前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示
  • 温家宝

    温家宝から見た胡錦濤

    温 家宝(おん かほう、ウェン・チアパオ、1942年9月15日 ‐ )は、中華人民共和国の政治家。第6代国務院総理(首相)、第16期・第17期中国共産党中央政治局常務委員を務めた。中国共産党の第4世代では最高指導者の胡錦濤とともに重要な位置を占め、胡錦濤体制における党内序列は第3位であった。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た陳水扁

    外交では、台湾独立運動、チベット独立運動、そして中国の人権問題といった政治的に敏感な難題にしばしば直面した。2003年12月、温はアメリカ合衆国を初めて訪問した。この訪問では、大統領ジョージ・W・ブッシュに対して中華民国総統の陳水扁(当時)に対する非難を訴えた。続くカナダとオーストラリアへの訪問では、経済問題が主要議題に上った。なお台湾問題について、2005年3月15日、全国人民代表大会で2896の過半数(棄権2)であった反分裂国家法が可決された際、温は「我々は外国からの干渉を望まないが、それを恐れない」と述べ、アメリカの姿勢を言外に批判した。温は中国の標準にしては珍しく長い拍手を受けた。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た朱鎔基

    その後、1992年10月に党政治局候補委員・中央書記処書記となり、1997年には党政治局員となった。そして、1998年に朱鎔基内閣が発足すると、温家宝は金融・農業担当の国務院副総理に任命された。朱内閣において、温は経済、農業、財政、防災政策を監督し、中国の重要方針である世界貿易機関への加入の準備活動に従事した。温は1998年から2002年まで中央金融工作委員会(Central Financial Work Commission)の書記を務めた。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た李克強

    2011年1月24日、全国からの陳情を受け付ける北京市内の国家信訪局を訪問し、賃金の未払いや土地の強制収用などを巡る陳情者の訴えを直接聞いた。これは、中華人民共和国が建国されて以来初めてのことである。温は陳情者の切実な訴えに「私たちの政府は人民の政府であり、私たちの権力は人民が付与したものだ。人民の困難や問題を解決する責任がある」と述べ、対策を取る方針を示した。また、「すべての行政行為は社会からの監督を受ける必要があり、一切の行政権力は白日の下にさらされて運営されるべきだ」と、政治改革について踏み込んだ発言もした。かねてから温は言論の自由の緩和など、中国版ペレストロイカとも言える政治改革の必要性を主張してきた。しかし、一方で温は党内の保守派や既得権益を重んじる層(上海閥、太子党)から批判の矢面に立たされており、そして最終的には政治改革を訴える温家宝は権力闘争に敗れ、改革派とされる李克強を中国の次期最高指導者に据える事に失敗し、軍部や保守派が推したとされる習近平が胡錦濤の後継者に確定したという経緯が日本のマスメディアで報道されている。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た江沢民

    温家宝が甘粛省から北京の国務院に移った当時、共産党総書記であった胡耀邦は、若手の有能な人物の登用を進めていた。地質鉱産部長(大臣)の孫大光の賞賛を受けた温は、1983年10月、地質鉱産部副部長(次官)に就任。その後、胡耀邦によって抜擢され、1986年5月に党中央弁公庁主任となる。1993年に中央財経領導小組秘書長に転出するまで、温家宝は胡耀邦、趙紫陽、江沢民の3代の総書記の下で中央弁公庁主任を務めた。温は、この3人の総書記に仕えた唯一の人物である。1987年11月には党中央委員に選出され、党中央書記処候補書記となる。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た鳩山由紀夫

    2010年5月、温家宝は再び日本を訪れ、首相(当時)の鳩山由紀夫と会談した。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た薄熙来

    2012年3月14日、全人代閉幕後の記者会見で、薄熙来への批判と思われる発言を行った。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た菅直人

    2010年10月5日の未明、ベルギー・ブリュッセルにて菅直人と会談した際、菅が尖閣諸島について「わが国固有の領土であり、領土問題は存在しない」としたのに対して、中国の外務省は、温家宝が「中国固有の領土だ」と主張したことを発表した。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見たダライ・ラマ14世

    2008年3月16日、国務院総理に再選された温家宝は、急激に進行するインフレーションの抑制と、北京オリンピックの成功による中国の国威発揚に努力した。一方、同年にアメリカ合衆国で発生した経済危機(リーマン・ショック)が世界中に影響を及ぼすと、中国もそれを免れることはできず、温は深刻な経済問題に直面した。そのため、社会の安定に力を入れたが、2008年3月にチベットで発生した暴動では、政策面で大きな集中力が要求された。チベット騒乱のさなかの温は、「ダライ・ラマとその追随者が全ての分離独立活動を断念することを選ばない限り、彼らとの協議を拒否する」として、共産党政府の報道官として動いた。温が総理に再選された第11期全国人民代表大会第1回会議閉会後の記者会見(2008年3月18日)の場で、温はチベットでの暴動を受けてダライ・ラマ14世とその支持者を非難し、「ダライ・ラマが『チベット独立』を放棄し、『台湾を中国不可分の領土と認める』なら対話してもいい」と発言した。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た胡耀邦

    温家宝が甘粛省から北京の国務院に移った当時、共産党総書記であった胡耀邦は、若手の有能な人物の登用を進めていた。地質鉱産部長(大臣)の孫大光の賞賛を受けた温は、1983年10月、地質鉱産部副部長(次官)に就任。その後、胡耀邦によって抜擢され、1986年5月に党中央弁公庁主任となる。1993年に中央財経領導小組秘書長に転出するまで、温家宝は胡耀邦、趙紫陽、江沢民の3代の総書記の下で中央弁公庁主任を務めた。温は、この3人の総書記に仕えた唯一の人物である。1987年11月には党中央委員に選出され、党中央書記処候補書記となる。温家宝 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
114件中 1 - 10件表示