114件中 51 - 60件表示
  • 温家宝

    温家宝から見た2008年の中国雪害

    温は中国国民との直接対話を進めた。2005年の旧正月、温は山西省の炭鉱で炭鉱作業員の一団と過ごした。また、2008年1月の旧正月直前、大雪による雪害が中国を襲った。温は長沙と広州の鉄道駅を訪れると、帰省のために列車を長時間待っていた市民たちの怒りを鎮めるために演説した。このように国民との対話を重ねる温は、多くの人から、「国民の総理」であり、「人民主義者」であり、そして「一般人の需要を知り、理解している普通の国民」であると評価されている。彼の態度は一見誠実であり、温和であり、かつての周恩来と比較されることがある。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た北京オリンピックの開会式

    今上天皇との会見では、「北京オリンピックの開会式に招待したい」と述べ、日本政府を困惑させた。さらに皇太子夫妻の北京オリンピック開会式への参加を招請した。しかし、江沢民時代からの愛国教育によって中国で反日感情が高まっていることを警戒した日本政府は、温家宝の要求を断っている。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た首相

    温 家宝(おん かほう、ウェン・チアパオ、1942年9月15日 ‐ )は、中華人民共和国の政治家。第6代国務院総理(首相)、第16期・第17期中国共産党中央政治局常務委員を務めた。中国共産党の第4世代では最高指導者の胡錦濤とともに重要な位置を占め、胡錦濤体制における党内序列は第3位であった。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た胡温体制

    さらに温は地方の貧困の解決にも取り組んだ。温は頻繁に地方の比較的貧しい区域を視察したが、地方当局がしばしば行う貧困の事実の隠蔽を防ぐために、温の訪問先の決定は無作為に行われた。温は国務院の会議で、地方の経済格差の問題に取り組むことを明らかにした。国家主席の胡錦濤とともに、温は農業、農村地帯、農民のいわゆる三農問題について、研究と発展を要する分野であると強調した。胡温政権は、2005年に農業税を完全に廃止した。これは地方の経済モデルを大きく変えた大胆な手段であった。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見たイデオロギー

    温家宝の政治的見解に関して、香港と台湾のジャーナリストと同様に、中国国内でもいくつか論争がある。記者会見の場では胡錦濤よりも多く姿を見せるため、彼らの全てを評価することは困難だが、温の観点を識別するのは胡よりも容易である。通常、中国内外のメディアは、温を普通の人々の要求に触れる「人民主義者」と信じている。最大の社会問題には、温の政策の種類として、社会調和に基づく政権の主要なイデオロギーである科学発展観(Scientific Development Concept)を規定している。政治改革に関する温の見解が何なのかは明らかにされてはいない。温は「中国では今後100年、社会主義制度が続くでしょう」と述べたにもかかわらず、のちに第十回全国人民代表大会2007 National People's Congressにて「民主主義は、社会主義制度の基本的な狙いの1つです」と述べた。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た全人代

    2012年3月14日、全人代閉幕後の記者会見で、薄熙来への批判と思われる発言を行った。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た三農問題

    さらに温は地方の貧困の解決にも取り組んだ。温は頻繁に地方の比較的貧しい区域を視察したが、地方当局がしばしば行う貧困の事実の隠蔽を防ぐために、温の訪問先の決定は無作為に行われた。温は国務院の会議で、地方の経済格差の問題に取り組むことを明らかにした。国家主席の胡錦濤とともに、温は農業、農村地帯、農民のいわゆる三農問題について、研究と発展を要する分野であると強調した。胡温政権は、2005年に農業税を完全に廃止した。これは地方の経済モデルを大きく変えた大胆な手段であった。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た四庫全書

    主要政党の首脳や創価学会の池田大作とも会談している。最終日の4月13日には、日本で初めて孔子学院が開設された立命館大学を訪問し、「四庫全書」を寄贈した。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見た郊外

    1942年9月、中華民国の天津郊外の教員の家に生まれる。天津南開中学卒業後、1960年に北京地質学院(現・中国地質大学)へ入学。1965年4月、中国共産党に入党し、1968年に研究生課程を卒業、地質関係の技術者として働き始める。1968年から1978年までの間、甘粛省地質局に配属され、地質鉱産部門の技術員・行政指導員として業務に従事。1979年には甘粛省地質局副局長に就任。後に党総書記・国家主席となる胡錦濤と同様に、当時の甘粛省委員会書記だった宋平によって抜擢された温家宝は、1982年、国務院の地質鉱産部政策法規研究室主任となる。温家宝 フレッシュアイペディアより)

  • 温家宝

    温家宝から見たイギリス

    2009年1月末から2月初めにかけて、温はヨーロッパを訪問した。2月2日、イギリスのケンブリッジ大学にて講演していたところ、会場にいた男から靴を投げつけられる騒ぎがあった。男は「ここに独裁者がいるぞ。彼が語る嘘をよく聞いていられるな。反論もしていないじゃないか」「どうして大学は独裁者に身を売ることができたのか?」などと叫んでいた。講演は中断し、靴を投げた男は他の聴衆から非難され、会場から排除されたあとに地元警察に逮捕された。講演再開後、温は「我々は平和にやっている。男の行為が中英の友好を妨げることはない。調和は武力によって妨害されないと歴史が証明している」と述べ、講演の会場内の学生たちが拍手で応えた。拍手していたのは中国人留学生であった。中国国内では事件に関する報道を抑制していたが、インターネット上では温家宝支持とイギリス批判の書き込みが盛んにおこなわれた。2月3日、中国外交部は公式に批判声明を出した。ケンブリッジ大学は事件について公式サイトで謝罪表明を行った。温家宝 フレッシュアイペディアより)

114件中 51 - 60件表示