98件中 31 - 40件表示
  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム) 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    5月30日 - ロッテの古谷拓哉がイースタン・リーグの対DeNA戦(平塚球場)でノーヒットノーランを達成。リーグ史上22度目2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    4月27日 - イースタン・リーグの日本ハムが対DeNA戦(鎌ケ谷スタジアム)に5対3で勝利し、今季初勝利で開幕からの連敗を14でストップ2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1962年の野球

    1962年の野球から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    5月27日 - 読売ジャイアンツの山崎正之がイースタン・リーグの対大洋ホエールズ戦において完全試合を達成。ウェスタン・リーグを含め、二軍公式戦ではノーヒットノーランを含めて初の無安打無得点記録となった。1962年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県営愛鷹球場

    静岡県営愛鷹球場から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    1989年開場。愛鷹山麓の高台を掘り下げて造られた。開場以来、高校野球などアマチュア野球公式戦が行われている他、プロ野球では横浜DeNAベイスターズを含むオープン戦や横浜DeNAベイスターズなどのイースタン・リーグ公式戦が開催されている。静岡県営愛鷹球場 フレッシュアイペディアより)

  • 王靖超

    王靖超から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    湘南シーレックスでは3試合に出場。一塁と二塁を守り、2安打を記録する。公式戦出場機会は少なかったが、イースタン・リーグ チャレンジ・マッチではフューチャーズの一員として出場機会が与えられた。王靖超 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市多摩川丸子橋硬式野球場

    川崎市多摩川丸子橋硬式野球場から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    1961年(昭和36年)から1980年(昭和55年)までの間、多摩川河川敷付近には日本ハムを含め計3球団が二軍本拠地及び練習場を所有していた。同じ中原区内には大洋ホエールズが大洋多摩川球場を1955年(昭和30年)から1980年、対岸の東京都大田区田園調布には読売ジャイアンツ(巨人)が巨人軍多摩川グラウンドを1955年から1985年(昭和60年)それぞれ所有していた。巨人については1998年4月に国へ返還するまでグラウンドを所有し、跡地は大田区が国有地を借り受ける形で多摩川緑地広場硬式野球場として区民の利用に供されている。川崎市多摩川丸子橋硬式野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 相模原市立相模原球場

    相模原市立相模原球場から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    所有者が神奈川県から相模原市に移譲することとなり、2008年度より県側の負担により電光掲示板の改修などが行われた。2009年4月1日からは、相模原市に引き継がれ相模原市立相模原球場に球場名が変更された。2009年よりイースタン・リーグの横浜DeNAベイスターズ二軍の準本拠地として、月1試合程度が開催されている。相模原市立相模原球場 フレッシュアイペディアより)

  • 高浦美佐緒

    高浦美佐緒から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    引退後はからまで大洋の二軍育成コーチ、バッテリーコーチを歴任。その後も、後身である横浜ベイスターズに残りスカウトへ転身。北関東・北信越地区担当や東日本地区担当のチーフスカウトを務めたのち、球団職員の肩書で日本国外へ派遣コーチを務めることもあった。で退団。高浦美佐緒 フレッシュアイペディアより)

  • 茅ヶ崎公園野球場

    茅ヶ崎公園野球場から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    また、ファームのイースタン・リーグでは、読売ジャイアンツや横浜大洋ホエールズが主催公式戦を開催したこともある。茅ヶ崎公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久本昌広

    佐久本昌広から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    2007年は再び工藤と同僚となったが、左腕の中継投手が豊富になったチーム事情から一軍に昇格できず、ファーム(湘南シーレックス)での登板でも失点を重ねるなど結果を残すことができなかった。そして10月に再び戦力外通告を受け、現役引退を表明。翌年から横浜の打撃投手を務め、2011年オフに退団した。退団後は地元沖縄に帰り、会社員として株式会社沖縄ダイケンに勤務していた他、2012年・2013年にはRBCiラジオ エキサイトナイターの解説を務めた(何れも沖縄セルラースタジアム那覇での試合に限る)。2014年11月8日に工藤が監督を務める福岡ソフトバンクホークスの三軍投手コーチに就任することが発表された。古巣に13年ぶりの復帰となる。2017年から二軍投手コーチを務める。佐久本昌広 フレッシュアイペディアより)

98件中 31 - 40件表示