滋賀のできごと ニュース&Wiki etc.

滋賀県(しがけん)は、琵琶湖を擁する、日本国・近畿地方北東部の内陸県である。県庁所在地は大津市。 (出典:Wikipedia)

「滋賀のできごと」Q&A

  • Q&A

    皆さん、滋賀県は好きですか? 私は大嫌いです。 理由は義実家があるから(笑) 普…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年7月13日 04:04

  • Q&A

    東方のオリキャラを作りました。イタイかもしれませんが、良ければ評価をお願いします。 …

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年2月25日 19:59

  • Q&A

    「いじめ防止基本方針」とは、何ですか? 10月11日、滋賀県 大津市で、いじめを受け…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年10月13日 13:25

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「滋賀県」のつながり調べ

  • 分部光寧

    分部光寧から見た滋賀県

    江戸で生まれる。幼名は武吉。文化7年(1810年)、父の死去により幼くして跡を継ぐ。近藤重蔵を罪人として預かったが、光寧は重蔵を丁重に扱ったと言われている。天保2年(1831年)3月10日、養嗣子の光貞に家督を譲って隠居し、楽斎と号した。安政5年(1858年)7月21日、大溝にて50歳で死去した。法号は正眼院殿真宗義諦大居士。墓所は滋賀県高島市大溝の円光寺。(分部光寧 フレッシュアイペディアより)

  • 寿司

    寿司から見た滋賀県

    なれずし(馴れ寿司、熟寿司)は魚に塩と飯を混ぜて長期間保存し乳酸菌の作用によって発酵させたもの。元々は魚だけを塩蔵して自然発酵させていたが、16世紀前後に発酵を促進させるために飯を加えるようになったという。元は長期間発酵させた後に半ば融解した飯を取り除き、酸味のついた魚の部分だけを食べる形態であったが、発酵が進んで酸味が付いてはいてもまだ飯粒が原型を留めた熟成途中のものを「なまなれ」または「なまなり」と呼んで、魚だけでなく周囲の飯も一緒に食べることもあった。滋賀県の鮒寿司がこの原型に一番近いものであり、他には和歌山県の鮎の熟寿司(鮎鮨)、秋田県のハタハタ寿司などがある。なれずしが変化したものが押し寿司である。(寿司 フレッシュアイペディアより)

「滋賀県」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

関連サイト

「滋賀のできごと」
地図情報

「滋賀のできごと」のニューストピックワード