71件中 21 - 30件表示
  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た波多野和也

    新人ドラフトで本多純平、宮城信吾、育成ドラフトで前シーズン練習生だった伊戸重樹を指名。埼玉ブロンコスで契約解除となった波多野和也を獲得。城宝匡史(富山)、堀川竜一(富山)、石橋晴行(京都)、佐藤浩貴(JBL)、マイキー・マーシャル、ゲイリー・ハミルトン(福岡)、ラマー・ライス(リンク栃木ブレックス{JBL}>TGI・Dライズ{JBL2})、レイ・シェファーが退団。石橋、佐藤、シェファーの退団により、チーム初年度から在籍するメンバーは、藤原、小川のみとなった。外国人はジョシュ・ペッパーズが残留、浜松からレイ・ニクソン、パナマ代表だったディオニシオ・ゴメス、新潟からジュリアス・アシュビーが加入する。1月にブライアント・マークソンが加入。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たロバート・ピアス

    2008年4月、チームロゴと日本代表アシスタントコーチも務めたロバート・ピアスの初代ヘッドコーチ就任及び、滋賀県立体育館等をホームアリーナとすることを発表する。5月18日、レイクスチアリーダーズのオーディションを開催。5月26日にドラフト会議で4人の選手と、他チームの選手を3人指名する。7月7日、選手の入団発表を行う。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たボビー・ナッシュ

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た左官磨育

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た藤原隆充

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たジュリアス・アシュビー

    新人ドラフトで本多純平、宮城信吾、育成ドラフトで前シーズン練習生だった伊戸重樹を指名。埼玉ブロンコスで契約解除となった波多野和也を獲得。城宝匡史(富山)、堀川竜一(富山)、石橋晴行(京都)、佐藤浩貴(JBL)、マイキー・マーシャル、ゲイリー・ハミルトン(福岡)、ラマー・ライス(リンク栃木ブレックス{JBL}>TGI・Dライズ{JBL2})、レイ・シェファーが退団。石橋、佐藤、シェファーの退団により、チーム初年度から在籍するメンバーは、藤原、小川のみとなった。外国人はジョシュ・ペッパーズが残留、浜松からレイ・ニクソン、パナマ代表だったディオニシオ・ゴメス、新潟からジュリアス・アシュビーが加入する。1月にブライアント・マークソンが加入。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た小川伸也

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た石橋貴俊

    初年度より指揮を執ったピアスヘッドコーチとは契約を更新せず、石橋貴俊が新ヘッドコーチに就任。開幕節から一進一退が続いた後、11月にレイ・シェファーが再々入団した後の西地区首位の大阪戦で連勝して、一時は首位に立ったが、その後陥落して前半戦は西地区2位。後半戦に入りマーシャルが怪我で離脱し、下位の宮崎に連敗するなど5連敗を喫したところで石橋HCが解任され、根間洋一ACがHC代行となる。その後連敗は6で止め、レギュラーシーズン4位でプレイオフファーストラウンドに進出した。プレイオフホーム初開催となったファーストラウンドの京都戦は勝利したが、カンファレンスセミファイナル沖縄戦は敗れた。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た西田育弘 (DJ)

    アリーナDJはガンバ大阪と兼任している仙石幸一で、日程が重なった場合はガンバ大阪を優先する。この場合、西田育弘が担当する。チアダンスチームはレイクスチアリーダーズ。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た鈴木康大

    バスケット以外にも、陸上棒高跳びで2010年アジア大会銅メダルの我孫子智美を所属選手として擁している。またレーシングカヌー元日本代表の鈴木康大もかつての所属選手である(2008?2012年)。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「滋賀レイクスターズ」のニューストピックワード