150件中 41 - 50件表示
  • 李肇星

    李肇星から見た温家宝温家宝

    2001年1月、副部長として外交部に戻る。2003年3月17日、第10期全国人民代表大会第1回会議において温家宝内閣が成立し、李は外交部長(大臣)に任命された。李肇星 フレッシュアイペディアより)

  • 遺棄化学兵器問題

    遺棄化学兵器問題から見た温家宝温家宝

    小規模事業については、手作業を中心に発掘と回収が行われ、梱包のうえ中国各地の保管施設に集積して、その後に処理を行う計画である。すでに旧軍関係者などからの聞き取りや文献調査により遺棄化学兵器の捜索が行われており、約3万6千発が回収された南京市周辺のほか、各地においても発掘回収されている。小規模事業対象の埋設地・総量の把握は困難だが、2012年9月までの外務省調査と内閣主導作業の成果を合わせて40か所以上から約4万8千発が回収され、中国国内の保管施設に置かれている。廃棄処理には、トレーラーで中国各地を移動可能な移動式処理設備の使用が、2007年の安倍晋三首相と温家宝首相の会談で合意された。1基目の移動式処理設備は南京で2010年10月に運用開始され、2012年1月時点で南京所在の約3万6千発の化学兵器のうち99.78%まで処理が進み、残された作業難度の高い化学砲弾の処理も同年前半には完了する方針である。南京での事業完了後は、武漢市へ移設して作業、さらに広州市を候補に準備中の第3処理場へ移動する。北部向けの2基目は、石家荘市で2012年半ばの運用開始が予定されており、同地での事業完了後はハルビン市へ移設される計画である。遺棄化学兵器問題 フレッシュアイペディアより)

  • 香港ラマ島船衝突事故

    香港ラマ島船衝突事故から見た温家宝温家宝

    中華人民共和国国家主席胡錦涛、国務院総理温家宝、国家副主席習近平:事故被害者の家族と負傷者を親切に慰問し、香港特別行政区政府に事故を処理するように指示した。香港ラマ島船衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年中華民国総統選挙

    2008年中華民国総統選挙から見た温家宝温家宝

    中華人民共和国は特に新規加盟案を「台湾独立につながるもの」と警戒し、アメリカやロシアなどを含む多くの国が反対を唱えた。新規加盟案を支持したのは、中華民国と国交のある国々にとどまった。日本の対応としては、2007年12月28日に中国を訪問した福田康夫首相が温家宝首相との会談の中で、「台湾の公民投票をめぐって両岸に緊張が高まるようなことは望んでおらず、また、これが一方的な現状変更につながっていくのであれば、支持できない」と述べ、明確な反対を避けている。2008年中華民国総統選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 呉儀

    呉儀から見た温家宝温家宝

    1997年の第15回党大会で中央政治局候補委員、1998年に国務委員(副首相級)、2002年11月の第16回党大会で中央政治局委員と順調に出世していく。中国のWTO加盟実現にこぎつけた功績を評価され、2003年3月、貿易・商務・衛生担当の国務院副総理に任命された。中国の女性副総理としては呉桂賢(在任1975年 - 1978年)・陳慕華(在任1978年 - 1982年)に次いで三人目で、朱鎔基総理や後任の温家宝総理の庇護を受けていると見られる。呉儀 フレッシュアイペディアより)

  • 薄熙来事件

    薄熙来事件から見た温家宝温家宝

    王立軍事件から1ヶ月後の2012年3月14日に国務院総理の温家宝は全人代閉幕後の記者会見で薄熙来の「唱紅・打黒」運動を文化大革命になぞらえて批判した。薄熙来事件 フレッシュアイペディアより)

  • 杜珂

    杜珂から見た温家宝温家宝

    杜珂(おう きざん、ワン・チーシャン、漢族、1948年7月1日 - )は中華人民共和国の政治家、経済学者。第2次温家宝内閣で国務院副総理を務め、現在は第18期中国共産党中央政治局常務委員(序列は人中8位)。杜珂 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤桂甫

    安藤桂甫から見た温家宝温家宝

    2007年、タイプミポン国王に、また中国温家宝首相に雛人形を献上。安藤桂甫 フレッシュアイペディアより)

  • 李長春

    李長春から見た温家宝温家宝

    1965年、中国共産党に入党。1966年にハルビン工業大学電機学部を卒業。1983年に39歳で瀋陽市市長に就任、1986年に遼寧省副省長となる。1990年、河南省省長に転任し、1992年に河南省党委書記に就任。省党委書記在職中、同省で売血によるエイズ感染が爆発的に広まったもののお咎めなく、1998年から広東省党委書記に就任し、同省の経済過熱を抑制。また、江沢民に反対する広東閥の排除に貢献し、朱鎔基の後継として総理に推薦されたが、朱鎔基の反対にあって、総理の座は温家宝に奪われた。李長春 フレッシュアイペディアより)

  • 三農問題

    三農問題から見た温家宝温家宝

    国家の指導者が農民の負担を軽減する具体的プログラムを発表することを承認:2004年3月5日、温家宝総理は全人代の開幕における政府工作報告の中で、農業の基盤を強固なものにする必要があること、農民の収入の増加と農業生産の増加を実現する必要があること、5年以内に農業税を廃止する必要があること言及した。三農問題 フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示