597件中 111 - 120件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た田中澄江

    『源氏物語』(1965年 - 1966年、毎日放送、全26回、演出:市川崑、池田徹朗、西前充男、青木民男、脚本:田中澄江、林馬呂、畑中国明、沼田幸二、大藪郁子、宮川一郎、小松崎公朗、早坂暁、谷川俊太郎、監修:山本健吉、主演:伊丹十三(光源氏)、出演:小山明子(藤壺)、丘さとみ(葵の上)、富士真奈美(紫の上)、藤村志保(夕顔)、吉村実子(明石の方)、中村玉緒(空蝉)、岸田今日子(六条御息所)、加賀まりこ(女三宮)、山本学(頭中将)、河原崎長一郎(柏木)、田村正和(夕霧)) 〈1966年度 アメリカ・エミー賞受賞〉源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た井出智香恵

    『源氏物語 美しき花の乱』(2001年 - 2002年、全2巻、蒼馬社、井出智香恵源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見たロイヤル・タイラー

    ウェイリー訳は、かなり自由な意訳を行っており、当時の文学界にあわせた華麗な文体を用いている。省略箇所も多く、多数の誤訳が指摘されてもいる。日本文学研究者のエドワード・サイデンステッカーの訳(1976年)はウェイリー訳の欠点を改善し、第二次世界大戦後の文学的傾向に合わせて、文章の装飾を落とし、原文に近づける努力がなされている。ロイヤル・タイラーの英訳(2001年)は、より一層この傾向を強め、豊富な注を入れ、学問的な精確さを持っている。他に重要な英訳は、抄訳版だがヘレン・クレイグ・マッカラによるもの(1994年)がある。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た佐佐木信綱

    とする説を発表したが、玉上琢弥が部分的に賛同した以外は大きな影響を与えることはなかった。この他に、「桐壺」巻を後からの書き加えであるとする説には、藤田徳太郎の説、「桐壺」巻のほか「帚木」巻も後から書き加えたとする佐佐木信綱の説がある。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見たドナルド・キーン

    2008年には、京都府・京都市などが中心となって、『源氏物語千年紀』の形で、11月を中心に各種イベントが開催され、今上天皇・皇后も臨席した。多数の講演・シンポジウムが催され、瀬戸内寂聴、佐野みどり、ドナルド・キーン、平川祐弘らが参加した。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た三条西実枝

    『山下水(やましたみず)』(1570年、三条西実枝源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た里村紹巴

    『紹巴抄(しょうはしょう)』{1565年、20巻20冊、里村紹巴源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た平川祐弘

    2008年には、京都府・京都市などが中心となって、『源氏物語千年紀』の形で、11月を中心に各種イベントが開催され、今上天皇・皇后も臨席した。多数の講演・シンポジウムが催され、瀬戸内寂聴、佐野みどり、ドナルド・キーン、平川祐弘らが参加した。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た一条冬良

    古注の一条兼良の『花鳥余情』に引用された『宇治大納言物語』には、『源氏物語』は紫式部の父である藤原為時が大筋を書き、娘の紫式部に細かいところを書かせたとする伝承が記録されている。『河海抄』には藤原行成が書いた『源氏物語』の写本に藤原道長が書き加えたとする伝承が記録されている。一条兼良の『花鳥余情』、一条冬良の『世諺問答』などには宇治十帖が紫式部の作ではなくその娘である大弐三位の作であるとする伝承が記録されている。これらの伝承に何らかの事実の反映を見る説も多いものの、池田亀鑑はこれらの親子で書き継いだとする説は、『漢書』について前半を班彪が書き、残りを子の班固が書き上げたという故事にちなんだもので、事実とは何の関係もないとの見解を示している。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た中村真一郎

    ただし、度々喧伝されている「世界最古の長篇小説」という評価は、近年でも2008年(平成20年)の源氏物語千年紀委員会の「源氏物語千年紀事業の基本理念」でも、『源氏物語』を「世界最古の長編小説」と位置づけするなどしているが、王朝文学に詳しい作家中村真一郎による、(古代ラテン文学の)アプレイウスの『黄金のロバ』や、ペトロニウスの『サチュリコン』に続く「古代世界最後の(そして最高の)長篇小説」とする知見や、島内景二のように日本国内にも『竹取物語』や『うつほ物語』などがあるから最古とは認定出来ないという意見もあり、学者たちの間でも見解が異なる。20世紀に入り、英訳、仏訳などで欧米社会にも紹介され、『失われた時を求めて』など、20世紀文学との類似から高く評価されるようになった。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

597件中 111 - 120件表示

「源氏物語」のニューストピックワード