1284件中 81 - 90件表示
  • 九条家本源氏物語聞書

    九条家本源氏物語聞書から見た源氏物語源氏物語

    『九条家本源氏物語聞書』(くじょうけほんげんじものがたりききがき)は、『源氏物語』の注釈書である。九条家本源氏物語聞書 フレッシュアイペディアより)

  • 仮名遣い

    仮名遣いから見た源氏物語源氏物語

    規範としての仮名遣いは、鎌倉時代に藤原定家が行ったものが最初である。しかしこれは社会全体に広まったものではなかった。社会全体で統一的な仮名遣いが行われるようになるのは明治になってからである。戦後の国語改革で「現代かなづかい」が公布され、こちらを俗に「新仮名遣い」と呼び、戦前の仮名遣いを「旧仮名遣い」または「歴史的仮名遣い」と呼ぶことがある。「現代かなづかい」公布後40年してその改訂版「現代仮名遣い」が公布され、現在に至る。現在、歴史的仮名遣いは古典の文章や俳句・短歌などの表記に用いられる。しかし万葉集や源氏物語の時代から戦前まで一貫して歴史的仮名遣いが用いられてきたわけではなく、歴史的仮名遣いは17世紀末以降、学問的に作られたものである。むしろ古典が歴史的仮名遣いで書かれるようになったのは近代に入ってからという見方もある。仮名遣い フレッシュアイペディアより)

  • 近代能楽集

    近代能楽集から見た源氏物語源氏物語

    ※ 榊原政常作『しんしゃく源氏物語』と併演。近代能楽集 フレッシュアイペディアより)

  • 旧注

    旧注から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語』の注釈における区分の一つのこと。本項で詳述。旧注 フレッシュアイペディアより)

  • 新注

    新注から見た源氏物語源氏物語

    源氏物語』の注釈における区分の一つのこと。本項で詳述。新注 フレッシュアイペディアより)

  • 花屋抄

    花屋抄から見た源氏物語源氏物語

    『花屋抄』(かおくしょう)とは、慶福院花屋玉栄による『源氏物語』の注釈書。『源氏花屋抄(げんじかおくしょう)』あるいは『源氏物語花屋抄(げんじものがたりかおくしょう)』とも呼ばれる。花屋抄 フレッシュアイペディアより)

  • 北野本源氏釈

    北野本源氏釈から見た源氏物語源氏物語

    北野本源氏釈(きたのほんげんじしゃく)とは、『源氏物語』の注釈書『源氏釈』の写本の一つ。九曜文庫本(『源氏釈』)とも呼ばれる。過去には「末摘花・紅葉賀断簡」などとも呼ばれていた。北野本源氏釈 フレッシュアイペディアより)

  • 青海波

    青海波から見た源氏物語源氏物語

    二人の楽人がゆったりと袖を振りながら舞う非常に優美な舞で、源氏物語紅葉賀の場面に取り上げられたことで有名。青海波 フレッシュアイペディアより)

  • 絵巻物

    絵巻物から見た源氏物語源氏物語

    物語絵巻は、『枕草子』『伊勢物語』『源氏物語』『宇治拾遺物語』などを、独特の表現で描写し、特に『源氏物語絵巻』は、濃厚な色彩で貴族の生活を描き、家屋は屋根を省略した吹抜屋台で描かれていて、当時の住居の状況や建具の使用状況などが一望できる。絵巻物 フレッシュアイペディアより)

  • 定家小本

    定家小本から見た源氏物語源氏物語

    『定家小本』(ていかこほん)とは、藤原定家が著した和歌や『源氏物語』の解釈などに関する覚え書きからなる小冊子である。定家小本 フレッシュアイペディアより)

1284件中 81 - 90件表示

「源氏物語」のニューストピックワード