71件中 11 - 20件表示
  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たラマー・ライス

    トライアウトで伊戸重樹を練習生として受け入れる。城宝匡史、小川伸也、藤原隆充、佐藤浩貴をプロテクト指名する。高松ファイブアローズからFA宣言していた岡田優を獲得。エクスパンションドラフトで小島佑太が宮崎シャイニングサンズに指名され、移籍。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイキー・マーシャルが残留。ラマー・ライス、マイク・ミュラーを獲得する。開幕後にミュラーの契約を解除し、レイ・シェファーを三度獲得する。シーズン中盤でジョシュ・ペッパーズを最終補強として獲得。その後東日本大震災により活動休止となった埼玉から、寺下太基が救済措置により移籍、これが最終補強となった。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た長田悠幸

    マスコットキャラクターは漫画家の長田悠幸が応募した作品で、ビワコオオナマズがモチーフの「マグニー」である。背番号は2008年8月8日生まれで、最大マグニチュード88のエネルギーを持つことから88。試合会場に現れる他、滋賀県内の保育園、幼稚園を訪問したりもしている。なお東日本大震災のあった一時期には登場を自粛した。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た根間洋一

    初年度より指揮を執ったピアスヘッドコーチとは契約を更新せず、石橋貴俊が新ヘッドコーチに就任。開幕節から一進一退が続いた後、11月にレイ・シェファーが再々入団した後の西地区首位の大阪戦で連勝して、一時は首位に立ったが、その後陥落して前半戦は西地区2位。後半戦に入りマーシャルが怪我で離脱し、下位の宮崎に連敗するなど5連敗を喫したところで石橋HCが解任され、根間洋一ACがHC代行となる。その後連敗は6で止め、レギュラーシーズン4位でプレイオフファーストラウンドに進出した。プレイオフホーム初開催となったファーストラウンドの京都戦は勝利したが、カンファレンスセミファイナル沖縄戦は敗れた。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た仙石幸一

    アリーナDJはガンバ大阪と兼任している仙石幸一で、日程が重なった場合はガンバ大阪を優先する。この場合、西田育弘が担当する。チアダンスチームはレイクスチアリーダーズ。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た高松ファイブアローズ

     滋賀県立体育館で行われた開幕カードの大阪エヴェッサ戦、続く高松ファイブアローズ戦で全敗し、開幕4連敗を喫する。11月1日に九州共立大学で行われたライジング福岡戦で初勝利を挙げる。そこから一進一退が続き、福岡とプレイオフ圏内の4位を争うが、最後は最下位の大分ヒートデビルズ戦に負け越し、福岡との直接対決に連勝できず、最終節の琉球ゴールデンキングス戦の初戦を落とした段階で5位が確定する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たライアン・ローク

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た小島佑太

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た安成洙

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た町田洋介

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た岡田優 (バスケットボール)

    トライアウトで伊戸重樹を練習生として受け入れる。城宝匡史、小川伸也、藤原隆充、佐藤浩貴をプロテクト指名する。高松ファイブアローズからFA宣言していた岡田優を獲得。エクスパンションドラフトで小島佑太が宮崎シャイニングサンズに指名され、移籍。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイキー・マーシャルが残留。ラマー・ライス、マイク・ミュラーを獲得する。開幕後にミュラーの契約を解除し、レイ・シェファーを三度獲得する。シーズン中盤でジョシュ・ペッパーズを最終補強として獲得。その後東日本大震災により活動休止となった埼玉から、寺下太基が救済措置により移籍、これが最終補強となった。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「滋賀レイクスターズ」のニューストピックワード