528件中 51 - 60件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た小泉吉宏

    明治以後多くの現代語訳の試みがなされ、与謝野晶子や谷崎潤一郎の訳本が何度か出版されたが、昭和初期から「皇室を著しく侮辱する内容がある」との理由で、光源氏と藤壺女御の逢瀬などを二次創作物に書き留めたり上演したりすることなどを政府から厳しく禁じられたこともあり、訳本の執筆にも少なからず制限がかけられていた。第二次世界大戦後はその制限もなくなり、円地文子、田辺聖子、瀬戸内寂聴などの訳本が出版されている。原典に忠実な翻訳以外に、橋本治の『窯変源氏物語』に見られる大胆な解釈を施した意訳小説や、大和和紀の漫画『あさきゆめみし』や小泉吉宏の漫画『まろ、ん』を代表とした漫画作品化などの試みもなされている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た大弐三位

    古注の一条兼良の『花鳥余情』に引用された『宇治大納言物語』には、『源氏物語』は紫式部の父である藤原為時が大筋を書き、娘の紫式部に細かいところを書かせたとする伝承が記録されている。『河海抄』には藤原行成が書いた『源氏物語』の写本に藤原道長が書き加えたとする伝承が記録されている。一条兼良の『花鳥余情』、一条冬良の『世諺問答』などには宇治十帖が紫式部の作ではなくその娘である大弐三位の作であるとする伝承が記録されている。これらの伝承に何らかの事実の反映を見る説も多いものの、池田亀鑑はこれらの親子で書き継いだとする説は、『漢書』について前半を班彪が書き、残りを子の班固が書き上げたという故事にちなんだもので、事実とは何の関係もないとの見解を示している。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た大和和紀

    明治以後多くの現代語訳の試みがなされ、与謝野晶子や谷崎潤一郎の訳本が何度か出版されたが、昭和初期から「皇室を著しく侮辱する内容がある」との理由で、光源氏と藤壺女御の逢瀬などを二次創作物に書き留めたり上演したりすることなどを政府から厳しく禁じられたこともあり、訳本の執筆にも少なからず制限がかけられていた。第二次世界大戦後はその制限もなくなり、円地文子、田辺聖子、瀬戸内寂聴などの訳本が出版されている。原典に忠実な翻訳以外に、橋本治の『窯変源氏物語』に見られる大胆な解釈を施した意訳小説や、大和和紀の漫画『あさきゆめみし』や小泉吉宏の漫画『まろ、ん』を代表とした漫画作品化などの試みもなされている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た藤原道長

    一条天皇中宮・藤原彰子(藤原道長の長女)に女房として仕えた紫式部が作者というのが通説である。物語中に「作者名」は書かれていないが、以下の文から作者は紫式部だろうと言われている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た室伏信助

    『源氏物語』新日本古典文学大系(全5巻)室伏信助他(岩波書店、1993年(平成5年)?1997年(平成9年))源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た水原央

    『うき身を醒めぬ夢になしても』(2006年 演出:成瀬芳一、脚本:水原央、光源氏は初風緑)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た秋山虔

    秋山虔・室伏信助編『源氏物語大辞典』角川学芸出版、2011年(平成23年)2月。 ISBN 978-4-0465-3220-6源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た橋本治

    橋本治の現代語訳は、『窯変 源氏物語』の題名で、1991年(平成3年)5月から1993年(平成5年)にかけ中央公論社全14巻で刊行され、後に、1995年(平成7年)11月から1996年(平成8年)10月にかけ中公文庫に収録された。橋本はこの作品を「紫式部の書いた『源氏物語』に想を得て、新たに書き上げた、原作に極力忠実であろうとする一つの創作、一つの個人的解釈である」としており、基本的に光源氏と薫からの視点で書かれており、大幅な意訳になっている部分もあることなどから、 単なる「現代語訳」ではなく「翻案作品」であるとみなすことも多い。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た藤原定家

    藤原定家が校合したもの。その表紙が青かったことからこう呼ばれる。定家の直筆『定家本』4帖を含む。一般的には最も紫式部の書いたものに近いとされている。主な写本として藤原定家自筆本、明融本、大島本、三条西家本、池田本、肖柏本、榊原家本、横山本、大正大学本、東久邇宮家旧蔵本、吉川本、國學院大學本、中院文庫本、早稲田大学本などがある。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た源親行

    大監物 源光行、親行の親子が校合したもの。彼ら2人とも河内守を経験したことがあることからこう呼ばれる。表題は『光源氏』となっているものも多い。主な写本として尾州家本、御物本、七毫源氏、天理河内本、大島河内本、平瀬本、鳳来寺本、中山本、吉川本などがある。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

528件中 51 - 60件表示

「源氏物語」のニューストピックワード