1109件中 41 - 50件表示
  • 仮名遣い

    仮名遣いから見た源氏物語源氏物語

    規範としての仮名遣いは、鎌倉時代に藤原定家が行ったものが最初である。しかしこれは社会全体に広まったものではなかった。社会全体で統一的な仮名遣いが行われるようになるのは明治になってからである。戦後の国語改革で「現代かなづかい」が公布され、こちらを俗に「新仮名遣い」と呼び、戦前の仮名遣いを「旧仮名遣い」または「歴史的仮名遣い」と呼ぶことがある。「現代かなづかい」公布後40年してその改訂版「現代仮名遣い」が公布され、現在に至る。現在、歴史的仮名遣いは古典の文章や俳句・短歌などの表記に用いられる。しかし万葉集や源氏物語の時代から戦前まで一貫して歴史的仮名遣いが用いられてきたわけではなく、歴史的仮名遣いは17世紀末以降、学問的に作られたものである。むしろ古典が歴史的仮名遣いで書かれるようになったのは近代に入ってからという見方もある。仮名遣い フレッシュアイペディアより)

  • 角田文衞

    角田文衞から見た源氏物語源氏物語

    『承香殿の女御?復原された源氏物語の世界』 中公新書、1963年。角田文衞 フレッシュアイペディアより)

  • 神田龍身

    神田龍身から見た源氏物語源氏物語

    山梨県生まれ。学習院中等科、学習院高等科、早稲田大学第一文学部卒業。早稲田大学大学院文学研究科修了。静岡大学教授を経て、2000年4月より学習院大学文学部日本語日本文学科教授。2010年4月より学習院大学文学部長。平安朝、中世文学専攻。『源氏物語』から中世物語に至る、セクシュアリティーを鍵とした研究で知られている。神田龍身 フレッシュアイペディアより)

  • 本の巻・並びの巻

    本の巻・並びの巻から見た源氏物語源氏物語

    本の巻(ほんのまき)、並びの巻(ならびのまき)とは、平安時代の王朝物語の中の複数巻にわたる作品に見られることがある、巻の分類・関係である。代表的な王朝物語である『源氏物語』のほか『宇津保物語』、『浜松中納言物語』などに見られる。並びの巻を単に並び(ならび)と呼ぶこともある。本の巻・並びの巻 フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・コンラド

    ニコライ・コンラドから見た源氏物語源氏物語

    日本から帰国した直後1920年代から1930年代半ばにかけて、日本の文藝作品を旺盛に翻訳した。たとえば、方丈記(1921年)、伊勢物語(同)、源氏物語「空蝉」(1924年)、同「夕顔」(1925年)、同「雨夜の品定め」(1927年)、平家物語(1927年)といった古典や、岡鬼太郎の戯曲(1926年)、谷崎潤一郎「痴人の愛」(1928年)、夏目漱石「こゝろ」(1935年)といった近代文学である。源氏物語の外国人による翻訳に関して、コンラドの露訳は、1925年の英訳に先行している。ニコライ・コンラド フレッシュアイペディアより)

  • 甲南女子大学

    甲南女子大学から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語の研究が最も有名である。甲南女子大学 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏供養

    源氏供養から見た源氏物語源氏物語

    源氏供養(げんじくよう)とは、源氏物語およびその作者紫式部を供養するという、日本の中世に見られた文化である。源氏供養 フレッシュアイペディアより)

  • 源光行

    源光行から見た源氏物語源氏物語

    源 光行(みなもと の みつゆき)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての政治家・文学者・歌人。源氏物語の研究者であり、河内方の創始者に位置付けられる。源光行 フレッシュアイペディアより)

  • 高木和子

    高木和子から見た源氏物語源氏物語

    兵庫県生まれ。1988年、東京大学文学部国文科卒。1998年、同大学院博士課程修了、「源氏物語論 主題と表現」で文学博士。同年、関西学院大学文学部専任講師、のち助教授。2007年、准教授。2011年、教授。「源氏物語」を中心に日本古代文学を研究している。2002年、『源氏物語の思考』で紫式部学術賞受賞。高木和子 フレッシュアイペディアより)

  • 涼葉らんの

    涼葉らんのから見た源氏物語源氏物語

    2000年4月7日?5月15日、宝塚大劇場「源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!」涼葉らんの フレッシュアイペディアより)

1109件中 41 - 50件表示

「源氏物語」のニューストピックワード