前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たマイキー・マーシャル

    開幕節はアウェイで京都ハンナリーズと対戦し、1勝1敗。10月10日の高松戦から大阪戦2連勝を含むホームゲーム5連勝したが、11月1日の高松戦での敗北を皮切りに28日の京都戦まで6連敗。11月29日の京都戦で連敗がとまると、前シーズン同様一進一退が続く。3月にbjリーグ優勝の経験があるマイキー・マーシャルが加入。4月を6勝2敗で乗り切り、4位をキープする。この間の活躍で城宝が月間MVPを受賞する。5月1日に5位大分との直接対決で勝利して、初のプレイオフ進出が確定する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たレイ・シェファー

    初年度より指揮を執ったピアスヘッドコーチとは契約を更新せず、石橋貴俊が新ヘッドコーチに就任。開幕節から一進一退が続いた後、11月にレイ・シェファーが再々入団した後の西地区首位の大阪戦で連勝して、一時は首位に立ったが、その後陥落して前半戦は西地区2位。後半戦に入りマーシャルが怪我で離脱し、下位の宮崎に連敗するなど5連敗を喫したところで石橋HCが解任され、根間洋一ACがHC代行となる。その後連敗は6で止め、レギュラーシーズン4位でプレイオフファーストラウンドに進出した。プレイオフホーム初開催となったファーストラウンドの京都戦は勝利したが、カンファレンスセミファイナル沖縄戦は敗れた。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た我孫子智美

    バスケット以外にも、陸上棒高跳びで2010年アジア大会銅メダルの我孫子智美を所属選手として擁している。またレーシングカヌー元日本代表の鈴木康大もかつての所属選手である(2008?2012年)。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たゲイリー・ハミルトン

    ドラフト会議1巡目で指名した板倉令奈の優先交渉権と、東京アパッチの持つ城宝匡史の仮保有権及び2010年ドラフト会議での1順目指名権をトレードし、城宝匡史を獲得する。トライアウトで堀川竜一を獲得する。小島佑太、小川伸也、町田洋介をプロテクト指名したが、町田はリンク栃木ブレックスに移籍する。藤原隆充と佐藤浩貴がFA権を取得したが、残留。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイク・ホール、ルーク・ゼラー、クリス・シュラッターを獲得する。アン・ソンスが退団し、外国籍のアジア人枠に該当する選手はゼロとなる。シーズン途中にレイ・シェファー、マイキー・マーシャルを獲得。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た伊戸重樹

    トライアウトで伊戸重樹を練習生として受け入れる。城宝匡史、小川伸也、藤原隆充、佐藤浩貴をプロテクト指名する。高松ファイブアローズからFA宣言していた岡田優を獲得。エクスパンションドラフトで小島佑太が宮崎シャイニングサンズに指名され、移籍。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイキー・マーシャルが残留。ラマー・ライス、マイク・ミュラーを獲得する。開幕後にミュラーの契約を解除し、レイ・シェファーを三度獲得する。シーズン中盤でジョシュ・ペッパーズを最終補強として獲得。その後東日本大震災により活動休止となった埼玉から、寺下太基が救済措置により移籍、これが最終補強となった。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たジョシュ・ペッパーズ

    トライアウトで伊戸重樹を練習生として受け入れる。城宝匡史、小川伸也、藤原隆充、佐藤浩貴をプロテクト指名する。高松ファイブアローズからFA宣言していた岡田優を獲得。エクスパンションドラフトで小島佑太が宮崎シャイニングサンズに指名され、移籍。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイキー・マーシャルが残留。ラマー・ライス、マイク・ミュラーを獲得する。開幕後にミュラーの契約を解除し、レイ・シェファーを三度獲得する。シーズン中盤でジョシュ・ペッパーズを最終補強として獲得。その後東日本大震災により活動休止となった埼玉から、寺下太基が救済措置により移籍、これが最終補強となった。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た城宝匡史

    ドラフト会議1巡目で指名した板倉令奈の優先交渉権と、東京アパッチの持つ城宝匡史の仮保有権及び2010年ドラフト会議での1順目指名権をトレードし、城宝匡史を獲得する。トライアウトで堀川竜一を獲得する。小島佑太、小川伸也、町田洋介をプロテクト指名したが、町田はリンク栃木ブレックスに移籍する。藤原隆充と佐藤浩貴がFA権を取得したが、残留。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイク・ホール、ルーク・ゼラー、クリス・シュラッターを獲得する。アン・ソンスが退団し、外国籍のアジア人枠に該当する選手はゼロとなる。シーズン途中にレイ・シェファー、マイキー・マーシャルを獲得。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た佐藤浩貴

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た石橋晴行

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た堀川竜一

    ドラフト会議1巡目で指名した板倉令奈の優先交渉権と、東京アパッチの持つ城宝匡史の仮保有権及び2010年ドラフト会議での1順目指名権をトレードし、城宝匡史を獲得する。トライアウトで堀川竜一を獲得する。小島佑太、小川伸也、町田洋介をプロテクト指名したが、町田はリンク栃木ブレックスに移籍する。藤原隆充と佐藤浩貴がFA権を取得したが、残留。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイク・ホール、ルーク・ゼラー、クリス・シュラッターを獲得する。アン・ソンスが退団し、外国籍のアジア人枠に該当する選手はゼロとなる。シーズン途中にレイ・シェファー、マイキー・マーシャルを獲得。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示