前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示
  • 2009年の中華人民共和国

    2009年の中華人民共和国から見た温家宝温家宝

    1月27日-2月3日 - 温家宝首相、欧州5カ国を歴訪。スイス(27日)、ドイツ(28日)、ベルギー(29日)、スペイン(30日)、イギリス(31日)の順に訪問。スイスではダボス会議に出席し、ベルギーでは欧州連合本部を訪れた。フランスは、チベット問題をめぐる対立から、訪問先から除外された 。2009年の中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 池田大作

    池田大作から見た温家宝温家宝

    中華人民共和国首相温家宝と会談池田大作 フレッシュアイペディアより)

  • 日中関係史

    日中関係史から見た温家宝温家宝

    小泉内閣の時には再び靖国神社参拝問題などを巡って日中政治関係は険悪化して「政冷経熱」の時期を迎える。その一方で、愛国主義教育への反動として対日新思考を主張する動きが中国側で見られたが、 2005年には大規模な反日デモが発生して新たなナショナリズムが芽生えている。日本は常任理事国改革で常任理事国入りを目指しているが、中国はインドの常任理事国入りには賛成しているのに対し日本に対しては拒否権を発動する。また親中化したアフリカ諸国も反対の姿勢を見せている。しかし、安倍晋三訪中・温家宝訪日でそれぞれ共同プレスを発表して日中両国は「氷を砕いて溶かして」いく。そして、日中条約30周年の2008年には胡錦濤国家主席が来日し、暖かい春を迎えて現在の日中関係を表現した「戦略的互恵関係」の包括的推進に関する日中共同声明が発表された。日中関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 京滬高速鉄道

    京滬高速鉄道から見た温家宝温家宝

    京滬高速鉄道建設の起工式は北京市大興区の建設現場で、2008年4月18日に温家宝首相の出席のもとに行なわれた。京滬高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の歴史

    中華人民共和国の歴史から見た温家宝温家宝

    しかし、改革開放が進んだ2000年代に入ると、貧困層の暴動・抗議デモが多発するようになった(2006年において年約9万件)。中国の貧困層は総人口13億人のうち8億人とされる。彼らは食べるのに精一杯で医療費すら払うことができない。また、この頃になると官僚の腐敗も急速に進み、汚職だけでなく、共産党幹部が自分の所持している工場で人民を奴隷として働かせていた事例もあった。更に、建設された工場の杜撰な運営によって起きている汚染された排水や排煙などの問題で、企業や地元当局と住民との間での抗議デモや小競り合いも顕在化している。胡錦濤と温家宝などによって構成される中国指導部は官僚の腐敗については厳しく対処しているもののそれでも腐敗は進む一方で、経済格差は広がる一方である。こうした点から中国当局が有効な手立てを打てなければいずれ中華人民共和国がソビエト連邦同様崩壊するのは時間の問題との見方もある。「古き良き毛沢東時代へ戻ろう」という主張も一部で支持を集めている。引退した中国の核心的ブレーンや複数の共産党幹部は「動乱は必ず起こる。そう遠くない将来にだ」と発言したとされ、体制内の人間たちも現在の中国に危機感を抱いていることが明らかとなった。中華人民共和国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の政治

    2007年の政治から見た温家宝温家宝

    11日 - 中国の温家宝首相が来日。日中首脳会談。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見た温家宝温家宝

    この事件以降、日本国内では中国に根強い反日感情があることが知られ、中国に対する警戒心が生まれた。1992年に訪中した今上天皇は、温家宝首相による北京オリンピック開会式の招待を断った。さらに中国旅行の書籍では、中国の反日感情に気をつけるような記載が見られた。2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年温州市鉄道衝突脱線事故

    2011年温州市鉄道衝突脱線事故から見た温家宝温家宝

    温家宝首相は原因究明を図る必要性を強調している。しかし、現地では既に事故車両の解体と埋め立てが進んでおり、事故の重要情報は失われつつある。2011年温州市鉄道衝突脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • 四川大地震

    四川大地震から見た温家宝温家宝

    温家宝総理は即日被災地入りし、地震対策本部を設置するとともに被災地で陣頭指揮を執っている。また、震災5日目には胡錦濤国家主席も震災地の視察を行った。中国公安部はデマを流したり、扇動を行ったりする者には厳しい対処を行うと通知している。四川大地震 フレッシュアイペディアより)

  • ダライ・ラマ14世

    ダライ・ラマ14世から見た温家宝温家宝

    2008年3月15日、中華人民共和国チベット自治区ラサ市でチベット族が漢族を襲撃し、暴徒化したチベット族が商店を略奪・放火する暴動が発生、治安当局が催涙弾等で制圧した(→2008年のチベット動乱参照)。第6代国務院総理温家宝は、「暴動はダライ・ラマ14世の組織的な煽動によるものだ」と非難し、ダライ・ラマ14世に対して「チベット独立を放棄し、台湾(中華民国)を不可分の中華人民共和国の領土と認めること」を条件に中華人民共和国国務院とダライ・ラマ14世との平和的な対話を呼びかけた。ダライ・ラマ14世 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示