1109件中 51 - 60件表示
  • 隼颯希

    隼颯希から見た源氏物語源氏物語

    2000年4月7日?5月15日、宝塚大劇場「源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!」役替わり:光源氏(子供)(本役:彩風蘭)隼颯希 フレッシュアイペディアより)

  • 旧注

    旧注から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語の注釈における区分の一つのこと。本項で詳述。旧注 フレッシュアイペディアより)

  • 新注

    新注から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語の注釈における区分の一つのこと。本項で詳述。新注 フレッシュアイペディアより)

  • 六条院

    六条院から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語』に登場する架空の建築物。後述。六条院 フレッシュアイペディアより)

  • 望月理世

    望月理世から見た源氏物語源氏物語

    2001年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』冷泉帝(子供)/『ザ・ビューディーズ!』(全国ツアー)望月理世 フレッシュアイペディアより)

  • 琴

    から見た源氏物語源氏物語

    和琴とは別に、奈良時代に渡来した「琴」(きんのこと)は中国宮廷内の祭祀にまつわる楽器として、弦楽器(古代日本では、人間が息を吹き込まねば演奏できない管楽器よりも高尚なものとされた。当時弦楽器はすべて「○○のこと」と呼び習わされる)の中でも重要視されていたらしい。平安時代の『うつほ物語』では琴の伝授が物語の主軸の一つであり、また『源氏物語』にも登場するが、醍醐天皇?村上天皇の治世がモデルと推測される作中世界においても「琴のこと」の奏者は少数しか登場しないなど、早くに廃れていたことが解る。ちなみに源氏物語に登場する奏者は、主人公で臣籍降下した皇子光源氏やその弟の蛍兵部卿宮・宇治八の宮、また源氏の妻の内親王女三宮とその子薫、常陸宮の娘末摘花、明石の御方(母が中務宮の孫)など、多くが皇族または皇室に深いかかわりを持つ人物である。 フレッシュアイペディアより)

  • 弘徽殿女御

    弘徽殿女御から見た源氏物語源氏物語

    弘徽殿女御(こきでんのにょうご)は、物語に登場する、本名のわからない架空の皇妃の便宜上の名称。代表的な例として、『源氏物語』に登場する人物が2人いる。弘徽殿女御 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏名

    源氏名から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語にちなんで付けられた名前のこと。歴史的な用法。本項での主な解説対象。源氏名 フレッシュアイペディアより)

  • 島内景二

    島内景二から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語』を中心とする中古文学が専門だが、話型学という方法を用い、ミヒャエル・エンデや『宮本武蔵』、夏目漱石、森鴎外なども論じ、2002年頃から文芸評論家を名乗る。塚本邦雄に師事した歌人でもある。妻も中世文学専攻の島内裕子。島内景二 フレッシュアイペディアより)

  • 手習い

    手習いから見た源氏物語源氏物語

    ただし手習いは、文字を書く練習をすることから転じて手すさびに文字を書き付けることも称した。『源氏物語』の「手習」の巻には横川の僧都に助けられた浮舟が、鬱屈した気持ちを紛らわそうと和歌を「てならひ」として書き記す場面がある。手習い フレッシュアイペディアより)

1109件中 51 - 60件表示

「源氏物語」のニューストピックワード