528件中 61 - 70件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た一条天皇

    一条天皇中宮・藤原彰子(藤原道長の長女)に女房として仕えた紫式部が作者というのが通説である。物語中に「作者名」は書かれていないが、以下の文から作者は紫式部だろうと言われている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た鈴木日出男

    といった前提が問い直されていることも多く、それぞれがそれぞれの関心に基づいて論じているという状況であり、『源氏物語』全体を一言で表すような主題を求める努力は続けられており、三谷邦明による反万世一系論や、鈴木日出男による源氏物語虚構論などのような一定の評価を受けた業績も現れてはいるものの、一方で、『源氏物語』には西洋の文学理論でいうところの「テーマ」は存在しないとする見解も存在するなど広く合意された結論が出たとはいえない状況である。『源氏物語』の、それぞれの部分についての研究がより精緻になるにしたがって、『源氏物語』全体に一貫した主題をみつけることは困難になり、「読者それぞれに主題と考えるものが存在することになる」という状況になる。1998年(平成10年)から1999年(平成11年)にかけて風間書房から出版された『源氏物語研究集成』では、全15巻のうち冒頭の2巻を「源氏物語の主題」にあて、計17編の論文を収録しているが、『源氏物語』全体の主題について直接論じたものはなく、すべて「桐壺巻の主題」・「「帚木」三帖の主題」・「須磨・明石巻の主題」・「玉鬘十帖の主題」・「藤壺物語主題論」・「紫上物語の主題」・「六条御息所物語の主題」・「若菜上・下巻の主題と方法」・「明石君物語の主題」・「御法・幻巻の主題」・「柏木物語の主題」・「夕霧物語の主題」・「大君物語」・「宇治十帖における薫の主題」・「浮舟物語の主題」・「宇治の物語の主題」といった形で特定の巻または「○○物語」といった形でまとまって扱われることの多い、関連を持った一群の巻々についての主題を論じたものばかりである。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た清水好子

    円地文子の現代語訳は、1967年(昭和42年)7月に着手され、玉上琢弥、犬養廉、清水好子、竹西寛子、阿部光子などの協力を得ながら1972年(昭和47年)から1973年(昭和48年)にかけ全10巻で新潮社から刊行され、1980年(昭和55年)に、新潮文庫に全5巻で再刊された(2008年(平成20年)に全6巻に改版)。さまざまな箇所に原文にはない全く創造的な加筆を行っており、特徴の一つとなっている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た玉上琢弥

    その後の何人かの学者はこのはこの2つの二分法をともに評価し、玉上琢弥は第一部を「桐壺」から「藤裏葉」までの前半部と、「若菜」から「幻」までの後半部にわけ、池田亀鑑は、この2つを組み合わせて『源氏物語』を「桐壺」から「藤裏葉」までの第一部、「若菜」から「幻」までの第二部、「匂兵部卿」から「夢浮橋」までの第三部の3つに分ける三部構成説を唱えた。三部構成説はその後広く受け入れられるようになった。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た三条西実隆

    『弄花抄(ろうかしょう)』(1504年、三条西実隆源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見たマルグリット・ユルスナール

    『源氏物語』は諸外国にも少なからず影響を与えている。マルグリット・ユルスナールは『源氏物語』の人間性の描写を高く評価し、短編の続編を書いた。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た一条兼良

    古注の一条兼良の『花鳥余情』に引用された『宇治大納言物語』には、『源氏物語』は紫式部の父である藤原為時が大筋を書き、娘の紫式部に細かいところを書かせたとする伝承が記録されている。『河海抄』には藤原行成が書いた『源氏物語』の写本に藤原道長が書き加えたとする伝承が記録されている。一条兼良の『花鳥余情』、一条冬良の『世諺問答』などには宇治十帖が紫式部の作ではなくその娘である大弐三位の作であるとする伝承が記録されている。これらの伝承に何らかの事実の反映を見る説も多いものの、池田亀鑑はこれらの親子で書き継いだとする説は、『漢書』について前半を班彪が書き、残りを子の班固が書き上げたという故事にちなんだもので、事実とは何の関係もないとの見解を示している。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た池田亀鑑

    『河海抄』などの古伝承には「源氏の物語」と呼ばれる物語が複数存在し、その中で最も優れているのが「光源氏の物語」であるとするものがある。しかし現在、「源氏物語」と呼ばれている物語以外の「源氏の物語」の存在を確認することはできないため、池田亀鑑などはこの伝承を「とりあげるに足りない奇怪な説」に過ぎないとして事実ではないとしているが、和辻哲郎は、「現在の源氏物語には読者が現在知られていない光源氏についての何らかの周知の物語が存在することを前提として初めて理解できる部分が存在する」として、「これはいきなり斥くべき説ではなかろうと思う」と述べている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た風巻景次郎

    風巻景次郎は、現在の『源氏物語』には存在しない「輝く日の宮の巻」と「桜人の巻」の存在を想定し、それによって武田説に存在した「並びの巻」と「玉鬘系」の「ずれ」を解消し、「並びの巻が玉鬘系そのものであり、後記挿入されたものである」とした。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た菅原孝標女

    『更級日記』での、作者の菅原孝標女が『源氏物語』の一部分だけを読む機会があって最初からすべてを読みたいと願ったという記述にみられるように、『源氏物語』のような大部の書物は常に全体がセットになって流通しているというわけではなかったとみられる。写本による流通が主であった時代には、大部の書物は全体の中から自分が残したい、あるいは人に読ませたいと考えた部分だけを書き写すといった形で流通することも少なくなかったと考えられる。このようないくつかの現象の結果として、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけてのころには多くの『源氏物語』の写本が存在しているものの、家々が持つ写本ごとにその内容が違っており、どれが元の形であったのか分からないという状況になっていた。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

528件中 61 - 70件表示

「源氏物語」のニューストピックワード