150件中 31 - 40件表示
  • 日米豪印戦略対話

    日米豪印戦略対話から見た温家宝温家宝

    2008年(平成20年)1月にマンモハン・シン印首相は中国訪問の際、胡錦濤国家主席と温家宝首相との会談にて四カ国対話について質問され「インドは、中国の努力に関わる任意のいずれか一部を含んでいる」と答えた。日米豪印戦略対話 フレッシュアイペディアより)

  • 対日協調工作小組

    対日協調工作小組から見た温家宝温家宝

    2006年3月中旬  温家宝首相の記者会見の原案作成。対日協調工作小組 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党第十三期中央委員会第四回全体会議

    中国共産党第十三期中央委員会第四回全体会議から見た温家宝温家宝

    喬石、李瑞環、丁関根、温家宝(候補書記)中国共産党第十三期中央委員会第四回全体会議 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の欧州連合

    2009年の欧州連合から見た温家宝温家宝

    1月29日 - 中国の温家宝首相、ベルギーのブリュッセルにある欧州連合本部を訪問。温家宝首相は、欧州5カ国歴訪の途中で、ベルギーはその3番目の訪問国 。2009年の欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • 一トウ糊塗BBS

    一トウ糊塗BBSから見た温家宝温家宝

    重大な事件についての討論はたくさんある。最も有名な討論は収容制度についての討論である。湖北省武漢市の若者孫志剛は、広東省広州市の収容所で死亡した(孫志剛事件)。事件は最初「南方都市報」に記載された。civic_lifeでの収容制度に関する討論後、利用者の許志永と?江と滕彪の三人の弁護士は中国全国人民代表大会常務委員会に法規違憲審査の建議書を提出した。「南方都市報」などのマスメディアも違憲審査建議を報道した。その結果、20年ぶりの農民と外地住民との人権侵犯の収容制度に関する法規は温家宝総理(首相)によって廃止された。一トウ糊塗BBS フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党第十三期中央委員会第一回全体会議

    中国共産党第十三期中央委員会第一回全体会議から見た温家宝温家宝

    胡啓立、喬石、芮杏文、閻明復、温家宝(候補書記)中国共産党第十三期中央委員会第一回全体会議 フレッシュアイペディアより)

  • 大連海事大学

    大連海事大学から見た温家宝温家宝

    2009年6月6日、温家宝総理の列席を得て、百周年記念祭を挙行大連海事大学 フレッシュアイペディアより)

  • 人民元改革

    人民元改革から見た温家宝温家宝

    2005年7月21日に中国人民銀行により発表され、同日午後7時より実施された人民元の切り上げは、温家宝首相が2005年3月の全国人民代表大会の閉幕後の記者会見において「いつ、どんなやり方をするかは意表をつく事になる。」と明言していたものであった。また、温家宝首相は2005年6月に天津で開催されたアジア欧州会合(ASEM)財務相会議において、中国自身によって決断する「主体性」、為替の乱高下防止のための「制御可能性」、改革を徐々に進める「漸進性」、という人民元改革の3原則を表明しており、それに合致する形での改革に至った。人民元改革 フレッシュアイペディアより)

  • 中国とラオスの関係

    中国とラオスの関係から見た温家宝温家宝

    中国とラオスともに、一党独裁体制の社会主義国体制を維持している。1989年のカイソーン首相の中国公式訪問、1990年の李鵬首相のラオス公式訪問による両国関係の改善により、1990年以降二国間の関係は強化されていく。2000年には江沢民国家主席が中華人民共和国最高指導者としての初めてのラオス訪問を成功させる。2004年4月には温家宝国務院総理がラオスを訪問した。2006年6月には就任したばかりのチュンマリー・サイニャソーンラオス人民民主共和国主席が国賓として中国を訪問した。その後も、温家宝首相が2008年に大メコン河流域地域首脳会議(GMS サミット)に出席したのち、チュンマリー国家主席を表敬、ブアソーン首相と会談し、2012年にもラオスを公式訪問した。一方で、チュンマリー・サイニャソーンも2009年、2011年、2013年と中国を訪問し、また、2007年、2010年にはブアソーン・ブッパーヴァン首相がラオスを公式訪問するなど、2000年以降の両国最高指導者の交流は活発である。中国とラオスの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の中国雪害

    2008年の中国雪害から見た温家宝温家宝

    雪害は、2002年のSARS危機以来最も大きい国家の大規模動員を記録し、1998年の揚子江の洪水への救援の労力規模に匹敵した。中国の首相温家宝は長沙市の駅で公共テレビ放送で状況に関して国民に謝罪した。彼は、春節休暇の旅行者のための通常の列車運行が復元される前に、まず最初に電力システムが修復されるだろう述べた。また、いくつかの状況のコントロールについて議論するために胡錦涛主席を中心とする中国共産党中央政治局常務委員会が緊急招集された。2008年の中国雪害 フレッシュアイペディアより)

150件中 31 - 40件表示