71件中 31 - 40件表示
  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たブレイデン・ビルビー

    エクスパンションドラフトで新潟アルビレックスBBの藤原隆充、大阪エヴェッサの佐藤浩貴、富山グラウジーズの小川伸也を指名する。ドラフト会議本指名1巡目で東芝ブレイブサンダースの町田洋介、2巡目で韓国人の安成洙、3巡目で日立サンロッカーズの小島佑太を指名する。外国人はブレイデン・ビルビー、ライアン・ローク、ボビー・ナッシュ、レイ・シェファーの4人を獲得する。練習生トライアウトで草津市出身の左官磨育と選手契約をする。大阪エヴェッサの石橋晴行がプレイングアシスタントコーチに就任する。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た寺下太基

    トライアウトで伊戸重樹を練習生として受け入れる。城宝匡史、小川伸也、藤原隆充、佐藤浩貴をプロテクト指名する。高松ファイブアローズからFA宣言していた岡田優を獲得。エクスパンションドラフトで小島佑太が宮崎シャイニングサンズに指名され、移籍。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイキー・マーシャルが残留。ラマー・ライス、マイク・ミュラーを獲得する。開幕後にミュラーの契約を解除し、レイ・シェファーを三度獲得する。シーズン中盤でジョシュ・ペッパーズを最終補強として獲得。その後東日本大震災により活動休止となった埼玉から、寺下太基が救済措置により移籍、これが最終補強となった。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た板倉令奈

    ドラフト会議1巡目で指名した板倉令奈の優先交渉権と、東京アパッチの持つ城宝匡史の仮保有権及び2010年ドラフト会議での1順目指名権をトレードし、城宝匡史を獲得する。トライアウトで堀川竜一を獲得する。小島佑太、小川伸也、町田洋介をプロテクト指名したが、町田はリンク栃木ブレックスに移籍する。藤原隆充と佐藤浩貴がFA権を取得したが、残留。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイク・ホール、ルーク・ゼラー、クリス・シュラッターを獲得する。アン・ソンスが退団し、外国籍のアジア人枠に該当する選手はゼロとなる。シーズン途中にレイ・シェファー、マイキー・マーシャルを獲得。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た宮城信吾

    新人ドラフトで本多純平、宮城信吾、育成ドラフトで前シーズン練習生だった伊戸重樹を指名。埼玉ブロンコスで契約解除となった波多野和也を獲得。城宝匡史(富山)、堀川竜一(富山)、石橋晴行(京都)、佐藤浩貴(JBL)、マイキー・マーシャル、ゲイリー・ハミルトン(福岡)、ラマー・ライス(リンク栃木ブレックス{JBL}>TGI・Dライズ{JBL2})、レイ・シェファーが退団。石橋、佐藤、シェファーの退団により、チーム初年度から在籍するメンバーは、藤原、小川のみとなった。外国人はジョシュ・ペッパーズが残留、浜松からレイ・ニクソン、パナマ代表だったディオニシオ・ゴメス、新潟からジュリアス・アシュビーが加入する。1月にブライアント・マークソンが加入。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た本多純平

    新人ドラフトで本多純平、宮城信吾、育成ドラフトで前シーズン練習生だった伊戸重樹を指名。埼玉ブロンコスで契約解除となった波多野和也を獲得。城宝匡史(富山)、堀川竜一(富山)、石橋晴行(京都)、佐藤浩貴(JBL)、マイキー・マーシャル、ゲイリー・ハミルトン(福岡)、ラマー・ライス(リンク栃木ブレックス{JBL}>TGI・Dライズ{JBL2})、レイ・シェファーが退団。石橋、佐藤、シェファーの退団により、チーム初年度から在籍するメンバーは、藤原、小川のみとなった。外国人はジョシュ・ペッパーズが残留、浜松からレイ・ニクソン、パナマ代表だったディオニシオ・ゴメス、新潟からジュリアス・アシュビーが加入する。1月にブライアント・マークソンが加入。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たハンマー投げ

    2012年8月にはろう者・ハンマー投げ選手の森本真敏、フィギュアスケート強化選手の安原綾菜が所属選手となる。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た日本プロバスケットボールリーグ

    滋賀レイクスターズ(しがレイクスターズ、SHIGA LAKESTARS)は、滋賀県をホームタウンとして2008年シーズンより日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)に所属するプロバスケットボールチームである。運営母体は株式会社滋賀レイクスターズ。滋賀県に本拠地を置いた初めてのプロスポーツチームであり、同県では唯一のプロスポーツチームである。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た東日本大震災

    トライアウトで伊戸重樹を練習生として受け入れる。城宝匡史、小川伸也、藤原隆充、佐藤浩貴をプロテクト指名する。高松ファイブアローズからFA宣言していた岡田優を獲得。エクスパンションドラフトで小島佑太が宮崎シャイニングサンズに指名され、移籍。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイキー・マーシャルが残留。ラマー・ライス、マイク・ミュラーを獲得する。開幕後にミュラーの契約を解除し、レイ・シェファーを三度獲得する。シーズン中盤でジョシュ・ペッパーズを最終補強として獲得。その後東日本大震災により活動休止となった埼玉から、寺下太基が救済措置により移籍、これが最終補強となった。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見た宮崎シャイニングサンズ

    トライアウトで伊戸重樹を練習生として受け入れる。城宝匡史、小川伸也、藤原隆充、佐藤浩貴をプロテクト指名する。高松ファイブアローズからFA宣言していた岡田優を獲得。エクスパンションドラフトで小島佑太が宮崎シャイニングサンズに指名され、移籍。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイキー・マーシャルが残留。ラマー・ライス、マイク・ミュラーを獲得する。開幕後にミュラーの契約を解除し、レイ・シェファーを三度獲得する。シーズン中盤でジョシュ・ペッパーズを最終補強として獲得。その後東日本大震災により活動休止となった埼玉から、寺下太基が救済措置により移籍、これが最終補強となった。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たドラフト会議

    2008年4月、チームロゴと日本代表アシスタントコーチも務めたロバート・ピアスの初代ヘッドコーチ就任及び、滋賀県立体育館等をホームアリーナとすることを発表する。5月18日、レイクスチアリーダーズのオーディションを開催。5月26日にドラフト会議で4人の選手と、他チームの選手を3人指名する。7月7日、選手の入団発表を行う。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「滋賀レイクスターズ」のニューストピックワード