528件中 101 - 110件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た建礼門院右京大夫

    『山路の露(やまじのつゆ)』(鎌倉時代、作者不詳、一説には建礼門院右京大夫とも) -宇治十帖「夢浮橋」の後日譚。薫と浮舟の再会を書く源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た鈴木輝昭

    『源氏幻奏』(合唱組曲、鈴木輝昭作曲)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た末松謙澄

    外国語へ最初の翻訳は、おそらく末松謙澄による英訳であった。末松がイギリスのケンブリッジにいたときになされたもので1882年に出版された。抄訳であることに加えて、翻訳の質が悪いことから、当時においてもほとんど注目されなかった(後述のウェイリーは参照していたようである)。今日でも一部の研究者以外に省みられることはない。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た松本白鸚 (初代)

    『源氏物語 浮舟』(1957年、TBS東芝日曜劇場、全1回、脚本:北条秀司、主演:八代目松本幸四郎源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た小野篁

    一方、仏教が浸透していく中で、「色恋沙汰の絵空事を著し多くの人を惑わした紫式部は地獄に堕ちたに違いない」という考えが生まれ、「源氏供養」と称した紫式部の霊を救済する儀式がたびたび行われた。後に小野篁伝説と結びつけられた。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た源師房

    道長の息子藤原頼通の正室隆姫女王の弟であった源師房が、頼通・隆姫夫妻の猶子(『小右記』には「異姓の養子」と表記)になり、道長の娘藤原尊子の夫となることにより道長の婿ともなり、藤原摂関家と最も密接な関係を築き上げたことにより太政大臣にまでなり、源氏長者の地位に就き、唯一の公家源氏である村上源氏の祖となった。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た森一生

    『新源氏物語』(1961年、大映、監督:森一生、原作:川口松太郎、脚本:八尋不二、主演:市川雷蔵 寿美花代)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た三谷邦明

    といった前提が問い直されていることも多く、それぞれがそれぞれの関心に基づいて論じているという状況であり、『源氏物語』全体を一言で表すような主題を求める努力は続けられており、三谷邦明による反万世一系論や、鈴木日出男による源氏物語虚構論などのような一定の評価を受けた業績も現れてはいるものの、一方で、『源氏物語』には西洋の文学理論でいうところの「テーマ」は存在しないとする見解も存在するなど広く合意された結論が出たとはいえない状況である。『源氏物語』の、それぞれの部分についての研究がより精緻になるにしたがって、『源氏物語』全体に一貫した主題をみつけることは困難になり、「読者それぞれに主題と考えるものが存在することになる」という状況になる。1998年(平成10年)から1999年(平成11年)にかけて風間書房から出版された『源氏物語研究集成』では、全15巻のうち冒頭の2巻を「源氏物語の主題」にあて、計17編の論文を収録しているが、『源氏物語』全体の主題について直接論じたものはなく、すべて「桐壺巻の主題」・「「帚木」三帖の主題」・「須磨・明石巻の主題」・「玉鬘十帖の主題」・「藤壺物語主題論」・「紫上物語の主題」・「六条御息所物語の主題」・「若菜上・下巻の主題と方法」・「明石君物語の主題」・「御法・幻巻の主題」・「柏木物語の主題」・「夕霧物語の主題」・「大君物語」・「宇治十帖における薫の主題」・「浮舟物語の主題」・「宇治の物語の主題」といった形で特定の巻または「○○物語」といった形でまとまって扱われることの多い、関連を持った一群の巻々についての主題を論じたものばかりである。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た源光行

    大監物 源光行、親行の親子が校合したもの。彼ら2人とも河内守を経験したことがあることからこう呼ばれる。表題は『光源氏』となっているものも多い。主な写本として尾州家本、御物本、七毫源氏、天理河内本、大島河内本、平瀬本、鳳来寺本、中山本、吉川本などがある。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見たアーサー・ウェイリー

    続いて、ブルームズベリー・グループのアーサー・ウェイリーにより『源氏物語』は西洋世界に本格的に紹介された。1925年に「桐壺」から「葵」までを収めた第1巻が出版され、1933年に「宿木」から「夢浮橋」までを収めた第6巻が出て完結した。ウェイリーは語学の天才であるのみならず、文学的才能をも持ち合わせていた。ウェイリーが翻訳者であったという幸運もあって源氏物語は多くの読者を持つこととなり、当時の文学界の話題ともなった。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

528件中 101 - 110件表示

「源氏物語」のニューストピックワード