前へ 1 次へ
8件中 1 - 8件表示
  • 倉本昌弘

    倉本昌弘から見た湯原信光湯原信光

    初めて憧れたゴルファーは史上最強のアマチュアゴルファー・中部銀次郎。崇徳高等学校時代には、全日本ジュニアチャンピオンになるなど「広島に倉本あり」と大いに名を馳せた。また小柄な体にパワーを付けるため、高校時代からアスレチックジムに通い、筋力トレーニングを取り入れた。アメリカの情報を仕入れ、当時からビタミンやタンパク質を摂取していたという。日大で同窓の湯原信光や牧野裕らが興味を持って彼らに摂取法を教えたと話している。「ポパイ」というあだ名は高校時代に付けられたもの。筋トレの先駆者である。ダンベルなど器具を使った筋トレは、アメリカへキャンプやトレーニングに行った一部の野球選手が1960年代から少しずつ始めたものと言われている。一般的に広まったのは、1976年に創刊された「POPEYE(ポパイ)」の筋トレ特集や、チーム全体で導入したと言われる1970年代後半の広岡ヤクルト、1980年代初めの高校野球・池田高校の活躍辺りからである。倉本は1970年代中頃からシステマティックに練習に取り入れていたと、1981年プロデビュー年の週刊誌のインタビューで話している。倉本昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 上前淳一郎

    上前淳一郎から見た湯原信光湯原信光

    倉本・湯原を育てた日大ゴルフの秘密 鉄拳監督は、いかに鍛えたか 光文社, 1982 (カッパ・ホームス)上前淳一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 羽川豊

    羽川豊から見た湯原信光湯原信光

    専修大学在学中に全日本大学学生リーグで優勝し、主将としてチームを率いた。1980年プロテスト合格。プロテストではダントツの−8で合格し、当時のプロテスト新記録を樹立した。翌81年には日本最高峰・日本のトップ大会である日本オープンで優勝。日本シリーズも制し、同年代である湯原信光や倉本昌弘と共に「ニューウェーブ三羽烏」と称された。翌1982年には前年の日本での活躍から、マスターズに招待される。ここでも15位と健闘し、アメリカの選手や関係者から「現役では最高のレフティだ」と絶賛された。羽川豊 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフネットワーク

    ゴルフネットワークから見た湯原信光湯原信光

    GN Weekly -ゴルフネットワークウィークリー-(キャスター:湯原信光、岩瀬恵子)ゴルフネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学櫻丘高等学校

    日本大学櫻丘高等学校から見た湯原信光湯原信光

    湯原信光 - プロゴルファー日本大学櫻丘高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年

    1957年から見た湯原信光湯原信光

    8月14日 - 湯原信光、プロゴルファー1957年 フレッシュアイペディアより)

  • 杉並区

    杉並区から見た湯原信光湯原信光

    湯原信光 - プロゴルファー杉並区 フレッシュアイペディアより)

  • 逸見政孝

    逸見政孝から見た湯原信光湯原信光

    ゴルフは元々「金持ちがやるもの」として興味を示さなかったが、後述の糖尿病発症をきっかけに始めてのめり込んでいった。その縁で、尾崎将司や湯原信光との交友を持つようになり、湯原とは「湯原・逸見のゴルフ苦楽部」という番組で共演した。「ゴルフ苦楽部」では毎月検定試験が行われ、逸見も毎回チャレンジしていたが、プレーに夢中になるあまり寡黙になってしまい、司会を忘れることもしばしばであった。逸見政孝 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
8件中 1 - 8件表示

「湯原信光」のニューストピックワード