274件中 21 - 30件表示
  • 温泉

    温泉から見た上杉謙信

    鎌倉時代以降になると、それまで漠然として信仰の存在となっていた温泉に対し、医学的な活用がウェートを占め、実用的、実益的なものになり、一遍らの僧侶の行う施浴などによって入浴が一般化した。鎌倉中期の別府温泉には大友頼康によって温泉奉行が置かれ、元寇の役の戦傷者が保養に来た記録が残っている。さらに戦国時代の武田信玄や上杉謙信は特に温泉の効能に目を付けていたといわれる。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た貝原益軒

    江戸時代になると貝原益軒、後藤艮山、宇田川榕庵らにより温泉療法に関する著書や温泉図鑑といった案内図が刊行されるなどして、温泉は一般庶民にも親しまれるようになった。この時代は一般庶民が入浴する雑湯と幕吏、代官、藩主が入浴する殿様湯、かぎ湯が区別され、それぞれ「町人湯」「さむらい湯」などと呼ばれていた。各藩では湯役所を作り、湯奉行、湯別当などを置き、湯税を司った。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た斉明天皇

    斉明天皇3年(657年)9月:有間皇子性黠 陽狂云々 往牟婁温湯為療病 (和歌山県南紀白浜温泉)温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た舒明天皇

    舒明天皇3年(631年)9月19日:『幸干摂津国有間温泉』温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た武田信玄

    鎌倉時代以降になると、それまで漠然として信仰の存在となっていた温泉に対し、医学的な活用がウェートを占め、実用的、実益的なものになり、一遍らの僧侶の行う施浴などによって入浴が一般化した。鎌倉中期の別府温泉には大友頼康によって温泉奉行が置かれ、元寇の役の戦傷者が保養に来た記録が残っている。さらに戦国時代の武田信玄や上杉謙信は特に温泉の効能に目を付けていたといわれる。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た別府市

    そして上総掘りというボーリング技術が19世紀末にかけて爆発的に普及した事で、明治以降には温泉資源を潤沢に利用出来るようになった。日本の温泉源泉総数のうちおよそ1/10を抱える大分県別府市では、1879年(明治12年)頃にこの技術が導入されて温泉掘削が盛んとなり発展した。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た海水

    地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもの(たとえ造成温泉でも)どちらも、温泉法に合致すれば温泉である。温泉を熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。非火山性温泉はさらに、地下深くほど温度が高くなる地温勾配に従って高温となったいわゆる深層熱水と、熱源不明のものに分けられる。また特殊な例として、古代に堆積した植物が亜炭に変化する際の熱によって温泉となったモール泉が北海道の十勝川温泉などに存在する。火山性温泉は当然ながら火山の近くにあり、火山ガス起源の成分を含んでいる。深層熱水は平野や盆地の地下深部にあってボーリングによって取り出されることが多く、海水起源の塩分や有機物を含むことがある。非火山性温泉の中には通常の地温勾配では説明できない高温のものがあり(有馬温泉・湯の峰温泉・松之山温泉など)、その熱や成分の起源についていくつかの説が提案されているが、いずれも仮説の段階である。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た野沢温泉

    野沢温泉(長野県)では、収穫後の野沢菜の下ごしらえに利用したり、冬季に凍っている野沢菜をゆでるために温泉を用いている。また下ごしらえの場所として共同浴場の湯船を利用することでも知られている。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見たストロンチウム

    ストロンチウムイオン(Sr++) 10mg以上温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た環境省

    日本では温泉は温泉法と環境省の鉱泉分析法指針で定義されている。温泉 フレッシュアイペディアより)

274件中 21 - 30件表示

「温泉」のニューストピックワード