127件中 71 - 80件表示
  • 中国共産党の指導者世代

    中国共産党の指導者世代から見た温家宝温家宝

    2002年から2010年現在までの指導者が第四世代にあたる。胡錦濤(党総書記兼国家主席)、呉邦国(全国人民代表大会常任委員長)、温家宝(国務院総理)、賈慶林(全国政治協商会議主席)、李長春らが第四世代の人物にあたる。中国共産党の指導者世代 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ問題

    パレスチナ問題から見た温家宝温家宝

    アジア、アフリカ諸国は、大部分がパレスチナを承認している。中華人民共和国はパレスチナを承認する一方、2007年1月10日 - 11日には胡錦涛国家主席、温家宝首相がイスラエルのオルメルト首相と会談するなど、両にらみの態度を取っている。中南米諸国は、2010年12月3日にブラジルが承認したのを皮切りに、承認国が大勢を占めるようになった。パレスチナ問題 フレッシュアイペディアより)

  • シッキム州

    シッキム州から見た温家宝温家宝

    中華人民共和国政府は、シッキムが清の属国であったチベットの属国であったという歴史的経緯から、インドによるシッキムの併合を認めていなかった。このため、中国で発行される地図には長い間シッキムが独立国家として描かれていた。2003年、中国の温家宝首相がインドのアタル・ビハーリー・ヴァージペーイー首相と会談した際、両国の辺境問題 (インドが中国のチベット支配を、中国がインドのシッキム支配をそれぞれ認めていないこと) について議論された。この結果、中国はシッキムにおけるインドの主権を承認し、中国で出版される地図でシッキムは独立国家としては描かれなくなった。2005年、中印両国は、チベット・シッキム間のナトゥラ峠(Nathu La)と(Jelep La)について、その開放を提案した。シッキム州 フレッシュアイペディアより)

  • 頑張れ日本!全国行動委員会

    頑張れ日本!全国行動委員会から見た温家宝温家宝

    平成23年(2011年)5月22日 - 日中韓首脳会議において、中国の温家宝首相に対してチベット ・ウイグル ・台湾の各支援者と共に抗議活動を行なった。他にも菅内閣や竹島 ・経団連に対しても抗議活動を行なった。頑張れ日本!全国行動委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島国有化

    尖閣諸島国有化から見た温家宝温家宝

    温家宝首相は北京・外交学院での講演で「中国政府と国民は主権と領土の問題で、半歩たりとも譲歩しない」と述べた。以降の中国で行われる日本に関するイベントが安全を考慮して延期や中止となった。また中国中央電視台などの多くのメディアが尖閣国有化をめぐって大々的な対日批判を展開し、中国国民の反日感情を徹底的に煽った。これにより中国各地では抗議活動が発生し、日本人への暴行が相次ぎ、9月15日から同月18日までは一部のデモ参加者が暴徒化し日系関連の商店や工場を破壊・略奪・放火するまでになった。尖閣諸島国有化 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た温家宝温家宝

    2001年に就任以来、靖国参拝を堅持する小泉に対して、江沢民国家主席または中国政府はすでに4年間にわたって日中間首脳の相互訪問を拒み続けてきた。最初の参拝の際には終戦の日には行かなかったために結局中国の圧力に屈したと漫画家の小林よしのりは非難している。2001年にAPECのために上海を訪問して、同年に首脳会談で北京を訪問した小泉は抗日戦争記念館に訪問して遺憾の意を表し、そこで献花を行った(日本政府首脳が盧溝橋で献花するのは初)。しかし小泉は靖国参拝を行っても同年10月26日には中国大使館にて「川劇」を参観しており、小泉は「川劇」を絶賛、出演者に敬意を示した。2002年には海南島の「ボアオ・アジア・フォーラム」第1回年次総会に出席し、同年の9月26日には中国の建国53周年と中日国交正常化30周年を祝う大型レセプションを開催したものの、日中国交正常化30年で式典で中国に訪中を拒否されており、2002年以降小泉は中国に訪問していない。小泉の北朝鮮への電撃訪問の際に江沢民に直接電話をしたが、江沢民はこれを拒否をした。胡錦濤が国家主席になっても冷却した関係であり、そんな中、2004年マレーシアで開催された東アジアサミットの際は、共同宣言に署名する際に、自分のペンを使わず、日本との首脳会談を拒んでいた中国の温家宝首相からわざわざペンを借りて署名し、両国の関係改善を示唆するパフォーマンスに各国首脳から拍手が送られた。しかし同年のアジアカップではこれが影響で反日ブーイングが起きた。中国の胡錦涛国家主席との会談が決まらなかった。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 李長春

    李長春から見た温家宝温家宝

    1965年、中国共産党に入党。1966年にハルビン工業大学電機学部を卒業。1983年に39歳の若さで瀋陽市市長に就任、1986年に遼寧省副省長となる。1990年、河南省省長に転任し、1992年に河南省党委書記に就任。省党委書記在職中、同省で売血によるエイズ感染が爆発的に広まったもののお咎めなく、1998年から広東省党委書記に就任し、同省の経済過熱を抑制。また、江沢民に反対する広東閥の排除に貢献し、朱鎔基の後継として総理に推薦されたが、朱鎔基の反対にあって、総理の座は温家宝に奪われた。李長春 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤 真希

    後藤真希から見た温家宝温家宝

    4月11日、総理大臣官邸で開催された中華人民共和国・温家宝国務院総理(首相)来日歓迎夕食会に参加し、温家宝や当時の安倍晋三内閣総理大臣の前で「僕らが生きる MY ASIA」をソロで披露。後藤真希 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内弘一

    竹内弘一から見た温家宝温家宝

    2007年4月13日、中国の温家宝首相来日・入洛の際、当初予定されていなかった西京極球場での記者会見において、温家宝首相に代表質問を行った。竹内弘一 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・ムルシー

    ムハンマド・ムルシーから見た温家宝温家宝

    8月28日、イスラーム圏以外で初の外遊先として中国を訪問し胡錦濤主席と会談、翌29日には習近平副主席や温家宝首相と会談した。この訪中は経済的意味合いが強いが、つづく1979年イラン・イスラーム革命以来初のエジプト大統領によるイラン訪問(非同盟諸国会議出席のため)とあわせ、中東における地位低下を招いた前ムバーラク政権下の過度な対米追従外交から「バランスの取れた外交関係」への軌道修正と見られている。ムハンマド・ムルシー フレッシュアイペディアより)

127件中 71 - 80件表示