1109件中 61 - 70件表示
  • 葵祭

    葵祭から見た源氏物語源氏物語

    葵の花を飾った平安後期の装束での行列が有名。斎王代が主役と思われがちだが祭りの主役は勅使代である。源氏物語中、光源氏が勅使を勤める場面が印象的である。大気の不安定な時期に行なわれ、にわか雨に濡れることが多い。1995年(平成7年)は雨天で中止になった(第二次世界大戦後初)。葵祭 フレッシュアイペディアより)

  • 野口武彦

    野口武彦から見た源氏物語源氏物語

    1956年東京都立戸山高等学校を経て、1962年早稲田大学第一文学部を卒業。早大時代は全国学生自治会連絡会議(全自連)のリーダーであった。その後東京大学文学部卒業、東大大学院博士課程中退。神戸大学文学部助教授、教授、2002年定年退官、名誉教授。ハーバード大学客員研究員、プリンストン大学客員教授を務める。1973年、『谷崎潤一郎論』で亀井勝一郎賞、1980年、『江戸の歴史家』でサントリー学芸賞、1986年、『「源氏物語」を江戸から読む』で芸術選奨文部大臣賞、1992年、『江戸の兵学思想』で和辻哲郎文化賞、2003年、『幕末気分』で読売文学賞受賞。野口武彦 フレッシュアイペディアより)

  • 斎宮歴史博物館

    斎宮歴史博物館から見た源氏物語源氏物語

    伊勢物語、源氏物語、三十六歌仙の絵巻、屏風、古地図等。斎宮歴史博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 帚木

    帚木から見た源氏物語源氏物語

    帚木 (源氏物語)(ははきぎ) - 『源氏物語』五十四帖の巻の一つ。第2帖。貴人たちの女性談義「雨夜の品定め」があることで知られる。帚木 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語年立

    源氏物語年立から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語年立(「げんじものがたりとしだて」または「げんじものがたりとしだち」)または単に年立(としだて/としだち)とは、源氏物語の作品世界内における出来事を主人公の年齢を基準にして時間的に順を追って記したものをいう。第一部および第二部では光源氏、第三部では薫を基準とする。源氏物語年立 フレッシュアイペディアより)

  • パタリロ源氏物語!

    パタリロ源氏物語!から見た源氏物語源氏物語

    『パタリロ!』のキャラクターを借用し、前作『パタリロ西遊記!』と同様にオリジナルの物語を展開したスピンオフ作品。日本の古典文学である『源氏物語』を原作としており、比較的原典に忠実に描いているが、源氏の裏のストーリーとして陰陽師たちの戦いがあったという設定を追加している。光源氏(バンコラン)を主役にし、オリジナルキャラクターである陰陽師・波多利郎(パタリロ)を狂言回しに配置している。なお、本作は魔夜峰央の漫画作品『アスタロト』とリンクしており、ベールゼブブやサルガナタスといった魔界の貴族たちも登場する。パタリロ源氏物語! フレッシュアイペディアより)

  • MANGAオールマン

    MANGAオールマンから見た源氏物語 (漫画)源氏物語

    2002年No.15で休刊。休刊の際に「監査役野崎修平」・「戦海の剣」・「P女子寮のネコ」・「俺の空」は『ビジネスジャンプ』に、「江戸前鮨職人きららの仕事」は『スーパージャンプ』に、「源氏物語」は『ウルトラジャンプ』にそれぞれ移籍している。MANGAオールマン フレッシュアイペディアより)

  • 巣守

    巣守から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語の古注釈、梗概書、巻名目録や源氏物語古系図などの一部に現れるかつて存在したが今は内容が失われてしまったと考えられている源氏物語の巻名。「巣もり」、「すもり」、「住守」などと表記されることもある。下記の雲隠六帖の中の巣守と区別するとき「古本巣守」と呼ばれることもある。巣守 フレッシュアイペディアより)

  • 巣守三位

    巣守三位から見た源氏物語源氏物語

    巣守三位(すもりのさんみ)とは、源氏物語に登場する架空の人物。巣守三位 フレッシュアイペディアより)

  • 簪

    から見た源氏物語源氏物語

    一方、和語「かんざし」はそもそも「髪挿し」に由来するとされ、上古の人々が神を招く際に頭に飾る草花が起源であったという。ただし、花を飾ったことから花を挿す=花挿し(かざし)が変化したものという説もある。『源氏物語』「紅葉の賀」で光源氏が白菊を冠に飾った場面で、当時の「かんざし」の様子が見ることが出来る。この習俗は現代でも葵祭の「葵のかざし」に残る。 フレッシュアイペディアより)

1109件中 61 - 70件表示

「源氏物語」のニューストピックワード