64件中 21 - 30件表示
  • 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズ (ファーム)から見た米田慶三郎

    1993年 - 1996年 : 米田慶三郎横浜DeNAベイスターズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズ (ファーム)から見た下関市

    1950年頃 - 大洋ホエールズ創立とほぼ同時に二軍発足。「プロ野球二軍選手権」参加。この当時は下関市を本拠地としていた。横浜DeNAベイスターズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズ (ファーム)から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    準本拠地である平塚球場(神奈川県平塚市)で月2試合程度、サーティーフォー相模原球場(神奈川県相模原市)で月1試合程度、公式戦を行う。また、主として楽天戦やフューチャーズ戦をベイスターズ球場(神奈川県横須賀市)で開催している。本拠地以外の主催試合に関しては横浜DeNAベイスターズ主催試合の地方球場一覧を参照。横浜DeNAベイスターズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズ (ファーム)から見た北九州市

    元々は1949年暮れに発足した「大洋ホエールズ」(たいよう - )の二軍として一軍の創設と同時に誕生したとみられ、1950年のプロ野球二軍選手権に参加している。その後、1953年1月に一軍が松竹ロビンスと合併したのに伴い松竹の二軍と合併。1954年に新日本リーグに「洋松ジュニアロビンス」(ようしょう - )として参加、小倉市(現:北九州市)の小倉豊楽園球場を本拠地とする。しかし、松竹が同年末を以て球団経営から撤退したことから「大洋ジュニアホエールズ」に改称し、イースタン・リーグ(第1期)に参加。この際に川崎市へ移転し、長期間のリーグ中断を経て1961年よりイースタンリーグ(第2期)に参加した。横浜DeNAベイスターズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズ (ファーム)から見た大阪市

    1954年 - 新日本リーグに「洋松ジュニアロビンス」として参加。1軍は大阪市が本拠だったが、2軍は下関市と小倉市(現:北九州市)のダブルフランチャイズを採用。横浜DeNAベイスターズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズ (ファーム)から見た日本プロ野球

    横浜DeNAベイスターズ(よこはまDeNAベイスターズ、Yokohama DeNA BayStars)のファームは、日本のプロ野球球団・横浜DeNAベイスターズの下部組織として設置されているファームチームである。イースタン・リーグの球団のひとつ。2000年から2010年のシーズン終了までは「湘南シーレックス」(しょうなんシーレックス、Shonan Searex)という名称だった(詳細は後述)。横浜DeNAベイスターズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズ (ファーム)から見た湘南

    大洋多摩川グランド(1955年?1980年)、保土ヶ谷大洋球場(1980年?1986年、現:横浜FC LEOCトレーニングセンター)を経て、1986年に平塚球場を本拠地として以来、湘南地域をフランチャイズと位置づけ(実際は二軍には保護地域は無い)、1997年に横須賀スタジアムの改修工事が完了してからは横須賀と平塚の2球場を主に使用していた。横浜DeNAベイスターズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズ (ファーム)から見た湘南ベルマーレ

    同じ横須賀市を本拠地とする社会人チームの日産自動車(2009年休部)とは密接な関係があり、柳川事件以後初めてとなるプロアマ交流戦を2001年8月15日に行ったほか、毎年交流戦を行っていた。また、「湘南」を冠しているプロサッカークラブの湘南ベルマーレとも交流を深めており、合同トレーニングなどを実施することもある。横浜DeNAベイスターズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズ (ファーム)から見た三浦半島

    2000年1月1日、二軍の独立採算化と、一軍との差別化を目的に、ファームに独自の球団名を採用することとなり、チーム名は「海」を表す“Sea”と、ラテン語で「王」を意味する“Rex”を組み合わせた造語から「湘南シーレックス」と命名。球団旗も独自のデザインに変更したが、ベイスターズのものと同様に「REACH FOR THE STARS」のスローガンが入る。また、チームエンブレムは2本のバットに「三浦半島と相模湾を中心とした神奈川県湘南地域」を図案化したものとした。同時に球団内に「シーレックス事業部」を開設したが、シーレックス事業部は、地元を中心に独自のスポンサーを募るなど独立採算の道を探ってきたものの、毎年2億円前後の赤字を計上するなど採算割れを解消することができず、2004年に解散。球団業務部内の一部署となった。横浜DeNAベイスターズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ (ファーム)

    横浜DeNAベイスターズ (ファーム)から見た駄洒落

    練習嫌いでイタズラ好き。ズル賢い性格だが、何故か憎めないヤツ。ダジャレが得意。ポジションは左翼手。背番号07。横浜DeNAベイスターズ (ファーム) フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「湘南シーレックス」のニューストピックワード