528件中 41 - 50件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た幻冬舎

    『大掴源氏物語 まろ、ん?』(2002年、幻冬舎、小泉吉宏)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た角川書店

    『源氏物語』(2010年-、『月刊Asuka』(角川書店)にて連載中、宮城とおこ画、?山由紀子原作)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た集英社

    『源君物語(みなもとくんものがたり)』(2011年-、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載中、稲葉みのり) -平成時代に設定を置き換えたラブコメディ作品源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た大修館書店

    15年がかりで翻訳を仕上げたとされる『現代京ことば訳 源氏物語』が1991年(平成3年)に大修館書店から全3巻で刊行され、2005年(平成17年)に全5巻の新装版として刊行された。KBS京都から北山たか子による朗読CDも発売されている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た東宝

    『源氏物語 千年の謎』(2011年12月予定、東宝、原作:高山由紀子、製作:角川歴彦・監督:鶴橋康夫、主演:生田斗真)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た讀賣テレビ放送

    『源氏物語』(1959年、よみうりテレビ、全61回)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た東映

    『千年の恋 ひかる源氏物語』(2001年、東映、監督:堀川とんこう、脚本:早坂暁、主演:天海祐希)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た新潮社

    円地文子の現代語訳は、1967年(昭和42年)7月に着手され、玉上琢弥、犬養廉、清水好子、竹西寛子、阿部光子などの協力を得ながら1972年(昭和47年)から1973年(昭和48年)にかけ全10巻で新潮社から刊行され、1980年(昭和55年)に、新潮文庫に全5巻で再刊された(2008年(平成20年)に全6巻に改版)。さまざまな箇所に原文にはない全く創造的な加筆を行っており、特徴の一つとなっている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た上野精養軒

    現在、通常流布しているのは晩年の1938年(昭和13年)10月から1939年(昭和14年)9月にかけて「新新訳源氏物語」(第一巻から第六巻まで)として金尾文淵堂から出版された3度目のものである。1939年(昭和14年)10月に完成祝賀会が上野精養軒にて開催されており、同人はこれを「決定版」としている。この翻訳は、当時、まだ学術的な校訂本がなかったことから、「流布本」であった『源氏物語湖月抄』の本文を元にしていたとされる。原文にはない主語を補ったり、作中人物の会話を簡潔な口語体にしたりするなど大胆な意訳と、敬語を中心とした大幅な省略で知られている。それに対して、歌の部分については歌人らしく、「和歌は源氏物語にとって欠かせない重要な要素である」として、いずれの翻訳も全く手を加えることなくそのまま収録しており、他の翻訳が行っているような和歌の部分を会話文に改めるといったことをしていない。また、新新訳では各帖の冒頭に自身の和歌を加えている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た光文社

    ライザ・ダルビー[Liza Dalby] 『紫式部物語―その恋と生涯 The Tale of Murasaki』 (岡田好惠訳、上下2巻、光文社、2000年/光文社文庫、2005年)-紫式部の娘から孫に伝えられた、紫式部が自らの生涯を記した日記という形で、『源氏物語』執筆の背景などを描く源氏物語 フレッシュアイペディアより)

528件中 41 - 50件表示

「源氏物語」のニューストピックワード