127件中 81 - 90件表示
  • 加藤嘉一

    加藤嘉一から見た温家宝温家宝

    2011年10月、莫邦富は鳳凰網のブログに「加藤嘉一は日中市民に虚偽情報を流すな」(加藤嘉一不要?中日民众??虚假信息)と題した文章を発表。同年8月に開催された日本IBM主催の伊豆会議(有識者会議)において参加者から「中国は大国だ。だが東日本大震災直後、中国が派遣した国際緊急援助隊はわずか15人。台湾ほかの小国よりも少なかった。なぜか」 (中国是个大国,在311日本?生大地震后,却只派来了区区15人的救援?,比台湾甚至其他小国都要少得多。?是?什??)と問われた加藤が「胡錦濤、温家宝 が大規模な救援隊を送れば人民の不満を引き起こすかもと考え、少数しか派遣できなかった」(那是胡?涛、温家宝政?怕派出人数众多的救援?去日本救援会引起中国老百姓的不?,所以才派出??一个小?模的救援?)と答えた逸話を挙げ、「私は自分の耳を疑った。これはまさしく黒を白と言う(是非を逆さにする)、事実を無視したものだ」(听到?个回答,我吃惊得不敢相信自己的耳?,??直就是?倒?白,罔?事?了)と厳しく批判した。加藤嘉一 フレッシュアイペディアより)

  • 王兆国

    王兆国から見た温家宝温家宝

    1968年から武漢第二自動車製造工場に勤務。同工場の党委員会書記をしていた1982年9月、文化大革命の際に四人組を批判した政治的姿勢が鄧小平に評価され、第12期1中全会で中央委員に、11月には中国共産主義青年団中央書記処書記第一書記に就任する。当時胡錦濤は書記として王兆国の部下であった。1984年、党中央弁公庁主任となり、さらに翌年、党中央書記処書記に任命された。なお、王兆国が中央弁公庁主任であったとき、副主任を務めていたのは温家宝であった。王兆国は胡錦濤・温家宝ら第4世代の筆頭として、その未来は明るいものと見られた。王兆国 フレッシュアイペディアより)

  • 中国共産党第十三期中央委員会第一回全体会議

    中国共産党第十三期中央委員会第一回全体会議から見た温家宝温家宝

    胡啓立、喬石、芮杏文、閻明復、温家宝(候補書記)中国共産党第十三期中央委員会第一回全体会議 フレッシュアイペディアより)

  • 遺棄化学兵器問題

    遺棄化学兵器問題から見た温家宝温家宝

    小規模事業については、手作業を中心に発掘と回収が行われ、梱包のうえ中国各地の保管施設に集積して、その後に処理を行う計画である。すでに旧軍関係者などからの聞き取りや文献調査により遺棄化学兵器の捜索が行われており、約3万6千発が回収された南京市周辺のほか、各地においても発掘回収されている。小規模事業対象の埋設地・総量の把握は困難だが、2012年9月までの外務省調査と内閣主導作業の成果を合わせて40か所以上から約4万8千発が回収され、中国国内の保管施設に置かれている。廃棄処理には、トレーラーで中国各地を移動可能な移動式処理設備の使用が、2008年の安倍晋三首相と温家宝首相の会談で合意された。1基目の移動式処理設備は南京で2010年10月に運用開始され、2012年1月時点で南京所在の約3万6千発の化学兵器のうち99.78%まで処理が進み、残された作業難度の高い化学砲弾の処理も同年前半には完了する方針である。南京での事業完了後は、武漢市へ移設して作業、さらに広州市を候補に準備中の第3処理場へ移動する。北部向けの2基目は、石家荘市で2012年半ばの運用開始が予定されており、同地での事業完了後はハルビン市へ移設される計画である。遺棄化学兵器問題 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年

    2009年から見た温家宝温家宝

    10月4日 - 10月6日 - 中華人民共和国・温家宝国務院総理、国交樹立60周年を祝うため平壌を親善訪問、「中朝友好年」の閉幕式に出席。金正日総書記と会談、中朝経済関係の強化と六者会合への復帰を促す。2009年 フレッシュアイペディアより)

  • ネパール

    ネパールから見た温家宝温家宝

    8月15日選出されたプラチャンダ元首相は、最初の外遊として北京オリンピックの閉会式への参加という形で訪中し、胡錦濤国家主席、温家宝首相と会談している。慣例ではネパール首相が最初に訪れる外国はインドであり、異例の外交といえる。ネパール フレッシュアイペディアより)

  • 中川昭一

    中川昭一から見た温家宝温家宝

    また同年、中国首相・温家宝が来日したが、「日本のナンバー1が(中国に)行ったのに、中国のナンバー3が(日本に)来るというのは、おかしい」と、中国外交の非礼を批判した。中川昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 文化大革命

    文化大革命から見た温家宝温家宝

    2012年3月15日、重慶で文革時代を肯定する「唱紅」運動を展開していた薄熙来が失脚したが、それに先立つ3月14日、全人代閉幕後の記者会見の席上で温家宝首相は、薄を批判するために「文化大革命のような歴史的悲劇が再び起きることを危惧する」と文革を引き合いに出した。温の発言は「文革が歴史的悲劇である」ということが共通認識であるという前提でなされており、さらに「中国共産党には派閥はない。一枚板である」という原則に従えば、文革終結から36年を経た2012年の時点で「文革は歴史的悲劇」というのが中国共産党での共通認識になっていると言える。文化大革命 フレッシュアイペディアより)

  • 六者会合

    六者会合から見た温家宝温家宝

    10月13日、唐家国務委員が訪露し、イーゴリ・イワノフ安保会議書記、セルゲイ・ラブロフ外相と会談。盧武鉉大統領が訪中し、温家宝首相や胡錦濤主席と会談。六者会合 フレッシュアイペディアより)

  • 日台関係史

    日台関係史から見た温家宝温家宝

    2007年12月28日:福田康夫首相と温家宝首相の日中首脳会談後の共同記者会見で、温首相が、日本側が「台湾独立に反対した」と発言。直後に福田首相が、日本の立場は「台湾独立を支持しない」であると“訂正”した。日台関係史 フレッシュアイペディアより)

127件中 81 - 90件表示