597件中 21 - 30件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た唐十郎

    『映像詩 源氏物語 あさきゆめみし 〜Lived In A Dream〜』(2000年、NHKハイビジョン、脚本:唐十郎、音楽:三枝成章、監督:三枝健起、出演:宝塚歌劇団花組、専科、ほか)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た風吹ジュン

    『紫式部 源氏物語』(1987年、日本ヘラルド映画、アニメ作品、監督:杉井ギサブロー、脚本 : 筒井ともみ、音楽:細野晴臣、キャラクター原案 : 林静一、作画監督、キャラクターデザイン : 名倉靖博声:光源氏 : 風間杜夫、夕顔 : 萩尾みどり、葵の上 : 田島令子、六条御息所 : 梶三和子、藤壺 : 大原麗子、紫の上 : 横山めぐみ、朧月夜 : 風吹ジュン、北山の僧都 : 常田富士夫、(C)朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た田村正和

    『源氏物語』(1965年 - 1966年、毎日放送、全26回、演出:市川崑、池田徹朗、西前充男、青木民男、脚本:田中澄江、林馬呂、畑中国明、沼田幸二、大藪郁子、宮川一郎、小松崎公朗、早坂暁、谷川俊太郎、監修:山本健吉、主演:伊丹十三(光源氏)、出演:小山明子(藤壺)、丘さとみ(葵の上)、富士真奈美(紫の上)、藤村志保(夕顔)、吉村実子(明石の方)、中村玉緒(空蝉)、岸田今日子(六条御息所)、加賀まりこ(女三宮)、山本学(頭中将)、河原崎長一郎(柏木)、田村正和(夕霧)) 〈1966年度 アメリカ・エミー賞受賞〉源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た加賀まりこ

    『源氏物語』(1965年 - 1966年、毎日放送、全26回、演出:市川崑、池田徹朗、西前充男、青木民男、脚本:田中澄江、林馬呂、畑中国明、沼田幸二、大藪郁子、宮川一郎、小松崎公朗、早坂暁、谷川俊太郎、監修:山本健吉、主演:伊丹十三(光源氏)、出演:小山明子(藤壺)、丘さとみ(葵の上)、富士真奈美(紫の上)、藤村志保(夕顔)、吉村実子(明石の方)、中村玉緒(空蝉)、岸田今日子(六条御息所)、加賀まりこ(女三宮)、山本学(頭中将)、河原崎長一郎(柏木)、田村正和(夕霧)) 〈1966年度 アメリカ・エミー賞受賞〉源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た藤原道長

    下級貴族出身の紫式部は、20代後半で藤原宣孝と結婚し一女をもうけたが、結婚後3年ほどで夫と死別し、その現実を忘れるために物語を書き始めた。これが『源氏物語』の始まりである。最初は、当時紙が貴重で紙の提供者がいれば、その都度書き、仲間内で批評し合うなどして楽しんでいたが、その物語の評判から藤原道長が娘の中宮彰子の家庭教師として紫式部を呼んだ。それを機に宮中に上がった紫式部は宮仕えをしながら藤原道長の支援の下で物語を書き続け、54帖からなる『源氏物語』を完成させた。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た阿部秋生

    阿部秋生は、『伊勢物語』、『竹取物語』、『平中物語』、『うつほ物語』、『落窪物語』、『住吉物語』など当時存在した多くの物語の加筆状況を調べた上で、『そもそも、当時の「物語」はひとりの作者が作り上げたものがそのまま後世に伝えられるというのはむしろ例外であり、ほとんどの場合は別人の手が加わった形のものが伝えられており、何らかの形で別人の手が加わって後世に伝わっていくのが物語のとって当たり前の姿である』として、「源氏物語だけがそうでないとする根拠は存在しない」との見解を示した。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た源高明

    光源氏のモデルと言われる源高明自身が作者という説がある。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た丸谷才一

    に相当する部分が存在せず、位置的には「桐壺」と「帚木」の間にこれらの内容があってしかるべきであるとされる(現に、この脱落を補うための帖が後世の学者によって幾作か書かれている)。藤原定家の記した「奥入」にはこの位置に「輝く日の宮(かがやくひのみや)」という帖がかつてはあったとする説が紹介されており、池田亀鑑や丸谷才一のようにこの説を支持する人も多い。つまり、「輝く日の宮」については、源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た池田亀鑑

    『河海抄』などの古伝承には「源氏の物語」と呼ばれる物語が複数存在し、その中で最も優れているのが「光源氏の物語」であるとするものがある。しかし現在、「源氏物語」と呼ばれている物語以外の「源氏の物語」の存在を確認することはできないため、池田亀鑑などはこの伝承を「とりあげるに足りない奇怪な説」に過ぎないとして事実ではないとしているが、和辻哲郎は、「現在の源氏物語には読者に現在知られていない光源氏についての何らかの周知の物語が存在することを前提として初めて理解できる部分が存在する」として、「これはいきなり斥くべき説ではなかろうと思う」と述べている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た本居宣長

    これに対し、本居宣長は、『源氏物語玉の小櫛』 において、『源氏物語』を「外来の理論」である儒教や仏教に頼って解釈するべきではなく、『源氏物語』そのものから導き出されるべきであるとし、その成果として、「もののあはれ」論を主張した。この理論は源氏物語全体を一言でいい表すような「主題」として最も広く受け入れられることになった。その後、明治時代に入ってから藤岡作太郎による「源氏物語の本旨は夫人の評論にある」といった理論が現れた。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

597件中 21 - 30件表示

「源氏物語」のニューストピックワード