487件中 91 - 100件表示
  • 滋賀県

    滋賀県から見た豊臣秀吉

    近江国を支配圏に入れた信長は、根拠地として近江盆地に安土城を築城する。信長の死後は畿内を地盤とする羽柴秀吉と、越前国北の庄を地盤とする柴田勝家の係争地となり、北部で行われた賤ヶ岳の戦いにおける秀吉の勝利で決着が着けられた。秀吉は初めての領地が長浜であった関係もあり、多数の近江国住民を主に事務方として登用した。石田三成もその1人である。また秀吉の甥豊臣秀次は八幡山城及びその城下町を築き、琵琶湖につながる運河八幡堀を整備し、商業を振興させた。滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た花登筺

    花登筺『ぼてじゃこ物語』滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た國松善次

    7代 國松善次 (1998年7月20日 - 2006年7月19日、2期)滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た源頼朝

    平安中期より佐々木氏が近江に起こった。佐々木氏は源頼朝が関東地方で勃興するとこれに積極的に加わり、近江一国の守護職を得た。以降、六角氏や京極氏に分かれながら、佐々木一族は戦国時代に至るまで近江国を支配した。南北朝期にはばさら大名で有名な佐々木道誉(高氏)が出て京極家の勢威を伸ばした。滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た松方正義

    明治維新により幕府領・旗本領に大津県が設置された後、廃藩置県によって各藩は各県に移行し、1871年11月22日、新たな大津県(滋賀郡・蒲生郡以南)と長浜県(高島郡・神崎郡以北)に統合された。翌1872年1月19日に大津県が滋賀県に、2月27日に長浜県が犬上県にそれぞれ改称され、9月28日に両県が合併し、近江国、並びに現在と領域を同じくする新たな滋賀県が成立した。その後、1876年8月21日から1881年2月7日までの4年半には、現在の福井県嶺南地方(敦賀市以西)を編入した。この間、滋賀県は若狭湾に面していたことになる。敦賀市以西を分離する際、地元では反対運動がおこり、時の滋賀県令、籠手田安定が1881年2月、反対文書(若狭・越前四郡離脱に対する建議書)を、太政大臣三条実美と内務卿松方正義宛に送った。滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た柴田勝家

    近江国を支配圏に入れた信長は、根拠地として近江盆地に安土城を築城する。信長の死後は畿内を地盤とする羽柴秀吉と、越前国北の庄を地盤とする柴田勝家の係争地となり、北部で行われた賤ヶ岳の戦いにおける秀吉の勝利で決着が着けられた。秀吉は初めての領地が長浜であった関係もあり、多数の近江国住民を主に事務方として登用した。石田三成もその1人である。また秀吉の甥豊臣秀次は八幡山城及びその城下町を築き、琵琶湖につながる運河八幡堀を整備し、商業を振興させた。滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た岳宏一郎

    岳宏一郎『群雲、賎ケ岳へ』滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た外村繁

    外村繁『草筏』『澪標』など滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た岩井三四二

    岩井三四二 『月ノ浦惣庄公事置書』滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た最澄

    近江出身の僧最澄は比叡山に延暦寺を開創した。延暦寺は数々の名僧を輩出し、現代に続く日本の仏教文化を大きく発展させた。滋賀県 フレッシュアイペディアより)

487件中 91 - 100件表示

「滋賀のできごと」のニューストピックワード