597件中 71 - 80件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た水原央

    『うき身を醒めぬ夢になしても』(2006年 演出:成瀬芳一、脚本:水原央、光源氏は初風緑)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た秋山虔

    秋山虔・室伏信助編『源氏物語大辞典』角川学芸出版、2011年(平成23年)2月。 ISBN 978-4-0465-3220-6源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た橋本治

    橋本治の現代語訳は、『窯変 源氏物語』の題名で、1991年(平成3年)5月から1993年(平成5年)にかけ中央公論社全14巻で刊行され、後に、1995年(平成7年)11月から1996年(平成8年)10月にかけ中公文庫に収録された。橋本はこの作品を「紫式部の書いた『源氏物語』に想を得て、新たに書き上げた、原作に極力忠実であろうとする一つの創作、一つの個人的解釈である」としており、基本的に光源氏と薫からの視点で書かれており、大幅な意訳になっている部分もあることなどから、 単なる「現代語訳」ではなく「翻案作品」であるとみなすことも多い。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た早坂暁

    『千年の恋 ひかる源氏物語』(2001年、東映、監督:堀川とんこう、脚本:早坂暁、主演:天海祐希)源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た藤原定家

    藤原定家が校合したもの。その表紙が青かったことからこう呼ばれる。定家の直筆『定家本』4帖を含む。一般的には最も紫式部の書いたものに近いとされている。主な写本として藤原定家自筆本、明融本、大島本、三条西家本、池田本、肖柏本、榊原家本、横山本、大正大学本、東久邇宮家旧蔵本、吉川本、國學院大學本、中院文庫本、早稲田大学本などがある。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た源親行

    大監物 源光行、親行の親子が校合したもの。彼ら2人とも河内守を経験したことがあることからこう呼ばれる。表題は『光源氏』となっているものも多い。主な写本として尾州家本、御物本、七毫源氏、天理河内本、大島河内本、平瀬本、鳳来寺本、中山本、吉川本などがある。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た一条天皇

    一条天皇中宮・藤原彰子(藤原道長の長女)に女房として仕えた紫式部が作者というのが通説である。物語中に「作者名」は書かれていないが、以下の文から作者は紫式部だろうと言われている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た鈴木日出男

    といった前提が問い直されていることも多く、それぞれがそれぞれの関心に基づいて論じているという状況であり、『源氏物語』全体を一言で表すような主題を求める努力は続けられており、三谷邦明による反万世一系論や、鈴木日出男による源氏物語虚構論などのような一定の評価を受けた業績も現れてはいるものの、一方で、『源氏物語』には西洋の文学理論でいうところの「テーマ」は存在しないとする見解も存在するなど広く合意された結論が出たとはいえない状況である。『源氏物語』の、それぞれの部分についての研究がより精緻になるにしたがって、『源氏物語』全体に一貫した主題をみつけることは困難になり、「読者それぞれに主題と考えるものが存在することになる」という状況になる。1998年(平成10年)から1999年(平成11年)にかけて風間書房から出版された『源氏物語研究集成』では、全15巻のうち冒頭の2巻を「源氏物語の主題」にあて、計17編の論文を収録しているが、『源氏物語』全体の主題について直接論じたものはなく、すべて「桐壺巻の主題」・「「帚木」三帖の主題」・「須磨・明石巻の主題」・「玉鬘十帖の主題」・「藤壺物語主題論」・「紫上物語の主題」・「六条御息所物語の主題」・「若菜上・下巻の主題と方法」・「明石君物語の主題」・「御法・幻巻の主題」・「柏木物語の主題」・「夕霧物語の主題」・「大君物語」・「宇治十帖における薫の主題」・「浮舟物語の主題」・「宇治の物語の主題」といった形で特定の巻または「○○物語」といった形でまとまって扱われることの多い、関連を持った一群の巻々についての主題を論じたものばかりである。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た清水好子

    円地文子の現代語訳は、1967年(昭和42年)7月に着手され、玉上琢弥、犬養廉、清水好子、竹西寛子、阿部光子などの協力を得ながら1972年(昭和47年)から1973年(昭和48年)にかけ全10巻で新潮社から刊行され、1980年(昭和55年)に、新潮文庫に全5巻で再刊された(2008年(平成20年)に全6巻に改版)。さまざまな箇所に原文にはない全く創造的な加筆を行っており、特徴の一つとなっている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た玉上琢弥

    その後の何人かの学者はこの2つの二分法をともに評価し、玉上琢弥は第一部を「桐壺」から「藤裏葉」までの前半部と、「若菜」から「幻」までの後半部にわけ、池田亀鑑は、この2つを組み合わせて『源氏物語』を「桐壺」から「藤裏葉」までの第一部、「若菜」から「幻」までの第二部、「匂兵部卿」から「夢浮橋」までの第三部の3つに分ける三部構成説を唱えた。三部構成説はその後広く受け入れられるようになった。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

597件中 71 - 80件表示

「源氏物語」のニューストピックワード