前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1109件中 1 - 10件表示
  • 輝乃琴星

    輝乃琴星から見た源氏物語源氏物語

    4月7日?5月15日、宝塚大劇場「源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!」船の女、女房、女房・秋、ほか/客の女、極楽鳥、ほか輝乃琴星 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語系図

    源氏物語系図から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語』はおよそ500名余りの人物が登場する。更に以下の節で詳述する通り、人物の呼称は複雑であり、源氏物語を系統立って理解して読むためには登場人物を何らかの形で整理したものがどうしても必要になる。そのような必要性から源氏物語の登場人物を系図にして整理したものが古くから存在しており、「源氏物語系図」、「光源氏系図」、「源氏系図」などと呼ばれている。源氏物語系図 フレッシュアイペディアより)

  • もののまぎれ

    もののまぎれから見た源氏物語源氏物語

    もののまぎれとは、源氏物語に記された3つの事件で起こった事象を言い、中でも藤壺事件に伴う事象を言う。源氏物語において重要な概念とされ、時に「主題である」とされることもある語である。もののまぎれ フレッシュアイペディアより)

  • 与謝野晶子

    与謝野晶子から見た源氏物語源氏物語

    鳳志ようは、堺県堺区甲斐町西1丁(現在の大阪府堺市堺区甲斐町西1丁)で老舗和菓子屋「駿河屋」を営む、父・鳳宗七、母・津祢の三女として生まれた。家業は没落しかけており、3人目の女の子であったため両親から疎まれて育つ。実の兄にはのちに電気工学者となる鳳秀太郎がいた。9歳で漢学塾に入り、琴・三味線も習った。堺市立堺女学校(現・大阪府立泉陽高等学校)に入学すると『源氏物語』などを読み始め古典に親しんだ。また兄の影響を受け、「十二、三のころから、『柵草紙』(後には『めざまし草』)『文学界』や紅葉、露伴、一葉などの小説を読むのが一番の楽しみ」(『明星』1906年年5月)であった。与謝野晶子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語

    日本語から見た源氏物語源氏物語

    平安時代から、発音を簡便にするために単語の音を変える音便現象が少しずつ見られるようになった。「次(つ)ぎて」を「次いで」とするなどのイ音便、「詳(くは)しくす」を「詳しうす」とするなどのウ音便、「発(た)ちて」を「発って」とするなどの促音便、「飛びて」を「飛んで」とするなどの撥音便が現れた。『源氏物語』にも、「いみじく」を「いみじう」とするなどのウ音便が多く、また、少数ながら「苦しき」を「苦しい」とするなどのイ音便の例も見出される。鎌倉時代以降になると、音便は口語では盛んに用いられるようになった。日本語 フレッシュアイペディアより)

  • 竹馬抄

    竹馬抄から見た源氏物語源氏物語

    理想的人格への修養の仕方を論じている。以下大意==。普通源氏物語や枕草子などを通じてれ人のふるまい、心のよしあしを学び知ることが出来るが、その教養を自身につけるためには友人を選ぶことが大切で、教養の有る人を友とすべきである。仮名などを書いているのも、女のよく物を書く人に出会い教わったからである。和歌や連歌、蹴鞠をたしなんでいたのも、若い友達と競い合っていたから。楽器は親が熱心で、よくわからないままやっていたが、暇がなくなり中断した。その後そういう素養のある友人とも出会わず、志はむなしくなった。残念である。風流な人というのは、世の無常を観て、繊細にものの哀愁を感じて、礼儀正しく端正である。今の時代には風流人はいない。ただ若くて、盛りであるから、なんとなくよく見えるだけなのに、それだけを誇りにして、教養を得ようともせず、精神を修養しようともしない。こちらが恥ずかしくなるほど立派な人に出会ってしまえば、たちまち見劣りするというのに。教養、芸のたしなみのない人が年をとったら、狐狸が年をとったのと同じである。竹馬抄 フレッシュアイペディアより)

  • 水原央

    水原央から見た源氏物語源氏物語

    以後、上原まり琵琶語りCDシリーズ「源氏物語」のディレクターをつとめ、2005年4月現在4枚8話分のCDが発売されている。このシリーズは作家瀬戸内寂聴による現代語をベースにしている。水原央 フレッシュアイペディアより)

  • 暴れん坊少納言

    暴れん坊少納言から見た源氏物語源氏物語

    体育会系でキャリアウーマン肌であるが、紫式部の書いた源氏物語に憧れを抱き、やがては藤原斉信との逢い引きに発展するが……。暴れん坊少納言 フレッシュアイペディアより)

  • 古注

    古注から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語における古注においても本記事で詳しく述べる。古注 フレッシュアイペディアより)

  • 譜 (源氏物語)

    譜 (源氏物語)から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語における譜とは、源氏物語が成立して間もない時期に存在したとされる源氏物語に関連する何らかの書き物のことである。譜 (源氏物語) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1109件中 1 - 10件表示

「源氏物語」のニューストピックワード