62件中 41 - 50件表示
  • 松谷竜二郎

    松谷竜二郎から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    1年目の1989年は一軍のキャンプに参加し、オープン戦でも投球内容を評価されている。4月15日には一軍初登板を果たしたが、その後二軍に降格。しかし6月7日にはイースタン・リーグの大洋戦でノーヒットノーランを達成し、6月12日には一軍に再昇格している。1991年5月22日のヤクルト戦ではローテーションの谷間で初の先発を任され、完投勝利をマークした。続く6月6日の試合では自ら適時二塁打を放ち完投勝利。2連勝で飛躍が期待されたが、その後は勝ち星に恵まれなかった。松谷竜二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 追浜

    追浜から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    多くの工場が立地する追浜には、社会人が活躍するスポーツチームが多く存在する。特に有名なのは一時代を築いた日産自動車硬式野球部。また横須賀スタジアムには、横浜DeNAベイスターズの二軍が本拠地を置いている。地元ではこれらの関係を重視して町づくりに役立てている。追浜 フレッシュアイペディアより)

  • 相模原市立相模原球場

    相模原市立相模原球場から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    所有者が神奈川県から相模原市に移譲することとなり、2008年度より県側の負担により電光掲示板の改修などが行われた。2009年4月1日からは、相模原市に引き継がれ相模原市立相模原球場に球場名が変更された。2009年よりイースタン・リーグの横浜DeNAベイスターズ二軍の準本拠地として、月1試合程度が開催されている。相模原市立相模原球場 フレッシュアイペディアより)

  • BS FUJIハイビジョンナイター

    BS FUJIハイビジョンナイターから見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    BSデジタル放送開始の2000年12月1日、同時にBSフジが開局、その1年目の2001年のプロ野球シーズン開幕とともに放送開始。主に地上波で放送しないヤクルトスワローズと横浜ベイスターズの主催試合(対巨人戦を除く)を、水曜日と日曜日に20試合ほどハイビジョンで完全中継していた。それ以外にもイースタン・リーグの湘南シーレックス対読売ジャイアンツ戦(7月4日、平塚球場)も放送された。BS FUJIハイビジョンナイター フレッシュアイペディアより)

  • 北篤

    北篤から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    入団からまでは一軍出場が無く、横浜の二軍チーム・湘南シーレックスでプレーした。北篤 フレッシュアイペディアより)

  • 田中充 (外野手)

    田中充 (外野手)から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    2007年からは、鈴木尚(鈴木尚典より登録名を変更)が背番号を51に戻すのに伴って0に変更となった。同時に登録名を本名の田中充から「ミツル」に変更した。しかし、下窪陽介、下園辰哉の入団や内川聖一の外野手転向によって外野手の層が厚くなり、一軍昇格への壁は更に厚くなり、同年10月に戦力外通告を受け退団。同年11月25日に行われた湘南シーレックスのファン感謝のイベント「シーレックスフェスタ」に、既に退団が決定していたが「ファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたい」と特別に参加。イベント中に行われたホームラン競争で「代打」として登場し見事な一発を放った。その後、チームメイトに胴上げされた。田中充 (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • Tvkプロ野球中継 横浜DeNAベイスターズ熱烈LIVE

    Tvkプロ野球中継 横浜DeNAベイスターズ熱烈LIVEから見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜二軍の湘南シーレックスのイースタン・リーグの試合を放送(解説者なし、DJの栗原治久が実況)。2001年 - 2004年にかけて、横浜主催ゲームのない日に明治神宮野球場でのビジター中継を含めた中継がたまに放送されることがあった(録画中継もしばしばあり、日テレG+とは別放送だった)。Tvkプロ野球中継 横浜DeNAベイスターズ熱烈LIVE フレッシュアイペディアより)

  • 下関球場

    下関球場から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    プロ野球は翌1989年から開催されるようになり、かつて下関を本拠地としていた横浜大洋ホエールズが同年3月に読売ジャイアンツ(巨人)とのオープン戦、8月にヤクルトスワローズとの公式戦を主催で開催。大洋は以後、球団名が「横浜ベイスターズ」→「横浜DeNAベイスターズ」となってからもほぼ毎年オープン戦や公式戦を開催している他、二軍もイースタン・リーグ公式戦を年1試合開催している。なお、横浜は下関市を「球団発祥の地」としてその歴史を尊重しており、日本一となった1960年と1998年には下関市内でも優勝パレードを実施したほどである。このような縁から球団は下関を「準本拠地」として明確な定義こそしてはいないものの、地元には「下関はベイスターズのふるさと」「横浜の準本拠地」と崇めるファンも数多い。下関球場 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南

    湘南から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    県行政区域上「湘南地域」に含まれずに「横須賀三浦地域」と呼称される。相模湾側は1000年以上昔から「湘南」と呼ばれ、鎌倉時代以降は幕府直轄領漁港として繁栄し、東京湾側と一線を引くように逗子市が横須賀市から分離する以前から最寄駅は逗子駅である。横須賀市中心部は相模湾ではなく東京湾に接し、湘南の基本的な定義である「相模湾沿岸」に該当しない。経済活動も横浜横須賀道路や京浜急行で結ばれる横浜と連携する。相模湾に面する横須賀市や三浦市西部では、長者ヶ崎を挟み葉山に接する秋谷海岸などで「湘南」を訴求する住宅地や避暑地も近年見られる。湘南鷹取、湘南国際村、湘南信用金庫、横須賀市中心部に所在する湘南学院高等学校など地名や企業名などに湘南を採用する例も多く、古くは昭和初期の湘南電気鉄道がある。プロ野球横浜DeNAベイスターズ二軍チームは、2000年から2010年シーズン終了まで湘南シーレックスとして横須賀を本拠地に活動した。湘南 フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車硬式野球部

    日産自動車硬式野球部から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    1999年に本社の社長に「コストカッター」ことカルロス・ゴーンが就任し、硬式野球部の存続が不安視されたが、ゴーンは都市対抗野球での社員の応援に感銘を受け、硬式野球部を存続させることを決心したとされる(後にゴーンは「都市対抗野球こそが日本の企業文化の象徴だ」とも断言した)。また、横須賀工場に隣接する横須賀スタジアムは、横浜DeNAベイスターズの二軍組織、湘南シーレックスが本拠地としていることから、同チームとの親交が深く、2001年8月15日には、柳川事件以後初めてとなるプロアマ交流試合が行われた。また、毎年8月半ばにはシーレックスとの交流戦が行われていた。日産自動車硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「湘南シーレックス」のニューストピックワード