1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
98件中 91 - 98件表示
  • 佐々木主浩

    佐々木主浩から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    4月2日の中日戦でシーズン初登板するも高橋光信に逆転サヨナラ2ラン本塁打を打たれて敗戦投手になる。4月13日のヤクルト戦でシーズン初セーブを挙げ、翌日もセーブを挙げるなど一旦持ち直したように思えたが、4月21日のヤクルト戦でサヨナラ負けで敗戦投手になり、この時点で8試合0勝3敗4セーブ防御率9.53の成績となり2軍落ちした。この3敗は全て逆転サヨナラ負けである。その後復帰を目指して調整を続けていたが調子は上がらず、またその間にマーク・クルーンが抑えに台頭したこともあり、チームの戦力構想から外され、8月7日に現役引退を表明。「お袋の前で投げたい」との希望により、2日後の9日、故郷・仙台のフルキャストスタジアム宮城で行われた巨人戦で、高校時代からのライバルで親友でもある清原和博相手に、事実上の引退登板をした(結果は三振)。佐々木は球団との契約を盾に湘南シーレックスのユニフォームを着用せず、イースタン・リーグでの調整登板もしていない状態であることから、横浜の牛島和彦監督はゲームに影響が出ないよう、普段は救援投手である秦裕二を先発させ、清原の第1打席で佐々木を投入。清原の打席後、改めて本来の先発投手門倉健を登板させるという継投策を取った。この投手起用について牛島は試合前、巨人の堀内恒夫監督に「お騒がせして申し訳ない」と謝罪した。この引退登板については公式戦の私物化と批判する意見もあり、チーム内でもこの件に関し、野村弘樹コーチと福田功ヘッドコーチの間で対立が生じた。ちなみにこの仙台での試合は巨人の主催で開催されており、余計に物議を醸した。佐々木主浩 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南

    湘南から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    県行政区域上「湘南地域」に含まれずに「横須賀三浦地域」と呼称される。相模湾側は1000年以上昔から「湘南」と呼ばれ、鎌倉時代以降は幕府直轄領漁港として繁栄し、東京湾側と一線を引くように逗子市が横須賀市から分離する以前から最寄駅は逗子駅である。横須賀市中心部は相模湾ではなく東京湾に接し、湘南の基本的な定義である「相模湾沿岸」に該当しない。経済活動も横浜横須賀道路や京急線で結ばれる横浜と連携する。相模湾に面する横須賀市や三浦市西部では、長者ヶ崎を挟み葉山に接する秋谷海岸などで「湘南」を訴求する住宅地や避暑地も近年見られる。湘南鷹取、湘南国際村、湘南信用金庫、横須賀市中心部に所在する湘南学院高等学校など地名や企業名などに湘南を採用する例も多く、古くは昭和初期の湘南電気鉄道がある。プロ野球横浜ベイスターズ(2010年当時)二軍チームは、2000年から2010年シーズン終了まで湘南シーレックスとして横須賀を本拠地に活動した。湘南 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県

    福岡県から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    洋松ジュニアロビンス(現在の横浜DeNAベイスターズの二軍。1954年まで小倉市(現・北九州市)を本拠地にしていた。)福岡県 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の野球

    1989年の野球から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    巨人の松谷竜二郎がイースタン・リーグの対大洋戦でノーヒットノーラン。1989年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南ベルマーレ

    湘南ベルマーレから見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    また、かつてはスポンサーの産業能率大学の繋がりにより「湘南シーレックス」(現在の横浜DeNAベイスターズのファーム(2軍)チーム)と共同割引チケットなどの企画を行ったこともある。湘南ベルマーレ フレッシュアイペディアより)

  • 平塚市

    平塚市から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    バッティングパレス相石スタジアムひらつか - 横浜DeNAベイスターズ \(ファーム\)の準本拠地。横浜DeNAベイスターズの試合も年1試合開催される。平塚市 フレッシュアイペディアより)

  • ファイターズスタジアム

    ファイターズスタジアムから見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    2008年度には、入場者数がそれまで1位だった湘南シーレックスを抜きイ・リーグ1位となった。さらに2009年には9月22日と翌23日の2日間だけで約10,000人の入場者数を記録したこともあり、過去最大となる入場者数年間70,000人を突破した。ファイターズスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 川村丈夫

    川村丈夫から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    シーズン序盤に2試合連続中継ぎで大量失点し、湘南シーレックスに送られる。6月に先発として復帰するものの、9月以降は中継ぎに回ることになる。は故障で3試合登板で未勝利に終わり、10月に背中の滑液胞炎の摘出手術を受ける。は5月6日の広島戦(横浜スタジアム)で593日ぶりの勝利を挙げたが、5勝にとどまる。川村丈夫 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
98件中 91 - 98件表示