100件中 21 - 30件表示
  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ

    滋賀レイクスターズ(しがレイクスターズ、)は、B.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチームである。運営母体は株式会社滋賀レイクスターズ。滋賀県に本拠地を置いた初めてのプロスポーツチームであり、発足から2016年までは同県では唯一のプロスポーツチームであった。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た京都ハンナリーズ

    開幕節はアウェイで新規参入チームの京都ハンナリーズと対戦し、1勝1敗。10月10日の高松戦から大阪戦2連勝を含むホームゲーム5連勝したが、11月1日の高松戦での敗北を皮切りに28日の京都戦まで6連敗。11月29日の京都戦で連敗がとまると、前シーズン同様一進一退が続く。1月に前シーズン在籍していたレイ・シェファーと再契約に。3月に大阪在籍時にbjリーグ優勝の経験があるマイキー・マーシャルが加入。4月を6勝2敗で乗り切り、4位をキープする。この間の活躍で城宝が滋賀所属選手では初の月間MVPを受賞した。その後5月1日にプレイオフ争いのライバル・5位大分との直接対決で勝利し、ウエスタン4位で初のプレイオフ進出が決定した。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たアマチュアレスリング

    2015年より女子レスリング選手の新海真美が所属選手となる。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た仙石幸一

    ホームゲームでのアリーナDJは仙石幸一。ガンバ大阪と兼任しているため、日程が重なった場合はガンバ大阪を優先する。この場合、西田育弘が担当する。チアダンスチームはレイクスチアリーダーズ。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た横江豊

    プレイオフ・ファーストラウンドではウエスト6位の大阪と対戦し、第1戦を54-77で大敗。第2戦も終盤までリードを許していたが、横江豊が試合時間残り1秒で逆転のミドルシュートを決めて67-66で勝利。決定戦は33-16で圧勝し、2シーズンぶりのカンファレンスセミファイナル進出が決定。ウエスト2位の京都とのカンファレンスセミファイナルは第1戦87-82でセミファイナル初勝利をあげてファイナルズ初進出に王手をかけたが、翌日の第2戦と決定戦は73-97、15-25と完敗してシーズンを終えた。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たライアン・ローク

    5月26日に行われたbjリーグドラフト会議にて新規参入チームを対象としたエクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名。続いて新人ドラフト本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太の4名を指名した。7月7日、選手の入団発表を行った。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得。この他に練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約。大阪エヴェッサの石橋晴行をプレイングアシスタントコーチとして迎え入れた。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た板倉令奈

    ドラフト会議を前に小島佑太、小川伸也、町田洋介をプロテクト指名したが、町田はリンク栃木ブレックスに移籍した。藤原隆充と佐藤浩貴はFA権を取得したが残留。ドラフト会議では1巡目で板倉令奈を指名して優先交渉権を獲得したが入団には至らず、東京アパッチの持つ城宝匡史の仮保有権及び2010年ドラフト会議での1順目指名権をトレードし、城宝匡史を獲得した。チームトライアウトで堀川竜一を獲得。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイク・ホール、ルーク・ゼラー、クリス・シュラッターを獲得する。アン・ソンスが退団し、外国籍のアジア人枠に該当する選手はゼロとなる。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た仲摩純平

    ウェストオーバーHC、根間ACと2年契約を結ぶ。岡田優、波多野和也、ペッパーズ、アシュビーらが退団し、仲摩純平、井上裕介、寺下太基、ウェイン・アーノルドらが入団した。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た小島佑太

    5月26日に行われたbjリーグドラフト会議にて新規参入チームを対象としたエクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名。続いて新人ドラフト本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太の4名を指名した。7月7日、選手の入団発表を行った。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得。この他に練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約。大阪エヴェッサの石橋晴行をプレイングアシスタントコーチとして迎え入れた。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た岡田優

    ベッチャーは前シーズン限りで退団し、代わって遠山向人がヘッドコーチに就任。京都からFA宣言した岡田優を再獲得したほか、福岡からFA宣言の加納督大、自由獲得枠の小林遥太、ドラフト指名の鈴木友貴、前京都のクリス・ホルム、前浜松のレイ・ニクソン、元琉球のテレンス・ウッドベリー、前信州のジェフリー・パーマーを獲得。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

100件中 21 - 30件表示

「滋賀レイクスターズ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]