110件中 81 - 90件表示
  • 湘南

    湘南から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    プロ野球・横浜ベイスターズの二軍チーム湘南シーレックスの本拠地は横須賀である。湘南 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木主浩

    佐々木主浩から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    は年齢と度重なる怪我の影響で登板3試合連続サヨナラ負けを喫するなど打ち込まれ、8試合0勝3敗4セーブ防御率9.53の成績で二軍落ち。その後復帰を目指して調整を続けていたが調子は上がらず、またその間にマーク・クルーンが抑え役に台頭したこともあり、チームの戦力構想から外され、8月7日に現役引退を表明。「お袋の前で投げたい」との希望により、2日後の9日、故郷・仙台のフルキャストスタジアム宮城(現・クリネックススタジアム宮城)で行われた対巨人戦で事実上の引退登板。対戦相手は高校時代からのライバルで親友でもある清原和博であった(結果は3球三振)。佐々木は球団との契約を盾に湘南シーレックスのユニフォームを着用せず、イースタン・リーグでの調整登板もしていない状態であり、またチームがAクラス争いをしている最中ということから、横浜の牛島和彦監督はゲームに影響が出ないよう、普段は救援投手である秦裕二を先発させ、清原の第1打席で佐々木を投入。清原の打席後、あらためて本来の先発投手門倉健を登板させるという継投策を取った。この投手起用について牛島は試合前、巨人の堀内恒夫監督に「お騒がせして申し訳ない」と謝罪した。この引退登板については公式戦の私物化と批判する意見もあり、チーム内でも野村弘樹コーチと福田功ヘッドコーチ間で対立が生じた。佐々木主浩 フレッシュアイペディアより)

  • 金築麻衣

    金築麻衣から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    好きなプロ野球チームは横浜ベイスターズ。高校時代には湘南シーレックスの試合や日米野球を含めて年40試合ほど観戦したという。友人から「売り子やれば?」と言われたこともあったが、通っていた高校がアルバイト禁止だったため、その夢は叶わなかったとブログで述べている。また東海大学にある「FORZA」というソフトボールサークルに所属している。金築麻衣 フレッシュアイペディアより)

  • 相模原市立相模原球場

    相模原市立相模原球場から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    2009年よりイースタンリーグの横浜ベイスターズ二軍の準本拠地として、月1試合程度が開催されている。相模原市立相模原球場 フレッシュアイペディアより)

  • みんなが出るテレビ

    みんなが出るテレビから見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    これまでに松井千夏(スカッシュ)、川嶋勝重(プロボクサー)、五味隆典 (総合格闘家)、石川弘樹(トレイルランナー)、吉村裕基(横浜ベイスターズ。出演当時は湘南シーレックス)、我那覇和樹 (当時川崎フロンターレ。現・ヴィッセル神戸)、坂田大輔 (当時横浜F・マリノス。現・アリス・テッサロニキ)などが出演していた。みんなが出るテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市民球場

    北九州市民球場から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    だが、2005年11月、球場の管理・運営を行ってきた北九州野球株式会社が市から球場の指定管理者に指名され(詳細は後述)、公式戦の誘致を積極的に行ったことから、2006年シーズンは公式戦の開催数が3試合に増加した。一軍公式戦はほとんどが福岡ソフトバンク主催で行われている(2-3連戦のうちの1試合を割り当てる。大抵は平日3連戦の中日・水曜の試合が多い)が、二軍では読売ジャイアンツ・湘南シーレックスがイースタン公式戦、福岡ソフトバンクがウエスタン公式戦をそれぞれ年間1試合開催している。北九州市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 山下 大輔

    山下大輔から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    1996年 ファーム(現・湘南シーレックス)ヘッドコーチ就任。山下大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 牛島和彦

    牛島和彦から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    ロッテ時代は肘の故障の為、移籍した当初程の活躍は後年見せられなかったが、その間にプロ生活の中で培った経験や知識を若手投手陣に惜しげもなく教え、ナインからの信望が非常に厚かった。特に小宮山悟、伊良部秀輝をはじめとする投手陣には技術面・精神的共に絶対的な支えとなる。その事は後に長きに渡りテレビ・ラジオでの理論派解説の裏付けとなっている。また、1992年のロッテ入団以来、牛島を慕い続けている吉田篤史(現:湘南シーレックス投手コーチ)は、雑誌『週刊ベースボール』の選手名鑑の「野球生活の中での思い出のシーン」という設問に、自身が1993年に右肩を故障したことと「牛島さんの現役引退」を挙げ続けている。吉田は2004年に現役引退後、牛島の誘いを受けて横浜にコーチとして入閣。牛島の在任中はブルペン担当の投手コーチを務めた。牛島和彦 フレッシュアイペディアより)

  • YOKOHAMAベイスターズナイター

    YOKOHAMAベイスターズナイターから見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    横浜二軍の湘南シーレックスのイースタン・リーグの試合を放送(解説者なし、DJの栗原治久が実況)。2001年?2004年にかけて、横浜主催ゲームのない日に明治神宮野球場でのビジター中継を含めた中継がたまに放送されることがあった(録画中継もしばしばあり、日テレG+とは別放送だった。)。YOKOHAMAベイスターズナイター フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た横浜ベイスターズ (ファーム)横浜ベイスターズ (ファーム)

    イースタン・リーグ(日本ハム、楽天、西武、ロッテ、巨人、ヤクルト、横浜日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

110件中 81 - 90件表示

「湘南シーレックス」のニューストピックワード