前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
597件中 1 - 10件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た谷崎潤一郎

    谷崎潤一郎も生涯に3度現代語訳を試みた。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た与謝野晶子

    与謝野晶子は、それまでと同様に『源氏物語』全体を2つにわけたが、光源氏の成功・栄達を描くことが中心の陽の性格を持った「桐壺」から「藤裏葉」までを前半とし、源氏やその子孫たちの苦悩を描くことが中心の陰の性格を持った「若菜」から「夢浮橋」までを後半とする二分法を提唱した。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た井沢元彦

    恨みをはらんで失脚していった源氏の怨霊を静めるためであるという『逆説の日本史』などで論じた井沢元彦の説源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た円地文子

    円地文子の現代語訳は、1967年(昭和42年)7月に着手され、玉上琢弥、犬養廉、清水好子、竹西寛子、阿部光子などの協力を得ながら1972年(昭和47年)から1973年(昭和48年)にかけ全10巻で新潮社から刊行され、1980年(昭和55年)に、新潮文庫に全5巻で再刊された(2008年(平成20年)に全6巻に改版)。さまざまな箇所に原文にはない全く創造的な加筆を行っており、特徴の一つとなっている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た瀬戸内寂聴

    瀬戸内寂聴の現代語訳は、1996年(平成8年)12月から1998年(平成10年)にかけ講談社から全10巻で刊行され、「新装版」が2001年(平成13年)9月から2002年(平成14年)6月にかけ、講談社文庫版が2007年(平成19年)1月から10月にかけ出版された。瀬戸内には、女性の視点から描いた翻案作品『女人源氏物語』が小学館全5巻で、1988年(昭和63年)から1989年にかけ出版され、後に集英社文庫に収録された。『わたしの源氏物語』(小学館、1989年(平成元年)7月、集英社文庫、1993年(平成5年)6月)、『歩く源氏物語』(講談社、1994年(平成6年)9月)、『源氏物語の脇役たち』(岩波書店、2000年(平成12年)3月)、『痛快!寂聴源氏塾』(集英社インターナショナル、2004年(平成16年)3月、のち軽装版『寂聴源氏塾』、2007年(平成19年)3月)など多くの関連著作がある。「源氏」関連の講演や行事等にも積極的に関わっている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た田辺聖子

    田辺聖子の現代語訳は、『新源氏物語』として1974年(昭和49年)11月から1978年(昭和53年)1月にかけて『週刊朝日』で連載された後、1978年(昭和53年)から1979年(昭和54年)にかけて全5巻で新潮社から刊行され、1984年(昭和59年)5月に新潮文庫に収録。当初書かれたのは「幻」巻部分までで、それ以降の部分は1985年(昭和60年)10月から1987年(昭和62年)7月まで『DAME』で連載されたが、同誌の休刊により「宿木」巻の途中までで中断し、残りの部分は書き下ろしで執筆されて1991年(平成2年)5月に新潮社から「新源氏物語 霧ふかき宇治の恋」として出版され、1993年(平成5年)11月に、新潮文庫に収録された。2004年(平成16年)に出版された『田辺聖子全集 全24巻』では、第7巻および第8巻の2巻がこれに当てられており、「霧ふかき宇治の恋」を含めた全体を「新源氏物語」としている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た講談社

    瀬戸内寂聴の現代語訳は、1996年(平成8年)12月から1998年(平成10年)にかけ講談社から全10巻で刊行され、「新装版」が2001年(平成13年)9月から2002年(平成14年)6月にかけ、講談社文庫版が2007年(平成19年)1月から10月にかけ出版された。瀬戸内には、女性の視点から描いた翻案作品『女人源氏物語』が小学館全5巻で、1988年(昭和63年)から1989年にかけ出版され、後に集英社文庫に収録された。『わたしの源氏物語』(小学館、1989年(平成元年)7月、集英社文庫、1993年(平成5年)6月)、『歩く源氏物語』(講談社、1994年(平成6年)9月)、『源氏物語の脇役たち』(岩波書店、2000年(平成12年)3月)、『痛快!寂聴源氏塾』(集英社インターナショナル、2004年(平成16年)3月、のち軽装版『寂聴源氏塾』、2007年(平成19年)3月)など多くの関連著作がある。「源氏」関連の講演や行事等にも積極的に関わっている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た紫式部

    『源氏物語』(げんじものがたり)は、平安時代中期に成立した日本の長編物語、小説。文献初出は1008年(寛弘五年)。作者の紫式部にとって生涯で唯一の物語作品である。主人公の光源氏を通して、恋愛、栄光と没落、政治的欲望と権力闘争など、平安時代の貴族社会を描いた。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た風間杜夫

    『紫式部 源氏物語』(1987年、日本ヘラルド映画、アニメ作品、監督:杉井ギサブロー、脚本 : 筒井ともみ、音楽:細野晴臣、キャラクター原案 : 林静一、作画監督、キャラクターデザイン : 名倉靖博声:光源氏 : 風間杜夫、夕顔 : 萩尾みどり、葵の上 : 田島令子、六条御息所 : 梶三和子、藤壺 : 大原麗子、紫の上 : 横山めぐみ、朧月夜 : 風吹ジュン、北山の僧都 : 常田富士夫、(C)朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た大原麗子

    『紫式部 源氏物語』(1987年、日本ヘラルド映画、アニメ作品、監督:杉井ギサブロー、脚本 : 筒井ともみ、音楽:細野晴臣、キャラクター原案 : 林静一、作画監督、キャラクターデザイン : 名倉靖博声:光源氏 : 風間杜夫、夕顔 : 萩尾みどり、葵の上 : 田島令子、六条御息所 : 梶三和子、藤壺 : 大原麗子、紫の上 : 横山めぐみ、朧月夜 : 風吹ジュン、北山の僧都 : 常田富士夫、(C)朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
597件中 1 - 10件表示

「源氏物語」のニューストピックワード