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 司馬昭

    司馬昭から見た温家宝

    この言葉は現在の中国では「権力をねらう野心家の陰謀はだれでも知っている」(『中日辞典』小学館)などの意味で日常的に使用される。近年では、2008年3月30日にチベット騒動について中国の温家宝首相がこの表現を使った。ダライ・ラマ14世を司馬昭に准えて暗に非難したものといわれている。2016年には王毅外相がアメリカ合衆国の韓国におけるTHAAD配備を、「『項荘舞剣、意在沛公(項荘が剣の舞を演じたの真意は沛公劉邦の暗殺である)』であり、朝鮮半島の安定という名目を掲げているが、目的は別にある。それは中国への監視であり『司馬昭之心、路人皆知也』だ」と批判した。(司馬昭 フレッシュアイペディアより)

「温家宝」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「温家宝」のニューストピックワード