1109件中 91 - 100件表示
  • 日本の中古文学史

    日本の中古文学史から見た源氏物語源氏物語

    漢詩・漢文が上代に引き続き栄え、特に『和漢朗詠集』でも多く採り上げられた白居易(白楽天)の影響は大きかった。『源氏物語』などの仮名の物語文学においても、「桐壺巻」などで白楽天の『長恨歌』との関係が強く認められる。また、政府の教育機関であった大学寮においても漢詩・漢文・歴史を教授した紀伝道の地位が上昇し、紀伝道の教授である文章博士から右大臣となった菅原道真は、政治家としてのみならず、優れた文学者としても知られている。日本の中古文学史 フレッシュアイペディアより)

  • 花散里

    花散里から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語の巻名のひとつ。第11帖。作中最も短い巻である。巻名は光源氏の詠んだ歌「橘の香をなつかしみほととぎす花散る里をたづねてぞとふ」に因む。花散里 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原彰子

    藤原彰子から見た源氏物語源氏物語

    藤原 彰子(ふじわら の しょうし(あきこ)、永延2年(988年) - 承保元年10月3日(1074年10月25日)は、第66代一条天皇の皇后(号は中宮)。第68代後一条天皇・第69代後朱雀天皇の生母(国母)、女院。院号を上東門院といい、のち大女院などとよばれた。女房に『源氏物語』の作者・紫式部、王朝有数の歌人・和泉式部、歌人で『栄花物語』正編の作者と伝えられる赤染衛門、同じく歌人の伊勢大輔などを従え、華麗な文芸サロンを形成した。藤原彰子 フレッシュアイペディアより)

  • 扇子

    扇子から見た源氏物語源氏物語

    その後平安時代の中頃までに、5本または6本の細い骨に紙を貼った蝙蝠扇(かはほりあふぎ)が夏の扇として現れる。これが現在一般に見られる扇の原型であるが、このころの紙貼りの扇は扇面の裏側に骨が露出する形式であった。平安時代には扇はあおぐという役割だけでなく、儀礼や贈答、コミュニケーションの道具としても用いられた。具体的には和歌を書いて贈ったり、花を載せて贈ったりしたことが、源氏物語など、多くの文学作品や歴史書に書かれている。このように扇は涼をとったりもてあそび物にされる一方で、時代が下るにつれ儀礼の道具としても重んじられ、公家や武家また一般庶民の別なく、日常や冠婚葬祭での持ち物のひとつとされた。扇子 フレッシュアイペディアより)

  • 須磨区

    須磨区から見た源氏物語源氏物語

    「須磨」の名は、『源氏物語』や治承・寿永の乱(源平合戦)の一ノ谷の戦いなどに見える。歴史に因んだ町名や、古くは溜池が多かったため池の付く町名も多い。須磨区 フレッシュアイペディアより)

  • 谷崎潤一郎

    谷崎潤一郎から見た源氏物語源氏物語

    1964年(昭和39年) 全米芸術院、米国文学アカデミー名誉会員。神奈川県湯河原町の新宅に転居(湘碧山房)。『潤一郎新々訳源氏物語』(口述筆記)を発表。谷崎潤一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢物語

    伊勢物語から見た源氏物語源氏物語

    書名の文献上の初見は『源氏物語』(絵合の巻)。古来諸説あるが、現在は、第69段の伊勢国を舞台としたエピソード(在原業平と想定される男が、伊勢斎宮と密通してしまう話)に由来するという説が最も有力視されている。その場合、この章段がこの作品の白眉であるからとする理解と、本来はこの章段が冒頭にあったからとする理解とがある。前者は、二条后や東下りなど他の有名章段ではなくこの章段が選ばれた必然性がいまひとつ説明できないし、後者は、そのような形態の本はむしろ書名に合わせるために後世の人間によって再編されたものではないかとの批判もあることから、最終的な決着はついていない。伊勢物語 フレッシュアイペディアより)

  • 後光明天皇

    後光明天皇から見た源氏物語源氏物語

    天皇は武芸を学ぶなど激烈で直情径行的な性格の持ち主であり、反幕府的な態度をとっていたともいわれるが、その反面で幼少から学問を好み、特に儒学や漢学を尊重して、これを奨励した。初め明経家の伏原賢忠から『周易』の伝授を受け、後に程朱学派に傾倒すると、二条康道の推薦で民間から朝山素心を招き入れて進講を受けている。慶安4年(1651年)9月には、儒者藤原惺窩の功績を称えてその文集に勅序を与えた。天皇が庶民の書に序文を賜うことは、これが最初という。また、漢詩文の詩作を好み、御集に『鳳啼集』がある。このような経学への傾倒に対し、和歌や『伊勢物語』・『源氏物語』などの古典を柔弱として斥ける風もあったが、在位中は朝儀復興に心を砕いており、正保3年(1646年)に神宮例幣の儀を再興した。釈奠や大学寮の復興、服制の改革をも意図していたというが、これらは崩御のために実現しなかった。後光明天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川美術館

    徳川美術館から見た源氏物語源氏物語

    3代将軍徳川家光の長女千代姫(当時2歳)が、尾張家2代藩主徳川光友に嫁いだ際の婚礼調度類。『源氏物語』の「初音」「胡蝶」の巻にちなんだ蒔絵を施した、棚、化粧道具、文房具、香道具などの一揃いである。室町時代以来、代々皇室、将軍、大名などの調度を手がけてきた蒔絵師・幸阿弥家の10代長重が寛永14年(1637年)から3年をかけて制作したものであることが知られ、当代最高の蒔絵師が、あらゆる技法を駆使して制作した名品である。 徳川美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 時代劇

    時代劇から見た源氏物語源氏物語

    平安時代もの:『源氏物語』『雨月物語』『山椒大夫』『恋や恋なすな恋』など時代劇 フレッシュアイペディアより)

1109件中 91 - 100件表示

「源氏物語」のニューストピックワード