前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示
  • 倉本昌弘

    倉本昌弘から見た湯原信光湯原信光

    崇徳高等学校時代には、全日本ジュニアチャンピオンになるなど「広島に倉本あり」と大いに名を馳せた。また小柄な体にパワーを付けるため、高校時代からアスレチックジムに通い、筋力トレーニングを取り入れた。アメリカの情報を仕入れ、当時からビタミンやタンパク質を摂取していたという。日大で同窓の湯原信光や牧野裕らが興味を持って彼らに摂取法を教えたと話している。「ポパイ」というあだ名は高校時代に付けられたもの。筋トレの先駆者である。ダンベルなど器具を使った筋トレは、アメリカにキャンプやトレーニングに行った一部の野球選手が1960年代から少しずつ始めたものと言われている。一般的に広まったのは、1976年に創刊された「POPEYE(ポパイ)」の筋トレ特集や、チーム全体で導入したと言われる1970年代後半の広岡達朗監督のヤクルトスワローズ、1980年代初めの高校野球・徳島県立池田高等学校の活躍辺りからである。倉本は1970年代中頃からシステマティックに練習に取り入れていたと、1981年プロデビュー年の週刊誌のインタビューで話している。倉本昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 上前淳一郎

    上前淳一郎から見た湯原信光湯原信光

    倉本・湯原を育てた日大ゴルフの秘密 鉄拳監督は、いかに鍛えたか 光文社, 1982 (カッパ・ホームス)上前淳一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 羽川豊

    羽川豊から見た湯原信光湯原信光

    1979年、専修大学在学中に日本学生ゴルフ選手権競技で優勝。主将としてチームを率いた。1980年プロテスト合格。プロテストではダントツの−8で合格し、当時のプロテスト新記録を樹立した。翌81年には日本最高峰・日本のトップ大会である日本オープンで優勝。日本シリーズも制し、同年代である湯原信光や倉本昌弘と共に「ニューウェーブ三羽烏」と称された。翌1982年には前年の日本での活躍から、マスターズに招待される。ここでも15位と健闘し、アメリカの選手や関係者から「現役では最高のレフティだ」と絶賛された。羽川豊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学櫻丘高等学校

    日本大学櫻丘高等学校から見た湯原信光湯原信光

    湯原信光 - プロゴルファー日本大学櫻丘高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年

    1957年から見た湯原信光湯原信光

    8月14日 - 湯原信光、プロゴルファー1957年 フレッシュアイペディアより)

  • 東京国際大学

    東京国際大学から見た湯原信光湯原信光

    ゴルフ部では、世界ゴルフ殿堂にも選出されたラリー・ネルソンを名誉監督として招くことを2009年6月に発表した。ネルソンは主にアメリカからネット経由で指導を行う方針としている。監督には当初丸山茂樹らのマネジメントを行ってきたことで知られる常住治秀(ハル常住)が就任したが、2010年10月に同大出身のプロゴルファーである並木弘道に交代した。また2010年には、坂戸キャンパスに専用の練習施設として「ラリー・ネルソン サイエンスラボラトリ」を新設した。2013年6月からは、現役プロゴルファーでもある湯原信光が監督に就任した。東京国際大学 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフネットワーク

    ゴルフネットワークから見た湯原信光湯原信光

    GN Weekly -ゴルフネットワークウィークリー-(キャスター:湯原信光、岩瀬恵子)ゴルフネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 杉並区

    杉並区から見た湯原信光湯原信光

    湯原信光 - プロゴルファー杉並区 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のテレビ (日本)

    1994年のテレビ (日本)から見た湯原信光湯原信光

    フジテレビ系の報道・情報番組が大改編。まず朝の情報番組『めざましテレビ』がスタート。初代司会者はNHKを退職したばかりの元同局アナウンサー大塚範一と同局の八木亜希子、向坂樹興両アナウンサー(2017年現在も継続中)。『おはよう!ナイスデイ』は司会にTBS系の朝の情報番組『ビッグモーニング』の司会を務めたタレントの生島ヒロシを迎え2時間番組として8時スタートとなってリニューアル。アシスタントは大林典子アナウンサーが3年ぶりに登板。『FNNスーパータイム』は『報道2001』のアシスタント・松山香織キャスターを迎え、6年ぶりにメインアンカーマンがフジテレビアナウンサーと元他局のアナウンサー体制となった。またスポーツコーナーは慶應義塾大学蹴球部監督に就任した元・2代目アンカーマンの上田昭夫(2015年没)と『プロ野球ニュース』から移動の中井美穂アナウンサーが担当。深夜の報道番組で平日に『ニュースJAPAN』がスタート、初代司会者は『スーパータイム』から移動の安藤優子と元NHKアナウンサー宮川俊二、ジャーナリスト木村太郎の3人( - 2015年3月)。新生『プロ野球ニュース』は福井謙二アナウンサーと志岐幸子が担当。休日には『スポーツWAVE』がスタート、土曜日司会者は元プロレスラーの高田延彦と元バドミントン選手の陣内貴美子、川端健嗣アナウンサーらが、日曜日司会者はプロゴルファーの湯原信光、元プロ野球選手で野球評論家の田尾安志、木幡美子アナウンサーらが担当( - 1995年3月)。松山が抜けた『報道2001』は共同テレビ所属のフリーアナウンサー・関戸めぐみが担当。これに伴い『ポンキッキーズ』が17時台に移行となった。1994年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示

「湯原信光」のニューストピックワード