98件中 51 - 60件表示
  • マーク・クルーン

    マーク・クルーンから見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    は抑えに定着。しかし9月7日の対広島東洋カープ戦(下関球場)で左臀部を負傷、12日に登録抹消された。登録抹消は来日2年目で初めてのことで、負傷明けの9月20日に対千葉ロッテマリーンズ戦(イースタン・リーグ)で登板、岸本秀樹→クルーン→松家卓弘→岡本直也のリレーでノーヒットノーランを記録している。なお、クルーンが湘南シーレックスで登板したのはこの1試合のみである。マーク・クルーン フレッシュアイペディアより)

  • 吉田篤史

    吉田篤史から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    折りしも、ロッテ時代から兄貴分として慕っていた牛島和彦が、翌2005年から横浜ベイスターズの監督に就任することになり、本人直々のオファーを受けて一軍投手コーチとして入閣。吉田はリリーバーの経験が長かったことから、ブルペン担当としてリリーフ陣の指揮を執った。牛島は2006年シーズン限りで監督を辞任したが吉田は横浜に残り、同年秋から同球団ファームの湘南シーレックス投手コーチに就任した。2008年6月26日、低迷する投手陣の立て直しのために、二軍投手コーチでありながら一軍に帯同することになった。2009年からは再び二軍投手コーチを務め、2011年は一軍投手コーチを務めたがチーム防御率リーグ最下位と低迷し、同年11月22日に来季の契約を結ばないことが発表された。2012年からはベースボール・チャレンジ・リーグ・信濃グランセローズの投手コーチを務める。同年限りで退団した。信濃退団後はセンスアップ+スポーツアカデミーにて、牛島和彦らと共に野球指導に携わる。2014年10月14日にオリックス・バファローズの二軍投手コーチに就任することが発表された。2016年退団。吉田篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本哲司

    岡本哲司から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    に横浜ベイスターズの二軍ディレクターへ就任。には、6月8日からシーズン終了まで一軍総合コーチを務めた後に、11月1日付で編成部長に就任した。に一軍総合コーチへ復帰したものの、チームが最下位に低迷したことから、シーズン終了後に球団からコーチ契約の解除を通告された。岡本哲司 フレッシュアイペディアより)

  • 山口忠良

    山口忠良から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    引退後は、横浜の打撃投手を経て球団職員に転身。2008年度まで業務部(シーレックス)専任部長。山口忠良 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ (ファーム)

    オリックス・バファローズ (ファーム)から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    サーパス時代、同じく一軍とは別名義の球団だった湘南シーレックス(現:横浜DeNAベイスターズ二軍)のグッズは販売されていたものの、インボイス及びグッドウィル(現:埼玉西武ライオンズ二軍)とともに、サーパスのグッズ、レプリカ帽子・ユニフォーム等は商標の関係上、発売されることは無かった(帽子は過去にファームの年間パス購入特典としてプレゼントされたことはあった。)。オリックス・バファローズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • J.J.ファーマニアック

    J.J.ファーマニアックから見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    、開幕一軍は果たしたが打撃が安定せず、4月中に一旦二軍(湘南シーレックス)落ち。再昇格後も状態の改善は見られなかった。主に二遊間を守ったが、守備・走力は平凡で、若手内野手起用の方針から8月9日に出場選手登録を抹消された。その後も二軍ではほぼフル出場したものの一軍から声は掛からず、10月1日にシーズンを残したまま帰国し、その後自由契約となった。J.J.ファーマニアック フレッシュアイペディアより)

  • 追浜

    追浜から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    多くの工場が立地する追浜には、社会人が活躍するスポーツチームが多く存在する。特に有名なのは一時代を築いた日産自動車硬式野球部。また横須賀スタジアムには、横浜DeNAベイスターズの二軍が本拠地を置いている。地元ではこれらの関係を重視して町づくりに役立てている。追浜 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川緑地広場硬式野球場

    多摩川緑地広場硬式野球場から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    当球場のほかにも、かつて多摩川河川敷周辺には、大洋ホエールズ二軍が大洋多摩川球場を、日本ハムファイターズ二軍が日本ハム球団多摩川グランドを、それぞれ巨人とは対岸側の川崎市中原区内に所有しており、同様に本拠地兼練習施設として使用していた。しかし、その後3球団とも新たに別の場所に練習場施設を設け、そちらの方へ移転した為、プロ野球では使用されていない(大洋は1980年、日本ハムについては2011年に閉鎖したが、その後日本ハムの多摩川グランドは川崎市が土地の占有権を取得し、2015年に川崎市多摩川丸子橋硬式野球場として再オープンを果たしている)。多摩川緑地広場硬式野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 高木由一

    高木由一から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    2009年は二軍の湘南シーレックスチーフ兼打撃コーチを務めていたが、一軍監督の大矢明彦が5月18日限りで休養となり、シーレックス監督の田代富雄が一軍監督代行に昇格したことに伴い、シーレックス監督代行に就任しシーズン終了後まで務めた。高木由一 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球地域保護権

    プロ野球地域保護権から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    2008年5月29日の横浜(現:DeNA)主催の対ソフトバンク戦は、ソフトバンクの保護地域である福岡県内にあり、かつ1989年の本拠地移転以来、準フランチャイズとして主催公式戦を年間数試合開催している北九州市民球場で開催された。2005年にセ・パ交流戦が開始されて以来、交流戦が相手球団の保護地域で開催されたのはこれが初のケース。なお、DeNAは大洋時代に二軍の本拠地が一時期北九州市内にあり、下関時代や川崎時代初期なども北九州市内で頻繁に公式戦を行っていたことなどから北九州は下関同様横浜球団所縁の地である。北九州では通常のソフトバンク主催試合同様に横浜が三塁側、ソフトバンクが一塁側を使用した。また、2011年のオープン戦と2012年の交流戦でも同じカードが開催された。プロ野球地域保護権 フレッシュアイペディアより)

98件中 51 - 60件表示