1284件中 11 - 20件表示
  • 眉月凰

    眉月凰から見た源氏物語源氏物語

    2000年4月、「源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューディーズ!」 源氏(元服前)眉月凰 フレッシュアイペディアより)

  • 竹馬抄

    竹馬抄から見た源氏物語源氏物語

    理想的人格への修養の仕方を論じている。普通源氏物語や枕草子などを通じてれ人のふるまい、心のよしあしを学び知ることが出来るが、その教養を自身につけるためには友人を選ぶことが大切で、教養の有る人を友とすべきである。仮名などを書いているのも、女のよく物を書く人に出会い教わったからである。和歌や連歌、蹴鞠をたしなんでいたのも、若い友達と競い合っていたから。楽器は親が熱心で、よくわからないままやっていたが、暇がなくなり中断した。その後そういう素養のある友人とも出会わず、志はむなしくなった。残念である。風流な人というのは、世の無常を観て、繊細にものの哀愁を感じて、礼儀正しく端正である。今の時代には風流人はいない。ただ若くて、盛りであるから、なんとなくよく見えるだけなのに、それだけを誇りにして、教養を得ようともせず、精神を修養しようともしない。こちらが恥ずかしくなるほど立派な人に出会ってしまえば、たちまち見劣りするというのに。教養、芸のたしなみのない人が年をとったら、狐狸が年をとったのと同じである。竹馬抄 フレッシュアイペディアより)

  • 野宮神社

    野宮神社から見た源氏物語源氏物語

    野宮神社(ののみやじんじゃ)は、京都市右京区の嵯峨野にある神社である。天皇の代理として伊勢神宮に仕える斎王が伊勢に赴く前に身を清める場所であり、黒木鳥居と小柴垣に囲まれた清浄の地を選んで建てられた。その様子は源氏物語「賢木の巻」にも描かれている。野宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • 偐紫田舎源氏

    偐紫田舎源氏から見た源氏物語源氏物語

    『偐紫田舎源氏』(にせむらさきいなかげんじ)は、柳亭種彦の未完の長編合巻。挿絵は歌川国貞。文政12年(1829年) - 天保13年(1842年)刊。大当たりし、14年に渡って執筆し種彦の代表作となったが、作者の筆禍と死去により、第38編(152冊)までに終わった。ただし、第39編と第40編は、遺した稿本により1928年(昭和3年)に公刊された。通称『田舎源氏』。源氏物語を通俗的に翻案した小説で、「偐」は、「似せ」「偽」の意。偐紫田舎源氏 フレッシュアイペディアより)

  • 古注

    古注から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語』における古注においても本記事で詳しく述べる。古注 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た源氏物語源氏物語

    発祥は中国と考えられ、少なくとも2000年以上前から東アジアを中心に親しまれてきた。そうした文化・歴史の中で爛柯(らんか)をはじめとしたさまざまな別称を持つ()。日本でも平安時代から広く親しまれ、枕草子や源氏物語といった古典作品にも数多く登場する。戦国期には武将のたしなみでもあり、庶民にも広く普及した。江戸時代には家元四家を中心としたプロ組織もでき、興隆の時期を迎えた。明治以降も引き続き広く親しまれ、近年ではインターネットを経由して対戦するネット碁も盛んである。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 川端康成

    川端康成から見た源氏物語源氏物語

    1915年(大正4年)3月から、中学校の寄宿舎に入り、そこで生活を始めた康成は、寄宿舎の机の上には、美男子であった亡父・栄吉の写真の中でも最も美しい一枚を飾っていた。2級下の下級生には大宅壮一や小方庸正が在学していた。大宅と康成は、当時言葉を交わしたことはなかったが、大宅は『中学世界』や『少年世界』などの雑誌の有名投書家として少年たちの間でスターのような存在であったという。康成は、武者小路実篤などの白樺派や、上司小剣、江馬修、堀越亨生、谷崎潤一郎、野上彌生子、徳田秋声、ドストエフスキー、チェーホフ、『源氏物語』、『枕草子』などに親しみ、長田幹彦の描く祇園や鴨川の花柳文学にかぶれ、時々、一人で京都へ行き、夜遅くまで散策することもあった。川端康成 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸内寂聴

    瀬戸内寂聴から見た源氏物語源氏物語

    僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士(東京女子大学)。元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。代表作には『夏の終り』や『花に問え』『場所』など多数。1988年以降には『源氏物語』に関連する著作が多い。これまでの著作により多くの文学賞を受賞した。瀬戸内寂聴 フレッシュアイペディアより)

  • 物語

    物語から見た源氏物語源氏物語

    (狭義)上記の文学作品の中で、特に平安時代から室町時代までのもの。平安時代の『竹取物語』『宇津保物語』などの作り物語、『伊勢物語』『大和物語』などの歌物語を経て、『源氏物語』へと展開し、鎌倉時代における擬古物語に至るまでのものを指す。物語 フレッシュアイペディアより)

  • 板戸

    板戸から見た源氏物語源氏物語

    という表現で、『竹取物語』が歴史的に最初の物語文学である事が、『源氏物語』の中に語られている。『竹取物語』は、作者不詳で成立年代も未詳だが、900年頃より以前の成立とされている。『竹取物語』は、その形態は求婚物語であるが、その事は措く。板戸 フレッシュアイペディアより)

1284件中 11 - 20件表示

「源氏物語」のニューストピックワード