源氏物語 ニュース&Wiki etc.

源氏物語(げんじものがたり)とは、平安時代中期に成立した日本の京都を舞台とした長編物語、小説である。文献初出は長保3年(1001年)で、このころには相当な部分までが成立していたと思われる。 (出典:Wikipedia)

「源氏物語」Q&A

  • Q&A

    和風や歴史系の小説教えてください! たけくらべ や 源氏物語 が好きです そんなか…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月1日 16:40

  • Q&A

    源氏物語 光源氏の誕生の一節です。 写真の一番下の 母北の方なむ・・・・もてなし給ひ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月29日 21:17

  • Q&A

    liebemuenchenerin_zweiteさん 数々の非礼、大変失礼いたしまし…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月29日 10:39

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「源氏物語」のつながり調べ

  • 帚木 (源氏物語)

    帚木 (源氏物語)から見た源氏物語

    「帚木」(ははきぎ)は、『源氏物語』五十四帖の巻名の一つ。「桐壺」に続く第2帖。巻名は作中で光源氏と空蝉が交わした和歌「帚木の心をしらでその原の道にあやなくまどひぬるかな」及び「数ならぬ伏屋に生ふる名のうさにあるにもあらず消ゆる帚木」に因む。本帖とそれに続く空蝉・夕顔の三帖をまとめて「帚木三帖」と呼ぶことがある。(帚木 (源氏物語) フレッシュアイペディアより)

  • パタリロ源氏物語!

    パタリロ源氏物語!から見た源氏物語

    『パタリロ!』のキャラクターを借用し、前作『パタリロ西遊記!』と同様にオリジナルの物語を展開したスピンオフ作品。日本の古典文学である『源氏物語』を原作としており、比較的原典に忠実に描いているが、源氏の裏のストーリーとして陰陽師たちの戦いがあったという設定を追加している。光源氏(バンコラン)を主役にし、オリジナルキャラクターである陰陽師・波多利郎(パタリロ)を狂言回しに配置している。なお、本作は魔夜峰央の漫画作品『アスタロト』とリンクしており、ベールゼブブやサルガナタスといった魔界の貴族たちも登場する。(パタリロ源氏物語! フレッシュアイペディアより)

「源氏物語」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「源氏物語」のニューストピックワード