98件中 61 - 70件表示
  • 天津ライオンズ

    天津ライオンズから見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズと業務提携を結んでおり、横浜DeNAベイスターズ \(ファーム\)へコーチや選手の派遣や、横浜DeNAベイスターズからのコーチの受け入れなどの交流が行われている。2010年シーズンは横浜から高木由一(一軍監督)、三浦正行(二軍監督)の両名が派遣された。天津ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中井町中央公園野球場

    中井町中央公園野球場から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    プロ野球・イースタン・リーグ(横浜DeNAベイスターズ主催試合)、首都大学野球、神奈川大学準硬式野球で使用される。中井町中央公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山準

    畠山準から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    より横浜の球団職員となる。頃までは時折テレビ神奈川の野球中継で解説を務める。、横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティ副理事長に就任。、業務部長補佐として湘南シーレックス担当責任者となる。現在は横浜DeNAベイスターズの野球振興部に在籍している。畠山準 フレッシュアイペディアより)

  • 白井一幸

    白井一幸から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    に横浜ベイスターズの二軍監督に就任し1、白井の駒大の先輩でもある中畑清が一軍監督に就任したに一軍内野守備走塁コーチに配置転換され、同年に退団した。、10月28日に日本ハムの内野守備走塁コーチ兼作戦担当に就任した事が発表された。白井一幸 フレッシュアイペディアより)

  • 西武第二球場

    西武第二球場から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    2008年から西武が本球場で使用するベンチが3塁側に変更されている。二軍のチームが本拠地で3塁側ベンチを使用するのは日本ハム、ロッテ、阪神、広島に続き5例目である。なお、西武は2009年から一軍も西武ドームで使用するベンチが3塁側になっている。余談だが、2010年からは中日の二軍も本拠地(ナゴヤ球場)で使用するベンチが3塁側に変更されている。その6年後には横浜DeNAの二軍も本拠地(横須賀スタジアム)で使用するベンチが3塁側に変更されている西武第二球場 フレッシュアイペディアより)

  • 井上純

    井上純から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    2006年10月16日に古巣の横浜ベイスターズ二軍、湘南シーレックスの外野守備走塁コーチに就任。背番号90。2010年からは一軍外野守備走塁コーチを務め、2011年は再び二軍外野守備走塁コーチを務めた。8月16日に行われたイースタン・リーグのロッテ戦で審判員に暴行したとして退場処分を受けた。2012年は一軍打撃コーチを務め打率リーグ最下位、得点5位と低迷し同年退団。2013年からは地元宮城で楽天イーグルスのベースボールスクールジュニアコーチに就任。2014年頃からJ SPORTSプロ野球中継の楽天主催試合(球団制作映像)の一部で同ジュニアコーチ複数名が解説者を兼任するようになり、井上も解説を行うことがある。東北放送ラジオの中継にも時折出演し解説をしている。井上純 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保秀昭

    大久保秀昭から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    1996年ドラフト6位指名で、近鉄バファローズに入団。既に27歳でプロ入りを危惧する声もあったが、大久保はプロ入りを決断。プロ入りしてすぐに右肩痛に悩まされ、一度も捕手として守ることなく、一軍出場は外野手としてのみ。途中から選手登録も外野手に変更された。1999年には代打の切り札として活躍するが、翌2000年には成績が下降し、チームが劇的な優勝に沸く2001年に戦力外通告を受けて現役を引退。2002年からは梨田昌孝監督の専属広報として活動。2004年からは湘南シーレックスの打撃コーチを務めた。大久保秀昭 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎正之

    山崎正之から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム) 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    卒業後の1961年に読売ジャイアンツへ入団。1年目から、先発・リリーフでフル回転した。一軍では40試合に登板、5月からは先発としても起用され、9勝を挙げた。巨人はV9時代の前で、エースの藤田元司が全盛期を過ぎていたなど、投手陣が手薄だったことも活躍につながった。しかし同年9月には故障もあって先発を外れ、南海ホークスとの日本シリーズにも登板できなかった。翌1962年は0勝に終わるが、5月27日のイースタン・リーグの対大洋ホエールズ戦では完全試合を達成している。山崎正之 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮悠介

    西宮悠介から見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    は、3月4日に行われた横浜DeNAベイスターズ \(ファーム\)との試合で、3回を無失点に抑えた。4年春は神奈川大学戦で完投(自責点0)、神奈川工科大学戦で完封するなど、3勝0敗・防御率0.50または0.74の成績で、ベストナインに選出された。4年秋は2勝1敗・防御率2.15の成績で、チームは神奈川大学野球秋季リーグ2位となり、第9回関東地区大学野球選手権大会に進出した。神奈川大学野球リーグでの通算成績は20勝11敗となった。一方で、9月3日までにプロ野球志望届を提出した。西宮悠介 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀スタジアム

    横須賀スタジアムから見た横浜DeNAベイスターズ (ファーム)横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横須賀スタジアム(よこすかスタジアム)は、神奈川県横須賀市の追浜公園内にある横須賀市立の野球場。プロ野球・横浜DeNAベイスターズが二軍の本拠地として使用している。指定管理者制度に基づき、一般財団法人シティサポートよこすか・横浜DeNAベイスターズ共同事業体が指定管理者として運営管理を行っている。横須賀スタジアム フレッシュアイペディアより)

98件中 61 - 70件表示