1284件中 71 - 80件表示
  • パタリロ源氏物語!

    パタリロ源氏物語!から見た源氏物語源氏物語

    『パタリロ!』のキャラクターを借用し、前作『パタリロ西遊記!』と同様にオリジナルの物語を展開したスピンオフ作品。日本の古典文学である『源氏物語』を原作としており、比較的原典に忠実に描いているが、源氏の裏のストーリーとして陰陽師たちの戦いがあったという設定を追加している。光源氏(バンコラン)を主役にし、オリジナルキャラクターである陰陽師・波多利郎(パタリロ)を狂言回しに配置している。なお、本作は魔夜峰央の漫画作品『アスタロト』とリンクしており、ベールゼブブやサルガナタスといった魔界の貴族たちも登場する。パタリロ源氏物語! フレッシュアイペディアより)

  • 弘徽殿

    弘徽殿から見た源氏物語源氏物語

    清涼殿に近く、後宮で最も格の高い殿舎であり、皇后・中宮・女御などが居住した。清涼殿の北、登華殿の南。西庇は細殿と呼ばれる女房らの居室空間で、『源氏物語』では光源氏と朧月夜がここで出逢ったことになっている。細殿は簀子がなく直に遣り戸から入れる構造になっており、清涼殿に出勤する男性官人の通路に面した弘徽殿や登華殿の細殿は男女の接点となる開放的な空間だった。弘徽殿 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語 (1951年の映画)

    源氏物語 (1951年の映画)から見た源氏物語源氏物語

    大映の創立10周年記念映画として、豪華出演者・スタッフで製作した大作映画。紫式部の『源氏物語』の初の映像化作品であり、本作では、桐壺の死と光源氏の幼少期をプロローグとし、26歳頃の源氏を中心とした1年半の物語を描いている。配収は1億4105万円で、1951年度の邦画配収ランキング第1位となった。第25回キネマ旬報ベスト・テン第7位、第5回カンヌ国際映画祭撮影賞受賞。源氏物語 (1951年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 草野旦

    草野旦から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語 あさきゆめみし』(花組・2000年)草野旦 フレッシュアイペディアより)

  • わび・さび

    わび・さびから見た源氏物語源氏物語

    源氏物語〔1001〜14頃〕帚木「にはかにとわぶれど、人も聞き入れず」わび・さび フレッシュアイペディアより)

  • 久保朝孝

    久保朝孝から見た源氏物語源氏物語

    久保 朝孝(くぼ ともたか、1950年 - )は、日本の中古文学研究者。宮城県生まれ。愛知淑徳大学教授。平安時代の女流日記文学、物語文学及び女流作家の伝記研究を中心課題とする。特に紫式部の著作『源氏物語』『紫式部日記』『紫式部集』及びその伝記を主な対象とする。久保朝孝 フレッシュアイペディアより)

  • 隼颯希

    隼颯希から見た源氏物語源氏物語

    2000年4月7日〜5月15日、宝塚大劇場「源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!」役替わり:光源氏(子供)(本役:彩風蘭)隼颯希 フレッシュアイペディアより)

  • 本の巻・並びの巻

    本の巻・並びの巻から見た源氏物語源氏物語

    本の巻(ほんのまき)、並びの巻(ならびのまき)は、平安時代の王朝物語の中の複数巻にわたる作品に見られることがある、巻の分類・関係である。代表的な王朝物語である『源氏物語』のほか『うつほ物語』、『浜松中納言物語』などに見られる。並びの巻を単に並び(ならび)と呼ぶこともある。本の巻・並びの巻 フレッシュアイペディアより)

  • 日本古典文学大系

    日本古典文学大系から見た源氏物語源氏物語

    「旧大系」は今日大半が絶版だが、旧大系にあって新大系に入っていない書目のいくつかは、1990年代になって「日本古典文学大系 新装版」で再刊された。『日本書紀』、『源氏物語』などいくつかの書目は岩波文庫に編入している(ただし、文庫収録のものは校異・注釈・解説などが一部省略されている)。日本古典文学大系 フレッシュアイペディアより)

  • 豊饒の海

    豊饒の海から見た源氏物語源氏物語

    川端康成は、『春の雪』『奔馬』を読み、「奇蹟に打たれたやうに」感動、驚喜して、『源氏物語』以来の日本小説の名作と思ったとし、以下のように高評価している。豊饒の海 フレッシュアイペディアより)

1284件中 71 - 80件表示

「源氏物語」のニューストピックワード