2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示
  • 武藤潤一郎

    武藤潤一郎から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    2006年に横浜ベイスターズ二軍の湘南シーレックスの投手コーチに就任し2008年まで務めた。武藤潤一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    帽子マークは、左に大きく「Y」・右に小さく「S」だが、チームのアルファベットでの略称はスワローズの頭文字である「S」としていることが多い。週刊ベースボールの2軍戦日程表では一時球団略称をYsとし、湘南シーレックスをSとしていたが、「Sが1軍と2軍で異なるチームを表すのはおかしいのではないか」という意見もあり、ヤクルトをS、湘南をSRに変更した。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 藤江均

    藤江均から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    一方、二軍の湘南シーレックスでは防御率1.97、勝利数9、勝率.750の好成績を残し、[[プロ野球コンベンション|日本プロ野球コンベンション2009藤江均 フレッシュアイペディアより)

  • 大田泰示

    大田泰示から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    2009年、キャンプで中井大介と共に原監督に指導を受け、「懐が深いが、右腕が強すぎる」など指摘を受けると、松井秀喜を模した打撃フォームを考案し、フリー打撃でサク越えを連発、高い対応力を見せた。、3月20日のイースタン・リーグ開幕戦に「3番三塁」としてスタメン出場。フェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、公式戦初打点を記録。4月24日の湘南シーレックス戦にて公式戦初本塁打を記録。さらに、「4番三塁」でスタメン出場した8月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で2回にダレル・ラズナーからバックスクリーン右へ11号同点ソロ、8回2死1塁の場面で吉崎勝から左中間へ12号2ランとプロに入って初の1試合2本塁打を記録している。6月17日に初の1軍昇格、6月21日のロッテ戦で、松本哲也の代打で初打席を迎えたが三球で空振り三振に倒れた。大田泰示 フレッシュアイペディアより)

  • 田代富雄

    田代富雄から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    tvk・ニッポン放送で野球解説をする傍ら、ラーメン好きが高じて神奈川県茅ヶ崎市でラーメン店「田代ラーメン」を経営。1997年より横浜ベイスターズ二軍(2000年に「湘南シーレックス」と改称)打撃コーチに就任し、それと相前後してラーメン店は廃業した。田代富雄 フレッシュアイペディアより)

  • 松盛茂

    松盛茂から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    松盛 茂(まつもり しげる、1952年7月20日 - )は北海道出身の元プロ野球選手(捕手)。湘南シーレックスのバス運転手。松盛茂 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南ベルマーレ

    湘南ベルマーレから見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    過去にはプロ野球・横浜ベイスターズのファーム(2軍)チームであった「湘南シーレックス」とも連携していた(2011年から名前が横浜ベイスターズに戻ったため今後は未定)。湘南ベルマーレ フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    プロ野球では神奈川県を本拠地とする横浜ベイスターズを応援している。同球団の2軍が独立採算制の湘南シーレックスとなった際には、本拠地が地元・横須賀市である事もあり、後援会の結成に協力している。また堤義明とも親交が深く、総理大臣就任以前は堤がオーナーだった西武ライオンズのホームゲームを観戦に西武ドームへ何度も足を運んだ。横浜高校出身の松坂大輔が高卒新人時代に先発した試合を堤とVIPシートで観戦した事もあった。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳川事件

    柳川事件から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    これをきっかけにこれまで実施することが規制されていた社会人野球とプロ野球チームによる練習(交流)試合が盛んに実施されるようになり、主としてプロ2軍チームvs社会人チームとの対戦を行っている。2001年8月15日に横須賀にて実施の湘南シーレックス対日産自動車の試合を皮切りに、年間30-50試合の交流試合が行われている。柳川事件 フレッシュアイペディアより)

  • SKワイバーンズ

    SKワイバーンズから見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    2009年に阪神タイガースなどで打撃コーチを務めた正田耕三を2軍総合コーチとして招聘。また4月中旬、日本人選手として門倉健が入団した。韓国プロ野球では非常に珍しい、日本人コーチが4人いるチーム編成だった。7月中旬湘南シーレックスバッテリーコーチ・三浦正行を臨時捕手インストラクターとして招聘。戦力的に円熟期にあり公式戦優勝の大本命として注目された。しかしシーズン中盤に調子を落とし、起亜タイガースの予想外の快進撃もあって、終盤は韓国プロ野球新記録となる19連勝(1分けを挟む)で猛追したが、公式戦3連覇はならず2位で終えた。ポストシーズンはプレーオフから出場し、斗山ベアーズに勝ち3年連続で韓国シリーズに進出した。3年連続の韓国シリーズ進出は1986-1989年のヘテ・タイガース、2004-2006年の三星ライオンズについで3球団目で、起亜タイガースの前に3勝4敗で敗退した。2009年シーズン終了後、福原コーチが東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍内野守備走塁コーチに就任するため退団。正田コーチもオリックス・バファローズの一軍打撃コーチに就任するため退団。SKワイバーンズ フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示

「湘南シーレックス」のニューストピックワード