1109件中 21 - 30件表示
  • 杉山公平

    杉山公平から見た源氏物語源氏物語

    1951年(昭和26年)、吉村公三郎監督の『源氏物語』で第5回カンヌ国際映画祭撮影賞を受賞する。1954年(昭和29年)、杉山が撮影技師を務めた衣笠貞之助監督の『地獄門』は、第7回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞、アカデミー賞名誉賞も受賞した。同作は、日本初のイーストマンカラー作品であった。杉山公平 フレッシュアイペディアより)

  • 弘徽殿

    弘徽殿から見た源氏物語源氏物語

    清涼殿に近く、後宮で最も格の高い殿舎であり、皇后・中宮・女御などが居住した。清涼殿の北、登華殿の南。西庇は細殿と呼ばれ、『源氏物語』では光源氏と朧月夜がここで出会ったとされる。弘徽殿 フレッシュアイペディアより)

  • 花屋抄

    花屋抄から見た源氏物語源氏物語

    花屋抄(かおくしょう)とは、慶福院花屋玉栄による源氏物語の注釈書。「源氏花屋抄」(げんじかおくしょう)あるいは「源氏物語花屋抄」(げんじものがたりかおくしょう)とも呼ばれる。花屋抄 フレッシュアイペディアより)

  • 十帖源氏

    十帖源氏から見た源氏物語源氏物語

    十帖源氏(じゅうじょうげんじ)とは、江戸時代初期に成立した源氏物語の絵入りの梗概書のこと。十帖源氏 フレッシュアイペディアより)

  • 北野本源氏釈

    北野本源氏釈から見た源氏物語源氏物語

    北野本源氏釈(きたのほんげんじしゃく)とは、源氏物語の注釈書「源氏釈」の写本の一つ。九曜文庫本(源氏釈)とも呼ばれる。過去には「末摘花・紅葉賀断簡」などとも呼ばれていた。北野本源氏釈 フレッシュアイペディアより)

  • 女二宮

    女二宮から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語』に登場する、朱雀帝の第二皇女。落葉の宮を参照。女二宮 フレッシュアイペディアより)

  • 定家小本

    定家小本から見た源氏物語源氏物語

    定家小本(ていかこほん)とは、藤原定家が著した和歌や源氏物語の解釈等に関する覚え書きからなる小冊子である。定家小本 フレッシュアイペディアより)

  • 草野旦

    草野旦から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語 あさきゆめみし』(花組・2000年)草野旦 フレッシュアイペディアより)

  • 多屋頼俊

    多屋頼俊から見た源氏物語源氏物語

    仏教的な見地から『源氏物語』を研究し、「源氏物語の思想」として世に問う。和讃の定義を初めてした学者で、現在までこの定義は生きている。真宗の僧として最高の学階講師に任じられた。多屋頼俊 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏外伝

    源氏外伝から見た源氏物語源氏物語

    源氏外伝(げんじがいでん)とは、江戸時代前期の儒学者である熊沢蕃山による源氏物語の注釈書。源氏外伝 フレッシュアイペディアより)

1109件中 21 - 30件表示

「源氏物語」のニューストピックワード