597件中 101 - 110件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た小山明子

    『源氏物語』(1965年 - 1966年、毎日放送、全26回、演出:市川崑、池田徹朗、西前充男、青木民男、脚本:田中澄江、林馬呂、畑中国明、沼田幸二、大藪郁子、宮川一郎、小松崎公朗、早坂暁、谷川俊太郎、監修:山本健吉、主演:伊丹十三(光源氏)、出演:小山明子(藤壺)、丘さとみ(葵の上)、富士真奈美(紫の上)、藤村志保(夕顔)、吉村実子(明石の方)、中村玉緒(空蝉)、岸田今日子(六条御息所)、加賀まりこ(女三宮)、山本学(頭中将)、河原崎長一郎(柏木)、田村正和(夕霧)) 〈1966年度 アメリカ・エミー賞受賞〉源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た京マチ子

    『源氏物語』(1966年 帝国劇場 光源氏:長谷川一夫、共演:京マチ子源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た山本富士子

    『源氏物語 浮舟』(1957年、大映、監督:衣笠貞之助、原作:北条秀司、脚色:八尋不二・衣笠貞之助、出演:長谷川一夫(薫)、市川雷蔵(匂宮)、山本富士子(浮舟))源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た平凡社

    『マンガ源氏物語』(1987年 - 1988年、上下巻、平凡社、みはしまり画、清水好子監修)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た明治書院

    『2時間でわかる源氏物語 新装版』 明治書院、2009年、ISBN 978-4-625-64401-6源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た中央公論社

    最初は『源氏物語湖月抄』本文を元に、1935年(昭和10年)9月より着手された。国文学者山田孝雄の校閲を受けながら進められ、1939年(昭和14年)から1941年(昭和16年)にかけ『潤一郎訳源氏物語』全26巻が、中央公論社で刊行された。これは、「旧訳」、「26巻本」などと呼ばれている。当時の社会情勢から、中宮の密通に関わる部分など皇室に関した部分は何箇所か削除されている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た湯浅譲二

    『葵の上』(ミュジーク・コンクレート、湯浅譲二作曲)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た島内景二

    ただし、度々喧伝されている「世界最古の長篇小説」という評価は、近年でも2008年(平成20年)の源氏物語千年紀委員会の「源氏物語千年紀事業の基本理念」でも、『源氏物語』を「世界最古の長編小説」と位置づけするなどしているが、王朝文学に詳しい作家中村真一郎による、(古代ラテン文学の)アプレイウスの『黄金のロバ』や、ペトロニウスの『サチュリコン』に続く「古代世界最後の(そして最高の)長篇小説」とする知見や、島内景二のように日本国内にも『竹取物語』や『うつほ物語』などがあるから最古とは認定出来ないという意見もあり、学者たちの間でも見解が異なる。20世紀に入り、英訳、仏訳などで欧米社会にも紹介され、『失われた時を求めて』など、20世紀文学との類似から高く評価されるようになった。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た藤原俊成

    平安末期には既に古典化しており、『六百番歌合』で藤原俊成をして「源氏見ざる歌詠みは遺恨の事なり」といわしめた源語は歌人や貴族のたしなみとなっており、室町時代の注釈書『花鳥余情』では「我が国の至宝は源氏の物語のすぎたるはなし」と位置づけられるまでになっている。このころには言語や文化の変化や流れに従い原典をそのまま読むことも困難になってきたため、原典に引歌や故事の考証や難語の解説を書き添える注釈書が生まれた。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た四辻善成

    『河海抄(かかいしょう)』(1360年代、全20巻、四辻善成) - 『源氏物語』の著作の由来、物語の時代の準拠、物語の名称、作者の伝や旧跡、物語と歌道の関係等について幅広く述べている。全体を通して、これ以前の考証に詳しく触れるとともに「今案」として自説も多く述べている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

597件中 101 - 110件表示

「源氏物語」のニューストピックワード