6404件中 31 - 40件表示
  • サークルKサンクス

    サークルKサンクスから見た滋賀県滋賀県

    7月 - 守山市にびわ湖大橋店(現存せず)を開店し、滋賀県への出店開始。サークルKサンクス フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の市町村合併

    2006年の市町村合併から見た滋賀県滋賀県

    滋賀県東近江市+蒲生郡蒲生町+神崎郡能登川町=東近江市(編入)2006年の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年上半期の市町村合併

    2005年上半期の市町村合併から見た滋賀県滋賀県

    滋賀県高島郡マキノ町+今津町+朽木村+安曇川町+高島町+新旭町=高島市(新設/市制)2005年上半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 岩根順子

    岩根順子から見た滋賀県滋賀県

    岩根 順子(いわね じゅんこ、1948年 - )は、日本の実業家、社会運動家。サンライズ出版代表取締役社長、三方よし研究所創立者・副理事長。ブルーレーク賞受賞。岩根順子 フレッシュアイペディアより)

  • 安食

    安食から見た滋賀県滋賀県

    安食西 - 滋賀県犬上郡豊郷町(あんじきにし)安食 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田湖山

    黒田湖山から見た滋賀県滋賀県

    黒田 湖山(くろだ こざん、1878年(明治11年)5月25日 - 1926年(大正15年)2月18日)は、日本の小説家、記者。本名は直道。滋賀県甲賀郡水口町(現:甲賀市)生まれ。黒田湖山 フレッシュアイペディアより)

  • 能登川昭和映画劇場

    能登川昭和映画劇場から見た滋賀県滋賀県

    正確な時期は不明であるが、昭和初年の1930年代には滋賀県神崎郡八幡村(現在の同県東近江市能登川地区)の能登川駅前に多目的娯楽施設湖東館(ことうかん)として開館した。第二次世界大戦が本格的になると建物は工場化されたが、戦後、1947年(昭和22年)には有志の手により映画館として復興、能登川劇場(のとがわげきじょう)と改称する。1953年(昭和28年)9月、八日市市の協楽興業に経営権が移り、能登川昭和映画劇場と改称する。1968年(昭和43年)前後には映画の常設上映は終了しているが、閉館したのは1991年(平成3年)である。能登川の歴史上、最初で最後の映画館であった。略称は能登川昭映(のとがわしょうえい)、通称昭映(しょうえい)。イラストレーター・グラフィックデザイナーの黒田征太郎の回想に登場する映画館としても知られる。能登川昭和映画劇場 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムエナジージャパン

    リチウムエナジージャパンから見た滋賀県滋賀県

    株式会社リチウムエナジージャパン(英: Lithium Energy Japan)は、滋賀県栗東市に本社を置く、リチウムイオン二次電池の開発・製造・販売を行う株式会社。リチウムエナジージャパン フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た滋賀県滋賀県

    対話でつなごう滋賀の会(清水鉄次滋賀県議会議員が代表を務める)恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 草津グリーン劇場

    草津グリーン劇場から見た滋賀県滋賀県

    草津グリーン劇場(くさつグリーンげきじょう)は、かつて存在した日本の映画館である。1927年(昭和2年)に滋賀県栗太郡草津町(現在の同県草津市)に文榮座(ぶんえいざ、新漢字表記文栄座)として開館、第二次世界大戦後、1948年(昭和23年)8月、角正太郎に経営が変わり、1956年(昭和31年)に文栄映画劇場(ぶんえいえいがげきじょう)と改称、経営が舟木秀之に変わった。1959年(昭和34年)に草津東映劇場(くさつとうえいげきじょう)と改称、関西共栄興行に経営が変わり1967年(昭和42年)に草津東宝劇場(くさつとうほうげきじょう)と改称、1972年(昭和45年)前後には草津グリーン劇場と改称した。1993年(平成5年)、閉館した。草津グリーン劇場 フレッシュアイペディアより)

6404件中 31 - 40件表示

「滋賀のできごと」のニューストピックワード