源氏物語 ニュース&Wiki etc.

『源氏物語』(げんじものがたり)は、平安時代中期に成立した日本の長編物語、小説。文献初出は1008年(寛弘五年)。作者の紫式部にとって生涯で唯一の物語作品である。主人公の光源氏を通して、恋愛、栄光と没落、政治的欲望と権力闘争など、平安時代の貴族社会を描いた。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「源氏物語」のつながり調べ

  • 女二宮

    女二宮から見た源氏物語

    源氏物語』に登場する、朱雀帝の第二皇女。落葉の宮を参照。(女二宮 フレッシュアイペディアより)

  • 枕草子

    枕草子から見た源氏物語

    平仮名を中心とした和文で綴られ、総じて軽妙な筆致の短編が多いが、中関白家の没落と清少納言の仕えた中宮定子の身にふりかかった不幸を反映して、時にかすかな感傷が交じった心情の吐露もある。作者の洗練されたセンスと、事物への鋭い観察眼が融合して、『源氏物語』の心情的な「もののあはれ」に対し、知性的な「をかし」の美世界を現出させた。総じて簡潔な文で書かれ、一段の長さも短く、現代日本人にとっても読みやすい内容である。(枕草子 フレッシュアイペディアより)

「源氏物語」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「源氏物語」のニューストピックワード