335件中 91 - 100件表示
  • 温泉

    温泉から見たヴィシー

    15世紀までは入浴が主であったが、火山帯が少ないため湯量が少なく、また泉温が低かったため、温泉地は発展しなかった。また、風紀の乱れや梅毒やペストなどの伝染病蔓延や宗教的理由による社会背景などにより入浴が身体を害するものとみなされ、入浴という習慣が敬遠されていった(詳しくは「入浴」の項を参照)。一方、ヨーロッパでは飲用水の質が悪く、そのため一部の入浴客は温泉水を飲用していた。これに目を付けた温泉地は瓶詰めにして売り出したところ、大変な評判を呼び、以後は“温泉は飲むもの”、すなわち飲泉が文化として根付いた。有名なエビアンやヴィシーなども温泉水である。なお、日本においてもウィルキンソン・ジンジャーエールなどは初期に炭酸泉水を原料としていた。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た

    フェロ又はフェリイオン(Fe2+,Fe3+) 10mg以上温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た日本

    温泉はヨーロッパでは医療行為の一環として位置付けられる側面が強いが、日本では観光を兼ねた娯楽である場合が多い。学校の合宿、修学旅行に取り入れる例も多い。もちろん、湯治に訪れる客も依然として存在する。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た硫黄

    硫黄(S)1 1mg以上温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た鶴見岳

    日本は火山が多いために火山性の温泉が多く、温泉地にまつわる神話や開湯伝説の類も非常に多い。神話の多くは、温泉の神とされる大国主命と少彦名命にまつわるもので、例えば日本三古湯の一つ道後温泉について『伊予国風土記』逸文には、大国主命が大分の鶴見岳の山麓から湧く「速見の湯」(現在の別府温泉)を海底に管を通して道後温泉へと導き、少彦名命の病を癒したという神話が記載されている。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た雲仙温泉

    貞観2年(860年)2月8日:進肥前国温泉神並従五位上 (長崎県雲仙温泉温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た飲泉

    飲泉 - 各所、禁忌の場合もあるので、飲む場合は注意が必要。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た打たせ湯

    一般庶民の風習としては正月の湯、寒湯治、花湯治、秋湯治など季節湯治を主とし、比較的決まった温泉地に毎年赴き、疲労回復と健康促進を図った。また、現代も残る「湯治風俗」が生まれたのも江戸時代で、砂湯、打たせ湯、蒸し湯、合せ湯など、いずれもそれぞれの温泉の特性を生かした湯治風俗が生まれた。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見たプール

    対してバーデンバーデンやスパなどのように入浴用として形成された温泉地も少数ながら存在する。しかし、いずれも日本の温泉のように「浸かる」という概念が存在しない。ドイツのバーデンバーデンは温泉としてより、むしろ付随するカジノやブティック、宝石店や高級ホテルなどによるリゾート地として発展した。温泉はサウナやシャワーなどにも利用されるほか、共同浴場が設けられており、温泉水の大浴槽でプール感覚と同様に泳ぐ者も多い(日本ではマナー違反とされる)。また、日本のように裸で入浴するという習慣はなく、水着を着用する。そのために、男湯や女湯と隔てることもない場合が多く、日本の温水プールのような具合で湯に親しむ場所となっている。このような例は後述するニュージーランドの例がある。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た大分県

    貞観9年(867年)2月26日:大宰府言 従五位上火男神 従五位下火売神 二社在豊後国速見郡鶴見山嶺 山頂有三池 一池泥水色青 一池黒 一池赤 去正月廿日池震動 其聲如雷 俄而如流黄 遍満国内 磐石飛乱 上下無数 石大者方丈 小者如甕 晝黒雲蒸 夜炎火熾 沙泥雪散 積於數里 池中元出温泉 泉水沸騰 自成河流 山脚道路 徃還不通 温泉之水 入於衆流 魚醉死者无万數 其震動之聲經歴三日 (大分県別府温泉)温泉 フレッシュアイペディアより)

335件中 91 - 100件表示

「温泉」のニューストピックワード