597件中 81 - 90件表示
  • 源氏物語

    源氏物語から見た三条西実隆

    『弄花抄(ろうかしょう)』(1504年、三条西実隆源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見たマルグリット・ユルスナール

    『源氏物語』は諸外国にも少なからず影響を与えている。マルグリット・ユルスナールは『源氏物語』の人間性の描写を高く評価し、短編の続編を書いた。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た一条兼良

    古注の一条兼良の『花鳥余情』に引用された『宇治大納言物語』には、『源氏物語』は紫式部の父である藤原為時が大筋を書き、娘の紫式部に細かいところを書かせたとする伝承が記録されている。『河海抄』には藤原行成が書いた『源氏物語』の写本に藤原道長が書き加えたとする伝承が記録されている。一条兼良の『花鳥余情』、一条冬良の『世諺問答』などには宇治十帖が紫式部の作ではなくその娘である大弐三位の作であるとする伝承が記録されている。これらの伝承に何らかの事実の反映を見る説も多いものの、池田亀鑑はこれらの親子で書き継いだとする説は、『漢書』について前半を班彪が書き、残りを子の班固が書き上げたという故事にちなんだもので、事実とは何の関係もないとの見解を示している。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た風巻景次郎

    風巻景次郎は、現在の『源氏物語』には存在しない「輝く日の宮の巻」と「桜人の巻」の存在を想定し、それによって武田説に存在した「並びの巻」と「玉鬘系」の「ずれ」を解消し、「並びの巻が玉鬘系そのものであり、後記挿入されたものである」とした。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た菅原孝標女

    『更級日記』での、作者の菅原孝標女が『源氏物語』の一部分だけを読む機会があって最初からすべてを読みたいと願ったという記述にみられるように、『源氏物語』のような大部の書物は常に全体がセットになって流通しているというわけではなかったとみられる。写本による流通が主であった時代には、大部の書物は全体の中から自分が残したい、あるいは人に読ませたいと考えた部分だけを書き写すといった形で流通することも少なくなかったと考えられる。このようないくつかの現象の結果として、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけてのころには多くの『源氏物語』の写本が存在しているものの、家々が持つ写本ごとにその内容が違っており、どれが元の形であったのか分からないという状況になっていた。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た和辻哲郎

    『河海抄』などの古伝承には「源氏の物語」と呼ばれる物語が複数存在し、その中で最も優れているのが「光源氏の物語」であるとするものがある。しかし現在、「源氏物語」と呼ばれている物語以外の「源氏の物語」の存在を確認することはできないため、池田亀鑑などはこの伝承を「とりあげるに足りない奇怪な説」に過ぎないとして事実ではないとしているが、和辻哲郎は、「現在の源氏物語には読者に現在知られていない光源氏についての何らかの周知の物語が存在することを前提として初めて理解できる部分が存在する」として、「これはいきなり斥くべき説ではなかろうと思う」と述べている。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た室町時代

    江戸時代に入ると、版本による源氏物語の刊行が始まり、裕福な庶民にまで『源氏物語』が広く普及することになった。江戸時代後期には、当時の中国文学の流行に逆らう形で、設定を室町時代に置き換えた通俗小説ともいうべき『偐紫田舎源氏』(柳亭種彦著)が書き起こされた。伝統的な図式の「源氏絵」は、様々な画派により挿絵入りの版本『絵入源氏物語』や浮世絵に描かれた。また、歌舞伎化され、世に一大ブームを起こしたが、天保の改革であえなく断絶した。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た河原崎長一郎

    『源氏物語』(1965年 - 1966年、毎日放送、全26回、演出:市川崑、池田徹朗、西前充男、青木民男、脚本:田中澄江、林馬呂、畑中国明、沼田幸二、大藪郁子、宮川一郎、小松崎公朗、早坂暁、谷川俊太郎、監修:山本健吉、主演:伊丹十三(光源氏)、出演:小山明子(藤壺)、丘さとみ(葵の上)、富士真奈美(紫の上)、藤村志保(夕顔)、吉村実子(明石の方)、中村玉緒(空蝉)、岸田今日子(六条御息所)、加賀まりこ(女三宮)、山本学(頭中将)、河原崎長一郎(柏木)、田村正和(夕霧)) 〈1966年度 アメリカ・エミー賞受賞〉源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た萩尾みどり

    『紫式部 源氏物語』(1987年、日本ヘラルド映画、アニメ作品、監督:杉井ギサブロー、脚本 : 筒井ともみ、音楽:細野晴臣、キャラクター原案 : 林静一、作画監督、キャラクターデザイン : 名倉靖博声:光源氏 : 風間杜夫、夕顔 : 萩尾みどり、葵の上 : 田島令子、六条御息所 : 梶三和子、藤壺 : 大原麗子、紫の上 : 横山めぐみ、朧月夜 : 風吹ジュン、北山の僧都 : 常田富士夫、(C)朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た横山めぐみ

    『紫式部 源氏物語』(1987年、日本ヘラルド映画、アニメ作品、監督:杉井ギサブロー、脚本 : 筒井ともみ、音楽:細野晴臣、キャラクター原案 : 林静一、作画監督、キャラクターデザイン : 名倉靖博声:光源氏 : 風間杜夫、夕顔 : 萩尾みどり、葵の上 : 田島令子、六条御息所 : 梶三和子、藤壺 : 大原麗子、紫の上 : 横山めぐみ、朧月夜 : 風吹ジュン、北山の僧都 : 常田富士夫、(C)朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA。源氏物語 フレッシュアイペディアより)

597件中 81 - 90件表示

「源氏物語」のニューストピックワード