114件中 91 - 100件表示
  • 温家宝

    温家宝から見た天安門広場

    1989年5月19日、民主化を要求して天安門広場を占拠した学生たちと対話を試みるため、趙紫陽は彼らの下へ向かった。温家宝は趙に同行した(天安門事件を参照)。この趙の行動は「重大な反抗」とされ、趙は総書記を解任されて失脚、2005年1月の死まで自宅軟禁に置かれた。しかし温は、当時の立場や自己批判が考慮されたことで、天安門事件の余波を受けて失脚することもなく政治的に生き残った。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た中国共産党中央弁公庁

    温家宝が甘粛省から北京の国務院に移った当時、共産党総書記であった胡耀邦は、若手の有能な人物の登用を進めていた。地質鉱産部長(大臣)の孫大光の賞賛を受けた温は、1983年10月、地質鉱産部副部長(次官)に就任。その後、胡耀邦によって抜擢され、1986年5月に党中央弁公庁主任となる。1993年に中央財経領導小組秘書長に転出するまで、温家宝は胡耀邦、趙紫陽、江沢民の3代の総書記の下で中央弁公庁主任を務めた。温は、この3人の総書記に仕えた唯一の人物である。1987年11月には党中央委員に選出され、党中央書記処候補書記となる。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た中国共産党第十七回全国代表大会

    2007年の第17回党大会を前に、温が引退することと、陳良宇との衝突があったという噂が立った。一部の情報源では、温が疲労による引退を請うつもりであったことを示唆していたが、結局、温は総理の座にとどまり続けた。この党大会で胡錦濤が中国の今後5年間の方向性を示す政治報告を行ったが、温はその草稿を作成する責任を負った。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た改革開放

    総理となった温は改革開放を監督し、国家目標を、ほかの社会的目標(公衆衛生や教育など)とともに平等主義の富を重視した成長から何としてでも中国経済を成長させようという目標に転換した。加えて、中国政府は温の指導のもとで、環境や労働者の健康への被害を含む経済発展の社会的費用に焦点を合わせ始めた。この、より包括的な定義は「小康社会」(xiaokang society)に要約された。温の広範な経験と専門知識は、改革による過去20年間で除外された地方の経済を活性化させようという朱鎔基の農業政策のもとで議長を務めるあいだに培われた。当初寡黙で出しゃばらないと思われていた温は、「良き伝達者」、そして「人民の味方」として知られた。温は20年間の経済成長(とくに地方や中国の西方)で除外されたかに見えた人々に手を差し伸べるために多大な努力をしたと思われている。温家宝と胡錦濤の両者は、江沢民および中央政治局常務委員会で彼の保護下にある者、いわゆる「上海幇」を結成していた者たちとは異なり、広漠な中国国内での政治的基盤を強化した。人々は、「人民の味方」こと温家宝と胡錦濤、対する江沢民との対比に注意した。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た広州駅

    温は中国国民との直接対話を進めた。2005年の旧正月、温は山西省の炭鉱で炭鉱作業員の一団と過ごした。また、2008年1月の旧正月直前、大雪による雪害が中国を襲った。温は長沙と広州の鉄道駅を訪れると、帰省のために列車を長時間待っていた市民たちの怒りを鎮めるために演説した。このように国民との対話を重ねる温は、多くの人から、「国民の総理」であり、「人民主義者」であり、そして「一般人の需要を知り、理解している普通の国民」であると評価されている。彼の態度は一見誠実であり、温和であり、かつての周恩来と比較されることがある。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た中国共産党中央政治局

    その後、1992年10月に党政治局候補委員・中央書記処書記となり、1997年には党政治局員となった。そして、1998年に朱鎔基内閣が発足すると、温家宝は金融・農業担当の国務院副総理に任命された。朱内閣において、温は経済、農業、財政、防災政策を監督し、中国の重要方針である世界貿易機関への加入の準備活動に従事した。温は1998年から2002年まで中央金融工作委員会(Central Financial Work Commission)の書記を務めた。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見たポピュリズム

    温は中国国民との直接対話を進めた。2005年の旧正月、温は山西省の炭鉱で炭鉱作業員の一団と過ごした。また、2008年1月の旧正月直前、大雪による雪害が中国を襲った。温は長沙と広州の鉄道駅を訪れると、帰省のために列車を長時間待っていた市民たちの怒りを鎮めるために演説した。このように国民との対話を重ねる温は、多くの人から、「国民の総理」であり、「人民主義者」であり、そして「一般人の需要を知り、理解している普通の国民」であると評価されている。彼の態度は一見誠実であり、温和であり、かつての周恩来と比較されることがある。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た天津市

    1942年9月、中華民国の天津郊外の教員の家に生まれる。天津南開中学卒業後、1960年に北京地質学院(現・中国地質大学)へ入学。1965年4月、中国共産党に入党し、1968年に研究生課程を卒業、地質関係の技術者として働き始める。1968年から1978年までの間、甘粛省地質局に配属され、地質鉱産部門の技術員・行政指導員として業務に従事。1979年には甘粛省地質局副局長に就任。後に党総書記・国家主席となる胡錦濤と同様に、当時の甘粛省委員会書記だった宋平によって抜擢された温家宝は、1982年、国務院の地質鉱産部政策法規研究室主任となる。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見たアメリカ合衆国

    外交では、台湾独立運動、チベット独立運動、そして中国の人権問題といった政治的に敏感な難題にしばしば直面した。2003年12月、温はアメリカ合衆国を初めて訪問した。この訪問では、大統領ジョージ・W・ブッシュに対して中華民国総統の陳水扁(当時)に対する非難を訴えた。続くカナダとオーストラリアへの訪問では、経済問題が主要議題に上った。なお台湾問題について、2005年3月15日、全国人民代表大会で2896の過半数(棄権2)であった反分裂国家法が可決された際、温は「我々は外国からの干渉を望まないが、それを恐れない」と述べ、アメリカの姿勢を言外に批判した。温は中国の標準にしては珍しく長い拍手を受けた。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見たオーストラリア

    外交では、台湾独立運動、チベット独立運動、そして中国の人権問題といった政治的に敏感な難題にしばしば直面した。2003年12月、温はアメリカ合衆国を初めて訪問した。この訪問では、大統領ジョージ・W・ブッシュに対して中華民国総統の陳水扁(当時)に対する非難を訴えた。続くカナダとオーストラリアへの訪問では、経済問題が主要議題に上った。なお台湾問題について、2005年3月15日、全国人民代表大会で2896の過半数(棄権2)であった反分裂国家法が可決された際、温は「我々は外国からの干渉を望まないが、それを恐れない」と述べ、アメリカの姿勢を言外に批判した。温は中国の標準にしては珍しく長い拍手を受けた。温家宝 フレッシュアイペディアより)

114件中 91 - 100件表示