41件中 21 - 30件表示
  • 湘南モノレール

    湘南モノレールから見た公共交通機関

    社会インフラシステムの販促を主目的として設立されつつも、半世紀近くが経過、結果として地域における重要な公共交通機関としての営業が主体となっているが、2015年(平成27年)の株式譲渡まで株主構成は設立当初からほとんど変わっておらず、三菱グループが9割以上の株を保有し、歴代社長も設立当初を除き三菱重工業出身者で占められていた。鉄道事業者の出資は京急と西武がわずかな割合を負担しただけで、京急が開業当初の人材派遣と、現在まで続く関連会社による車両メンテナンスの一部請け負い程度の役割をしていることに留まる。そもそも京急が出資している理由は江の島線がかつて京急の所有していた自動車専用道路「京浜急行線」のほぼ真上に敷設されているためである。湘南モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール

    湘南モノレールから見たモノレール

    懸垂式モノレール鉄道設備機器の導入・拡販のために、三菱重工業、三菱電機、三菱商事、京浜急行電鉄などが出資し、1966年(昭和41年)4月に設立した。湘南モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール

    湘南モノレールから見た保線

    なお、これらの車両に加えて保線点検用の専用車両を有する。湘南モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール

    湘南モノレールから見た京浜急行線

    社会インフラシステムの販促を主目的として設立されつつも、半世紀近くが経過、結果として地域における重要な公共交通機関としての営業が主体となっているが、2015年(平成27年)の株式譲渡まで株主構成は設立当初からほとんど変わっておらず、三菱グループが9割以上の株を保有し、歴代社長も設立当初を除き三菱重工業出身者で占められていた。鉄道事業者の出資は京急と西武がわずかな割合を負担しただけで、京急が開業当初の人材派遣と、現在まで続く関連会社による車両メンテナンスの一部請け負い程度の役割をしていることに留まる。そもそも京急が出資している理由は江の島線がかつて京急の所有していた自動車専用道路「京浜急行線」のほぼ真上に敷設されているためである。湘南モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール

    湘南モノレールから見た茂庭台団地

    江の島線開業当初には、会社規模に応じた沿線宅地開発やマンション(3棟)の建設を行ったほか、1975年(昭和50年)ごろには、仙台市営モノレール南西線構想のあった宮城県仙台市太白区の茂庭台で不動産開発を行うなどで、現地に不動産営業所を構えていたこともある。ただし現在不動産事業は縮小している。湘南モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール

    湘南モノレールから見た日本民営鉄道協会

    日本民営鉄道協会に、モノレール専業事業者としては唯一加盟している。湘南モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール

    湘南モノレールから見たシルバーアロー号湘南へ

    シルバーアロー号湘南へ - 湘南モノレールのテーマソング湘南モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール

    湘南モノレールから見た住居表示

    1月1日 - 住居表示の実施により、本社住所が東京都港区浜松町一丁目25番7号となる。湘南モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール

    湘南モノレールから見た湘南江の島駅

    1971年(昭和46年)7月1日 - 江の島線が全線開通(大船駅-湘南江の島駅間)湘南モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール

    湘南モノレールから見たメンテナンス

    社会インフラシステムの販促を主目的として設立されつつも、半世紀近くが経過、結果として地域における重要な公共交通機関としての営業が主体となっているが、2015年(平成27年)の株式譲渡まで株主構成は設立当初からほとんど変わっておらず、三菱グループが9割以上の株を保有し、歴代社長も設立当初を除き三菱重工業出身者で占められていた。鉄道事業者の出資は京急と西武がわずかな割合を負担しただけで、京急が開業当初の人材派遣と、現在まで続く関連会社による車両メンテナンスの一部請け負い程度の役割をしていることに留まる。そもそも京急が出資している理由は江の島線がかつて京急の所有していた自動車専用道路「京浜急行線」のほぼ真上に敷設されているためである。湘南モノレール フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「湘南モノレール」のニューストピックワード