150件中 81 - 90件表示
  • 温 (姓)

    温 (姓)から見た温家宝温家宝

    温家宝 - 中華人民共和国の政治家。温 (姓) フレッシュアイペディアより)

  • 竹内弘一

    竹内弘一から見た温家宝温家宝

    2007年4月13日、中国の温家宝首相来日・入洛の際、当初予定されていなかった西京極球場での記者会見において、温家宝首相に代表質問を行った。竹内弘一 フレッシュアイペディアより)

  • 中国のアニメーション

    中国のアニメーションから見た温家宝温家宝

    2006年に海外アニメの輸入・放送に関して、国産アニメの放送がアニメの放送全体の7割を下回ってはならない、国産アニメを制作した機関は国産アニメを制作した時間と同じ分まで海外アニメを輸入できる、17時から20時まで外国アニメーションの放送を禁止などいくつかの規定を定められた。2009年には国務院総理の温家宝も「孫と見るのは海外のアニメばかり」と発言し、日本や韓国のアニメ制作の下請けをしてる無錫のアニメ制作会社を視察した際もオリジナルアニメの制作を奨励し、日中合作アニメ『チベット犬物語』の制作も支援した。中国のアニメーション フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見た温家宝温家宝

    中国は他のアジアの国々と同様、科学技術を国家遺産と同様、経済的、政治的目標を達成するためにvitalなものとみなしている。知的財産権を持つ独自技術や技術革新の不足は国家問題とみなされている。2006年に温家宝首相は「独立した技術革新なしでは中国は世界で対等な立場を主張したり、国家の名誉を増進することなどできない」と述べている。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • マンモハン・シン

    マンモハン・シンから見た温家宝温家宝

    国境などを巡って対立が続く中華人民共和国やパキスタンとは、前首相であるアタル・ビハーリー・ヴァージペーイーの対話路線を継続している。中国とはヴァージペーイーが示した戦略的パートナー関係の構築を目指し、首脳同士の交流も盛んに行っている。2005年にはパキスタンとともに中国が主導する上海協力機構にオブザーバー加盟し、同年に国務院総理の温家宝、2007年には国家主席の胡錦濤がそれぞれインドを訪問し、2008年には逆にシンが中国を訪問している。また、パキスタンとは2004年2月から開始された「複合的対話」を継続し関係正常化を目指している。しかし2008年にムンバイ同時多発テロが発生した後、シンはパキスタンがテロに関与していると不信感を示し、パキスタンによるテロ対策が関係改善の条件だと発言するなど、関係正常化には至っていない。マンモハン・シン フレッシュアイペディアより)

  • 東アジア共同体

    東アジア共同体から見た温家宝温家宝

    中国とASEANの貿易総額は1990年以降急増しており、2004年には1000億ドルに達し、これは温家宝首相が2003年に打ち出した2005年での達成を前倒しで実現した事となる。また、2004年にASEANとの共催で中国ASEAN博覧会(CAEXPO)が広西チワン族自治区で開催されるなど、中国とASEANの経済緊密化は急進展している。加えて、同年の中国ASEAN首脳会議では中国・ASEAN戦略パートナーシップ行動計画を発表し、併せて双方は2005年から段階的に関税を引き下げる事となった。ASEAN原加盟国6カ国とは2010年に、新加盟国4カ国は2015年に、ほとんどの貿易品の関税を撤廃すると定められており、これにより中国・ASEAN間の貿易額は2000億ドルに達するであろうと見られている。東アジア共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の経済

    2009年の経済から見た温家宝温家宝

    1月28日 - 中国の温家宝首相、スイスで開催されているダボス会議で「中国の2009年の経済成長率は8%が目標」と演説。温家宝首相は、欧州5カ国歴訪の途中で、スイスはその最初の訪問国 。2009年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤真希

    後藤真希から見た温家宝温家宝

    4月11日、総理大臣官邸で開催された中華人民共和国・温家宝国務院総理(首相)来日歓迎夕食会に参加し、温家宝や当時の内閣総理大臣・安倍晋三の前で「僕らが生きる MY ASIA」をソロで披露。後藤真希 フレッシュアイペディアより)

  • ボアオ・アジア・フォーラム

    ボアオ・アジア・フォーラムから見た温家宝温家宝

    2009年4月18日、第8回年次総会が、世界から政財界関係者、研究者1,600人が参加し、中国海南島で開催された。開会式には、温家宝国務院総理はじめ10カ国の首相が参加した。温総理が基調演説(タイトルは「自信を強め、協力を深め、それぞれがともに勝者となろう」)「アジアは世界人口の60%」「金融システムを改革」などを呼びかけた。カザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領は「ドルに代わる新しい国際通貨を検討すべきだ」と主張し、イランのダバーディ第1副大統領も「新国際経済秩序の樹立とアジア共通通貨の必要性」を訴えた。ボアオ・アジア・フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • 六者会合

    六者会合から見た温家宝温家宝

    10月13日、唐家国務委員が訪露し、イーゴリ・イワノフ安保会議書記、セルゲイ・ラブロフ外相と会談。盧武鉉大統領が訪中し、温家宝首相や胡錦濤主席と会談。六者会合 フレッシュアイペディアより)

150件中 81 - 90件表示