335件中 61 - 70件表示
  • 温泉

    温泉から見た大分大学

    ファンゴティカ - 別府では、多彩な泉質の源泉に見られる色とりどりの温泉泥の利用を大分大学医学部、広島大学、日本文理大学、パドヴァ大学(イタリア)、大分県産業科学技術センターなどが共同で研究して温泉泥美容ファンゴティカが開発されている。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た湯の峰温泉

    非火山性温泉の中には通常の地温勾配では説明できない高温のものがあり(有馬温泉・湯の峰温泉・松之山温泉など)、その熱や成分の起源についていくつかの説が提案されているが、いずれも仮説の段階である。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た九州大学

    1931年(昭和6年)九州大学が豊富な温泉資源に恵まれた別府温泉に温泉治療学研究所を設置したのをはじめ温泉療法の研究が国立6大学に広がり盛んとなると、1935年(昭和10年)には日本温泉気候学会が設立され、温泉気候およびその医学的応用に関する学術的研究が進む。日本温泉気候学会から改称された日本温泉気候物理医学会は、温泉療法医・温泉療法専門医の認定を行っている。三朝温泉ではラジウムの効能に目を付けて1939年(昭和14年)に温泉療養所が設けられるなど、温泉と近代医学を結びつける温泉療法の研究が行われてきた。また戦後は原子爆弾被爆者別府温泉療養研究所が開設され、被爆者援護においても温泉療法の研究が行われた。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た後藤艮山

    貝原益軒、後藤艮山、宇田川榕庵らにより温泉療法に関する著書や温泉図鑑といった案内図が刊行されるなどして、温泉は一般庶民にも親しまれるようになった。この時代は一般庶民が入浴する雑湯と幕吏、代官、藩主が入浴する殿様湯、かぎ湯が区別され、それぞれ「町人湯」「さむらい湯」などと呼ばれていた。各藩では湯役所を作り、湯奉行、湯別当などを置き、湯税を司った。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た意識不明

    2014年、北海道足寄町の温泉施設で、入浴中の男性が温泉由来の硫化水素により意識不明の重体となった。事故を受けて行われた環境省の全国調査では、4,438施設のうち33施設で国の基準を超える量の硫化水素を検出している。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た硫化水素

    2014年、北海道足寄町の温泉施設で、入浴中の男性が温泉由来の硫化水素により意識不明の重体となった。事故を受けて行われた環境省の全国調査では、4,438施設のうち33施設で国の基準を超える量の硫化水素を検出している。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た重要無形民俗文化財

    湯の花小屋 - 別府市の明礬温泉の湯の花(明礬)製造技術は国の重要無形民俗文化財に指定されている。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た水着

    対してバーデンバーデンやスパなどのように入浴用として形成された温泉地も少数ながら存在する。しかし、いずれも日本の温泉のように「浸かる」という概念が存在しない。ドイツのバーデンバーデンは温泉としてより、むしろ付随するカジノやブティック、宝石店や高級ホテルなどによるリゾート地として発展した。温泉はサウナやシャワーなどにも利用されるほか、共同浴場が設けられており、温泉水の大浴槽でプール感覚と同様に泳ぐ者も多い(日本ではマナー違反とされる)。また、日本のように裸で入浴するという習慣はなく、水着を着用する。そのために、男湯や女湯と隔てることもない場合が多く、日本の温水プールのような具合で湯に親しむ場所となっている。このような例は後述するニュージーランドの例がある。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た考古学

    考古学の観点からは、塩を含む温泉に、塩分を求めて草食動物が集まり、その動物たちを狩る人間が温泉の周りに集まり、人の営みが生まれ、温泉に親しむ日本の文化が生まれたのではという推察がある。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た妊娠

    日本の環境省は、温泉法第18条などで、温泉の効用に当たる「適応症」と、逆に温泉に入ることで病状が悪化する可能性のある「禁忌症」を定めている。かつて妊娠中の女性が温泉に入ると、流産や早産を招くという意見があったが、科学的根拠は無く妊婦が温泉に入っても健康上の問題はないとされる。温泉 フレッシュアイペディアより)

335件中 61 - 70件表示

「温泉」のニューストピックワード