62件中 31 - 40件表示
  • 新日本リーグ

    新日本リーグから見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    洋松ジュニアロビンス→大洋ジュニアホエールズ(福岡県小倉市)。洋松ロビンス→大洋ホエールズ二軍)新日本リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本ハム球団多摩川グランド

    日本ハム球団多摩川グランドから見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    1961年から1980年までの間、多摩川河川敷付近には、日本ハムを含め計3球団が二軍本拠地及び練習場を所有していた。同じ中原区内には大洋ホエールズが大洋多摩川球場を、対岸の東京都大田区田園調布には読売ジャイアンツ(巨人)が巨人軍多摩川グラウンドをそれぞれ所有していた(大洋は1955年から1980年、巨人は1955年から1985年にそれぞれ使用。巨人については1998年4月に国へ返還するまでグラウンドを所有)。日本ハム球団多摩川グランド フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県営愛鷹球場

    静岡県営愛鷹球場から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    1989年開場。愛鷹山麓の高台を掘り下げて造られた。開場以来、高校野球などアマチュア野球公式戦が行われている他、プロ野球では横浜DeNAベイスターズを含むオープン戦や横浜DeNAベイスターズなどのイースタン・リーグ公式戦が開催されている。静岡県営愛鷹球場 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山準

    畠山準から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    、業務部長補佐として湘南シーレックス担当責任者となる。畠山準 フレッシュアイペディアより)

  • 藤江均

    藤江均から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    一方、二軍の湘南シーレックスでは防御率1.97、勝利数9、勝率.750の好成績を残し、[[プロ野球コンベンション|日本プロ野球コンベンション2009藤江均 フレッシュアイペディアより)

  • 若田部健一

    若田部健一から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    2004年に佐々木主浩が横浜に復帰し、吉見祐治が背番号を21に変更するのを受け、自身のダイエー時代の背番号である14に変更。2005年、湘南シーレックス(二軍)では14試合に登板し、5勝5敗の成績を収めたものの、この年初めて一軍での登板機会は無かった。同年10月8日に横浜から戦力外通告を受け引退。プロでは一度も「押し出し」が無かった。若田部健一 フレッシュアイペディアより)

  • 梶谷隆幸

    梶谷隆幸から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    は一軍出場5試合(4打数0安打)と主に二軍での出場になったが湘南シーレックス(当時)の球団新記録となる33盗塁でイースタン・リーグの盗塁王を獲得。梶谷隆幸 フレッシュアイペディアより)

  • 中央大学硬式野球部

    中央大学硬式野球部から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    日野茂 - 内野手、中日、西鉄。西武黄金時代のコーチ・フロント、湘南シーレックス元監督。船橋高出身中央大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球地域保護権

    プロ野球地域保護権から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    2008年5月29日の横浜DeNAベイスターズ(当時は横浜ベイスターズ)主催の対福岡ソフトバンクホークス戦は、ソフトバンクの保護地域である福岡県内にあり、かつ1989年の球団移転以来、準フランチャイズとして主催公式戦を年間数試合開催している北九州市民球場で開催された。2005年にセ・パ交流戦が開始されて以来、交流戦の試合が相手球団の保護地域で開催されたのはこれが初のケース。なお、DeNAは大洋時代に二軍の本拠地が一時期北九州市内にあり、下関時代や川崎時代初期なども北九州市内で頻繁に公式戦を行っていた事などから北九州は下関同様横浜球団所縁の地である。北九州では通常のソフトバンク主催試合同様に横浜が三塁側、ソフトバンクが一塁側を使用した。また、2011年のオープン戦と2012年の交流戦でも同じカードが開催された。プロ野球地域保護権 フレッシュアイペディアより)

  • 細山田武史

    細山田武史から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    はキャンプで大矢明彦監督から正捕手候補として期待されると、新人ながら同期入団の松本啓二朗、山崎憲晴とともに開幕1軍入りを果たす。4月8日の対読売ジャイアンツ戦でプロ初安打となる中越え二塁打を放つが、工藤公康とのバッテリーは5回で8失点、4被本塁打という結果に終わった。一時はFAで移籍してきた野口寿浩が先発マスクを被っていたが、野口は捕逸や許盗塁が多く、年齢的な衰えが顕著だったため、4月の後半からは再び細山田が起用される。5月8日と9日の阪神タイガース戦では連続完封に貢献し、主にリード面で三浦大輔やライアン・グリンら投手陣や首脳陣の信頼を勝ち取るようになる。しかし、5月18日から無期限休養となった大矢監督に代わって、湘南シーレックスの田代富雄が指揮を執るようになると、新沼慎二と武山真吾の起用機会も増え始め、捕手は細山田を含む三者の併用になった。チーム捕手最多となる88試合出場の一方で、打撃や盗塁阻止率(.173)に課題を残した。細山田武史 フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「湘南シーレックス」のニューストピックワード