528件中 31 - 40件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た三木稔

    『源氏物語』(グランドオペラ、三木稔作曲)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た林真理子

    『六条御息所 源氏がたり』(2008年-、林真理子) -亡霊となった六条御息所の視点から書く源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た角田光代

    他にも、鈴木正彦による訳(1926年、第百書房)や上野榮子による訳(2008年(平成20年)、日本経済新聞出版社)などの他、2008年(平成20年)には「ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ」として9人の現代作家がそれぞれ源氏物語の翻訳に取り組むという企画が行われ、江國香織(夕顔)、角田光代(若紫)、町田康(末摘花)、金原ひとみ(葵)、島田雅彦(須磨)、桐野夏生(柏木)、小池昌代(浮舟)、日和聡子(蛍)、松浦理英子(帚木)らがそれぞれ源氏物語の新訳・超訳に挑戦するなど、新たな翻訳が生み出されつつある。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た黛敏郎

    『葵の上』(ミュジーク・コンクレート、黛敏郎作曲)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た阿部光子

    円地文子の現代語訳は、1967年(昭和42年)7月に着手され、玉上琢弥、犬養廉、清水好子、竹西寛子、阿部光子などの協力を得ながら1972年(昭和47年)から1973年(昭和48年)にかけ全10巻で新潮社から刊行され、1980年(昭和55年)に、新潮文庫に全5巻で再刊された(2008年(平成20年)に全6巻に改版)。さまざまな箇所に原文にはない全く創造的な加筆を行っており、特徴の一つとなっている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た赤塚不二夫

    『赤塚不二夫のまんが古典入門 源氏物語』(1983年、学研、赤塚不二夫源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た弦念丸呈

    参議院議員の弦念丸呈(ツルネン・マルテイ)が1980年にフィンランド語の翻訳(但し抄訳)を出版している。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た鎌倉時代

    鎌倉時代以前には、『源氏物語』は「雲隠」を含む37巻と「並び」18巻とに分けられており、並びの巻を含めない37巻という数え方が存在し、さらに、宇治十帖全体を一巻に数えて全体を28巻とする数え方をされることもあった。37巻とする数え方は仏体37尊になぞらえたもので、28巻とする数え方は法華経28品になぞらえたものであると考えられている。これらはいずれも数え方が異なるだけであって、その範囲が現在の『源氏物語』と異なるわけではない。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た長谷川一夫

    『源氏物語』(1951年、大映、監督:吉村公三郎、監修:谷崎潤一郎、脚本:新藤兼人、主演:長谷川一夫 木暮実千代)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た小学館

    1997年(平成9年)から1998年(平成10年)にかけて「新訳源氏物語」として小学館より全4巻で刊行された。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

528件中 31 - 40件表示

「源氏物語」のニューストピックワード