1284件中 61 - 70件表示
  • 日本文学

    日本文学から見た源氏物語源氏物語

    日本文学の歴史は極めて永く、古くは7世紀までさかのぼる。同一言語・同一国家の文学が1400年近くにわたって書き続けられ読み続けられることは世界的に類例が少ない。1000年頃に紫式部によって書かれた『源氏物語』は世界的に知られ、近世の松尾芭蕉も現在の俳句ブームにより広く知られている。近代以降の日本文学においても、夏目漱石・谷崎潤一郎などが世界的に高い評価を受けており、これまで2名のノーベル文学賞受賞者(川端康成・大江健三郎)を出している。日本文学 フレッシュアイペディアより)

  • 別人説

    別人説から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語の一部が別人の著作だとの説がある。光源氏死後の第3部(宇治十帖)の作者が異なる(例えば紫式部の娘である大弐三位)という説が代表的。源氏物語を参照。別人説 フレッシュアイペディアより)

  • 高木和子

    高木和子から見た源氏物語源氏物語

    兵庫県生まれ。1988年東京大学文学部国文科卒。1998年同大学院博士課程修了、「源氏物語論 主題と表現」で文学博士。同年、関西学院大学文学部専任講師、のち助教授。2007年准教授。2011年教授。2013年東大人文社会系研究科准教授(国文学)、2017年教授。「源氏物語」を中心に日本古代文学を研究している。2002年、『源氏物語の思考』で紫式部学術賞受賞。高木和子 フレッシュアイペディアより)

  • 楓沙樹

    楓沙樹から見た源氏物語源氏物語

    2000年4月、「源氏物語あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ」朱雀帝楓沙樹 フレッシュアイペディアより)

  • 浜松中納言物語

    浜松中納言物語から見た源氏物語源氏物語

    『浜松中納言物語』(はままつちゅうなごんものがたり)は、平安時代後期に成立した『源氏物語』の大きな影響が認められる後期王朝物語の一つである。浜松中納言物語 フレッシュアイペディアより)

  • 望月理世

    望月理世から見た源氏物語源氏物語

    2001年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』冷泉帝(子供)/『ザ・ビューディーズ!』(全国ツアー)望月理世 フレッシュアイペディアより)

  • 初音 (源氏物語)

    初音 (源氏物語)から見た源氏物語源氏物語

    「初音」(はつね)は、『源氏物語』五十四帖の巻名のひとつ。第23帖。玉鬘十帖の第2帖。巻名は明石の御方が明石の姫君に送った和歌「年月を松にひかれて経る人に今日鴬の初音聞かせよ」に因む。初音 (源氏物語) フレッシュアイペディアより)

  • 美しい日本の私―その序説

    美しい日本の私―その序説から見た源氏物語源氏物語

    『美しい日本の私―その序説』は、道元などの僧の和歌を引用解釈しながら、〈雪月花〉に象徴される日本美の伝統、こまやかな美意識、万有が自在に通う空、無涯無辺、無尽蔵の心の宇宙などの世界観のありようが、流麗な文章でとらえている。有無相通じる融道無磁の〈無〉の心が、〈一輪の花は百輪の花よりも花やかさを思はせる〉という美の秘密を成立させている趣旨に、スウェーデン・アカデミーの聴衆は深い感銘を受けた。文章内に川端の付けた小見出しはないが、朝日新聞では紙面に講演録を記載するにあたり、「雪月花に美の感動」、「『無』は心の宇宙」、「美の糧『源氏物語』」というおおまかな三段階の小見出しを付けている。美しい日本の私―その序説 フレッシュアイペディアより)

  • 女三宮

    女三宮から見た源氏物語源氏物語

    物語に登場する、本名のわからない架空の第三皇女の便宜上の名称。代表的な例として、『源氏物語』に登場する内親王が3人いる。女三宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊井春樹

    伊井春樹から見た源氏物語源氏物語

    愛媛県生まれ。1964年愛媛大学教育学部卒、1968年広島大学大学院国文学博士課程中退、愛媛大学教育学部助手、1969年講師、1970年助教授、1973年国文学研究資料館文献資料部助教授、1982年「源氏物語注釈史の研究 室町前期」で広島大文学博士、1984年大阪大学文学部助教授、1995年教授、2004年定年退官、名誉教授、国士舘大学文学部教授、2005年国文学研究資料館長、2010年退任。現在は逸翁美術館館長。文部科学省国立大学法人評価委員会委員(第四期)。伊井春樹 フレッシュアイペディアより)

1284件中 61 - 70件表示

「源氏物語」のニューストピックワード